不安定な心と太りやすい身体をつくる○不足

私の場合は肌荒れや、知覚過敏、甘いもの
がひたすら食べたくなる…といったこと
が起こります…

 

 

○○が良い!○○は悪い!と色んな情報が
錯乱する中で、誰ひとりとしておすすめす
る人はいない「寝不足」。頭では分かって
いても、ついつい睡眠のことをおろそかに
してしまう方も多いのではないでしょうか。

 

私自身も体調管理で気を付けていることは
色々ありますが、自分も一番大切にしたい
ことですし、まわりの人にももし不調があ
るなら、まずはよく寝てほしいと願います。

 

ヨガを練習しているのも、教えているのも
目的は様々ありますが、その中でも「質の
良い睡眠を得られるようにするため」とい
う部分は大きく、帰り際に生徒さんから
「今日はよく眠れそう」という言葉を聞け
たときは、ものすごく嬉しいです。

 

 

 

寝不足だと疲れやすくなったり、作業の効
率が落ちたり、注意が散漫になったり…
と様々な影響が出ますが、

「鬱や気持ちが不安定になりやすい」
「異常な食欲がコントロールできない」
「なんだか上手くいかないことが続いてし
まう」

といった心と身体のバランスにも大きく影
響します。

 

 

特に過食衝動の苦しみの元となる
“どうしようもなく湧き出てくる異常な食
欲” “いくら食べてもお腹いっぱいになら
ない満腹中枢の異常”、イライラすると冷
静に考えるよりも前に食がストレスのはけ
口となってしまう場合には、それ自体を無
理に我慢するよりも、まず睡眠を見直して
みるのがおすすめです。

 

これは意思や気持ちの問題ではなく、
睡眠不足によって満腹を脳に伝えるホルモ
ンの「レプチン」が減少し、食欲を刺激す
るホルモン「グレリン」の分泌が活性化さ
れてしまうため、

自律神経を整えて代謝を高めたり、精神の
バランスを保つ「セロトニン」(別名:幸
せホルモン)が十分に作れなくなってしま
うため。

 

どんなに強い意志で抑え込もうとしても、
気持ちに嘘をついて元気を装おうとして
も逆らえない身体のシステムなのです。

 

 

私自身、希死念慮や摂食障害に振り回され
ていた時はひどい不眠症でした。

睡眠薬も処方されましたが、段々と効かな
くなり、今では危険だとして販売中止とな
っている強い薬を飲んでいた時期もありま
す。

 

そんな経験をして睡眠の大切さを身に染み
て実感しつつも、どんなに眠れない日が続
いても、私は睡眠薬はおすすめできません。

 

しばらく飲んでいるとそれが当たり前にな
ってしまって気付けなかったのですが、薬
をやめた時、見える景色の違いや、身体の
軽さ、気持ちの変化にとても驚いたからで
す。

 

青空が綺麗に感じたことで、今まで知らず
知らずのうちにグレーがかった景色を見て
いたことに気付き、

身体が比べ物にならないくらい軽くなった
ことで、今まで無意識のうちに(体感とし
て)背中に10kgの重りを背負っていたこと
に気付き、

泣いたり笑ったりすることや、悲しい・楽
しいといった感情を感じられるようになっ
たことで、それまでは分からなかった感情
が自分のなかにあったことに気付きました。

 

薬を使ってどんなに眠れたとしても、心身
共に元気にならなかったのは無理もないよ
うに思います。

今思えば強制的に睡眠薬で眠っても、本来
得たいはずの「幸せな日常生活」からは、
むしろ遠ざかっていました。

思考力も低下し、幸せについて考える気も
起きなかったのです。

 

生き辛さのトンネルを抜けて

 

眠れないのは確かに辛いですが、眠ること
だけに意識をフォーカスして、
眠れない=× 眠れる=○
だけの基準になってしまうのも、私は少し
違うんじゃないかと考えています。

 

確かに私もそんな基準を持っていた時期が
あり、眠ろうとしても1、2日眠れない日
が続くだけでとても不安になって、眠れな
いことだけをひたすら気にしていました。

 

ですが、もし昨日から今日までの丸2日間
を振り返った時、ただ2日共きちんと眠っ
たかよりも、どんな充実した活動ができた
かに目を向ける方が大切だと思うのです。

 

本来の
「楽な生き方ができる様に」
「自分らしい穏やかで充実した毎日を送れ
るように」
「自分のやりたいことにエネルギーを注げ
るように」
なるために質の良い睡眠が不可欠なのであ
って、「ただ眠れること」が1番重要とは
思いません。

 

私も実は今週の初め、このHPの不具合を直
すのに寝ずに作業していましたが(笑)、
やはり睡眠も大事だけど、それ以上に自分
の活動の方が大切でした。

(エラーが起きている際に、HPにアクセス
してくださった皆様には、本当にご迷惑を
おかけし申し訳ありませんでした。
web素人なのでまたやらかすかもしれませ
んが、その時は笑って復旧まで温かく見守
っていただけますと幸いです…)

 

と…最後に寝不足をちゃっかり肯定してし
まいましたが、今回は例外で、寝ないのは
断じて良くありません!

疲れは後にガツンと来ますし、いつも以上
に糖分も欲したので、やはり睡眠は大事だ
と改めて実感しました。

 

 

また睡眠薬の利用をおすすめしないのは、
私の経験からのひとつの提案であって、正
解ではありません。

ただ今回書いた私が経験した副作用につい
ては、薬を使用する際にも特に説明もなけ
れば、自分自身もあまりに慣れてしまい、
その状態が当たり前のものとして何も違和
感を感じずにいたので、ひとつの事実とし
てそういったこともあることを知っていた
だければと思いました。

 

 

お伝えしたかったのは、トラブルを解消し
充実した日々を送るために「自然な方法
で」≪質の良い睡眠≫をとることが大切だ
ということ。

 

長くなってしまったので次回、私が睡眠薬
を飲まなくても眠れるようになった方法を
ご紹介いたします。