ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー前編

前回、苦手を克服する方法として、身体で
体感しながら自分の感じ方を変化させるこ
と、その際には、少しづつ小さな変化を積
み重ねて、脳や身体の抵抗、拒絶を起きに
くくすることが大切と書きました。

 

これはヨガの練習にも共通する部分があり
ます。

 

頭で理解を深めるのも大切ですが、一番は
自分の身体を動かしながら、体感を通して
身体に起こる変化に気付くこと、そして自
分の身体と相談しながら、少しづつ深めて
いくことで、現実が動き出します。

 

ヨガをする中で、どんなに方法ばかりを調
べても、実際に行ってみなくては変化は起
きないし、一気に無理をしてケガや疲労を
起こせば、余計に大変な思いをしなくては
いけません…。

(ただ痛みや不調は、決して悪いものでは
なく、最悪の事態になる前に、自らに今の
ペースややり方が合っていないことを教え
てくれる大事なサインです。経験するうち
に、自分にとってのベストを知るヒントに
もなります。)

 

他の分野でも、身体で試しながら、今出来
ることを少しづつ、それを人と比べて焦っ
たり落ち込んだりせずに、自身の変化にフ
ォーカスを当て、過程を楽しめると、気付
いた時にはもう、状況は進展しているはず
です。

 

 

では具体的な、ジェットコースターが苦手
だった私が、ナガシマスパーランドのス
チールドラゴン2000を楽しめる様になるま
での道のりについて。

 

 

まず行く前の準備として、身体で試す前に、
車載映像を見て、乗っている様子をイメー
ジトレーニングしておきました。

 

 

どうなるか分からないと、恐いイメージが
膨らんできてしまうので、「あれ、怖くな
さそう…。」と、乗ってみたくなる位ま
で見ました。
するとだんだん恐怖心が好奇心に変わって
きます。

 

ちなみにスチールドラゴンの映像はこちら

最初はドキドキしても、綺麗な海が魅力的
に思えてきました。(実際にものすごく絶
景です◎)

 

 

そして、ナガシマスパーランドに着いたら、
最初に≪観覧車≫に乗りました。

このスチールドラゴン、最後部の高さ・落
差が日本一で、観覧車よりも高い位置から、
一気に地上に落下します。

なので、最初に「高さ」に慣れることにし
ました。

 

 

挑戦したこの日、午前中が雨で、ほとんど
の乗り物が動いていなかったので、敷地内
はガラガラ、観覧車も貸切り状態です。

 

1周目…風が強くて揺れると、身体に変な
強張りが…。そしててっぺんに着くと、
思った以上に高く、それ以上に高いスチー
ルドラゴンが信じられませんでした…。

 

 

 

 

いきなり、雲行きが怪しくなります…。

 

 

 

 

でもここで諦める訳にはいかないと、待っ
ている人もいないので、もう1周乗ること
にしました。

 

なかなかの大きい観覧車にたった一人で
・・・そして2周連続。

 

 

スタッフのお姉さんにどんな風に思われて
いるかを考え出すと、もう2周目は高さに
対する恐怖心など忘れていました。

まさか、一人でジェットコースターの練習
に来ているとは思わないだろうな…。

 

体感的にも、同じ高さを2回味わって慣れ
た(飽きた)感じがしたので、高さへの順
応はクリアとして、次のステップに進みま
す。

 

 

今度はお腹がフワッと浮く感覚(エアタ
イム)に身体を慣らします。

(※あの独特な浮遊感はエアタイムと呼ぶ
そうで、落下によって身体にかかる重力が
低下し、身体はそのままでも内臓だけが浮
こうとして起きるようです。)

 

 

≪バイキング≫がこのエアタイムに慣れる
のに最適なようですが、いきなり身長制限
のあるアトラクションに挑戦するのは勇気
がいったので、≪エンジョイ&ファンタ
ジー~気軽に楽しめるアトラクション~≫
の、メルヘンチックで女の子に人気だとい
う空中ブランコ≪ウェーブスウィンガー≫
に乗ってみることにしました。

 

ここでも誰もいない中でただ一人、カボチ
ャを被って暇そうにしていたスタッフのお
兄さんに、「楽しい空の旅へいってらっし
ゃ~い♪」と送り出されてスタートしまし
た。

 

 

 

楽しいはず、なのに…

 

動き出した..瞬間、

 

 

 

 

 

気持ち悪くて 号泣 …。

 

 

 

 

 

涙を拭こうにも、怖くて手が離せず・・・

そして 放心状態へ…

 

 

 

 

しばらく何もしない(できない)まま回っ
ていると…

力が抜けたのが良かったのか、急に身体が
楽になり、景色を楽しむ余裕が出てきまし
た。

 

 

 

 

もしかしたら、身体の力を抜いたほうが楽
になる・・・?

 

 

 

 

リストラティブヨガやヨガニードラでやる
ように、身体を意識的に緩めていくと、ど
んどん呼吸も快適に、遠心力と上手く調和
している感覚がつかめてきます。

 

この瞬間、峠を越えた実感がありました。
(ドラゴンまで、まだ思いっきり序盤)

 

なんだか本当に楽しい気分になってきたの
で、にこにこ笑ってみると、更に楽しくな
り「今、エアタイムを楽しんでいる・・・!」
と喜びをかみしめて、存分にファンタジー
をエンジョイ。

そして意外と長時間のフライトだったので、
涙はすっかり風で乾いていました。

 

 

ヨガでも不要な力を抜くことで、意外とあ
っさり苦手意識を持っていたポーズが出来
てしまうこともあります。

 

今回も苦手と構えていたことで、身体に余
計な負担をかけ、そのサインとして不快感
となって表れていたことが、体感してみて
良く分かりました。

 

この調子で行けば、バイキングも大丈夫と
確信し、大きな自己変革を起こした空の旅
が無事に終了、最後は笑顔で戻ってきたの
で、泣いたことはバレていないと信じて
います。

 

 

後編に続く

ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー後編