ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー後編

ナガシマスパーランドのバイキングは、キ
ッズタウンのバイキング(身長110cm以
上)とジャンボバイキング(身長120cm以
上)の2種類があります。

前編の続きです)

 

そしてこの日は午前中の大雨の影響で、キ
ッズが運航停止、ジャンボバイキングのみ
運転していました。

 

身長が10cm違うだけで、倍以上の大きさ・・・。

下から見る大きさに若干たじろぎつつ、空
中ブランコでつけた自信を胸に、いざ乗り
込みます。

 

今度は向かい端に、中学生の女の子3人が
一緒にスタンバイ。

待っている間は不思議な空気が漂っていま
したが、一緒に頑張れる人(?)がいると、
気が和みます。

 

 

 

 

そして、動き出すと

早速 あのエアタイム…!

 

 

 

 

 

ブランコの時と同じように、無駄な抵抗は
やめ、とにかく力を抜いていきます。

 

 

 

すると…

あっさりと 楽しい…!

 

 

 

 

あんなに苦手だったはずのエアタイムが、
もう体感として嫌なものではなくなり、恐
怖心が消えていました。

 

ここまで来れば、もう大丈夫。

 

腑に落ちてジェットコースターもイケると
いう確信が湧いてきます。

 

 

 

多分、ここでまだエアタイムに対する不安
が残っていたら、恐怖心が消えるまで、何
度か乗って慣らした方が良いと感じました。

 

言葉で伝えるのは難しいのですが、頭でき
っと大丈夫と思うのと、身体で、お腹の底
から大丈夫と実感できるかは、とても大き
な差です。

 

自転車が乗れるようになる前と、後との違
いの様に、身体で一度覚えてしまえば、そ
の後は頭であれこれ考えなくても、自然に
身体がついていきます。

 

今回はジェットコースターですが、その他
のことでも、身体の抵抗を感じず自然にで
きる様になるまで、少しづつ体験を通して
無意識に教えてあげれば、もう苦手だと身
体は構える必要が無くなるのです。

 

 

 

 

同じ原理で、もう高さもエアタイムも克服
し、恐がる理由が無くなってしまった私は、
何の抵抗も無くわくわくした気持ちで、ま
ずはナガシマスパーランド、3大ジェット
コースターホワイトサイクロンへ。

(観覧車から見たホワイトサイクロン)

 

 

 

ジェットコースターがこんなに楽しい乗り
物だったとは・・・!!

 

 

 

 

実はこういったアトラクションに乗る時、
今まで怖くて目をつぶってしまうことが多
かったのですが、なんてもったいないこと
をしていたんだろうと感じました。

 

気付けば晴れて、夕日が綺麗だったことも
あり、感動する眺めのなか、颯爽と駆け抜
けるのがとにかく気持ち良かったです。

 

今までキャーキャー楽しそうに乗っている
人の気持ちが理解できませんでしたが、今
回初めて、絶叫系好きの方の気持ちが理解
出来ました。

 

 

 

初の大型ジェットコースターに乗ってみて
感じたことは、

・とにかく身体の力を抜いたほうが楽
(人によっては踏ん張った方が良いという
方もいるので、これは人それぞれのよう)

・声を出したり、笑ったりした方が楽しい
(自然と呼吸も出来ます)

・せっかくの絶景は楽しまないと損
(目をつぶると、酔いやすくなり恐怖心も
増すそうです。普通に乗るだけじゃ物足り
ず、あえて目を閉じて楽しむ強者もいると
か)

 

 

そしてこの日、3大ジェットコースターの
うちのアクロバットが運休だったので、い
よいよ一番のお目当てだったスチールドラ
ゴンへ。

 

 

 

 

これは、本当に

練習しに来て良かったです…!

 

 

 

 

目の前には夕日と伊勢湾の絶景で、この落
下の爽快感は、体感しないと分からない期
待以上のものでした。

 

横浜から夜行バスで乗り継ぎ、雨で午前中
は待機もしましたが、自主練に来て心の底
から良かったと思っています。

 

最後に記念にもらった、
スチールドラゴン乗車中の写真。

重力とフラッシュで顔が凄いことになって
いますが、我ながら3時間前に空中ブラン
コで号泣していたとは思えない、楽しそう
な笑顔(笑)

 

 

こんな私でも順を追えば出来たのだから、
絶叫マシンはきっと誰でも克服できるもの
だと思います。

 

 

 

 

なかなか、あれも出来ない、これも出来な
いと、出来ないことばかりに目を向けてし
まうと、どうせ自分には無理…。と後ろ
向きに考えてしまうことも多いのではない
でしょうか。

 

実際に私も、他の人には出来ても、自分に
は出来ないという頑固な思い込みがあり、
苦手を克服したり、問題を解決する力が自
分には無いと信じこんでいました。

 

物心ついた時から感じていた生き辛さや、
その後に苦しむことになった摂食障害も、
自分は治らないと、自分自身の変わる力を
信用できなかったのです。

 

でもそこで、無意識や潜在意識、その向き
合い方を教えてくれる治療家の先生に出会
ってから、本当に小さなことから行動を変
え、現実を変えることで「自分にもできる
かもしれない」と自分への信頼を取り戻し
ながら、最終的に克服することが出来まし
た。

 

そしてそこで積み重ねた成功体験が、外か
らの評価ではない、自分自身を認める、本
当の意味での自信になっています。

 

自信には本来、他人からの評価は必要あり
ません。自らを信頼することができるかど
うかです。

 

 

かく言う私も、今でもまだまだ克服したい
苦手なこと、自信が持てない分野は沢山あ
りますが、今回のように一つ成功体験があ
れば、次もやればできるはず!と、自分を
信頼することができます。

 

 

ジェットコースターでも、一見ふざけてい
るように思えることでも、何でもいいと思
います。

 

ひとつ何かを楽しみながら克服する体験を
すると、恐怖や苦手に対する感じ方が変わ
るはずです。