第一回が終了いたしました。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうござ

いました!

6月2日 世界摂食障害の日
ーWorld ED Action Dayー

 

2016年6月2日、

摂食障害の啓発と支援活動を世界中で同時に行う

「世界摂食障害の日ーWorld ED Action Dayー」

が日本で初めて開催されました。

 

 

 

 

 

 

今回そのアクションとして、

ninaAsana*Rachel(ラヘール)で、

「身体の声を聴く」をテーマに、

キネシオロジー、ヨガ、セルフマッサージ、

ヨガニードラを取り入れたワークショップ

を東京、代々木上原の「LARUNA」にて開

催しました。

 

 

 

摂食障害を経験された方も、されたことがな

い方も、ヨガをしたことがある方も、ヨガや

マッサージをするのが初めての方も、それぞ

れがそれぞれの感覚を頼りに、身体の声を聴

き、いたわる時間になりました。

 

 

 

今回のプログラム
ヨガ・マッサージで今の自分を感じてみる
自分で自分を癒してみる
ランチ(LARUNAさん特製、酵素玄米付)

 

日時
6月2日(木)
11:00~15:00

 

 

会場
「LARUNA」ラルーナ
渋谷区上原2-31-3 2F

ホリスティックスペース

   http://laruna.org/

共催
ninaAsana*Rachel

 

 

 

まずキネシオロジーで、潜在意識の視点から

身体の反応が変わることを体験。身体に意識

を向けるウォーミングアップをしていきます。

その後ヨガで、自分の左右差であったり、普

段負担をかけてしまっている部分や凝りがあ

る部分など、同じものは1つと無い自分の身

体だけに集中し、全身のつながりを感じなが

らほぐしていきます。

だんだんと緊張もほぐれて来たら、セルフマ

ッサージでゆったりと自分と向き合い、癒し

ていきます。

今回はRachel(ラヘール)オリジナルの、

リラックス効果と消化器系を整える効果のあ

るオイルをブレンドしたものを使用。仰向け

になり、働き者の内臓一つ一つを丁寧にいた

わりながら、お腹をオイルマッサージしてい

きます。

手を止めたら、そのまま楽な格好でヨガニー

ドラ。絶えず外からの情報にさらされる目に

アイマスクを乗せ、しばらく外側からの映像

をシャットアウト。

身体の中で起こる変化を見つめたり、内側の

声に耳を傾けていきます。

 

 

 

 

前半2時間でたっぷり、各々のペースで

ご自身を癒し、表情も優しく柔らかく

なったところで、ランチタイム!

 

 

 

 

 

メニューは

LARUNA特製 酵素玄米 

Ka・Ku・Ra 香食楽 の薬膳カレー  

Far East Bazaar のナッツ

 

*ご協力いただいたお店*

◆LARUNA

 http://laruna.org/

◆Ka・Ku・Ra(香食楽)

 http://www.ka-ku-ra.com

◆Far East Bazaar

 http://fareastinc.co.jp/

 

 

身体に優しく、自然の恵みで食事からも、

身体を元気に整えていきます。

美味しい!と笑顔でご飯が食べられるのは

本当に幸せなこと。

一人でも多くの方がそう思えるように、

これからも活動していきます。

今までどんな時も一生懸命に頑張ってきた

自分の身体に感謝しながら、笑いあり、

ちょっぴり涙ありで第一回目は終了しました。

ご参加くださった皆さま、ご協力くださっ

た皆さま、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

ご参加いただいた方からのご感想 

(一部抜粋)

◆オイルを使用してお腹を自分でマッサージ

する時間が、自分の体の中を労っているよう

で、とても良かったです。

 

◇自分の体と向き合うことにより心が安定

し、自分を大切にするという意味に気づきました。

◆摂食障害患者はとくに自分の外見や自尊心の欠如に悩まされがちですが、

奇跡的にも機能しているただ一つのこの身体を、本当の意味で愛せたと思います。

 

◇自分の身体に感謝の気持ちを抱きました。

こればかりは人に言われても、実際に体験しないと感じることが出来ないものかと思います。

 

◆デリケートな話題でもある為、少人数で話しやすい空気はとても貴重だと感じました。

 

◇摂食障害とヨガやセルフマッサージを組み合わせたワークショップは、

素晴らしいアイディアで、また是非開催して頂きたいと思います。

 

◆お二人の柔らかなお人柄のおかげで、昨日の内容に初めて触れた連れも、彼なりのひと時を過ごせたようです。

お知らせには「お友達やご家族にお悩みの方がいて〜」と記載がございましたが、悩む方とその親しい方が一緒に

参加することで、悩みを理解する大きな手助けになると思います。

 連れへは摂食障害について大して話したことはなかったのですが、初めて同じ経験をした方々と交わって

心底満たされた様子の私に、思うところいろいろあったようです。

 摂食障害については理解しにくい部分がございますから、一緒に参加というのは患者の心の平穏、

周囲の理解という意味で素晴らしいことだと思います。

(パートナーさんとご一緒に参加された方より)

 

 

 

 

今回、快く場所を提供してくださった

LARUNA さん

 

新月伐採のこだわりの木のぬくもりや、澄ん

だ空気に癒されるとても心地よい空間です。

 

 

 

 

LARUNAについて

1Fカフェ&オープンキッチン併設

2Fホリスティック・レンタルフリースペース

 

 “LARUNA”は

「カラダのなかから、いのちを満たす。」

月齢伐採(新月伐採)した国産天然木の無垢材を敷き詰め

た心地よいホリスティック・フリースペースです。

また、月の動きに合わせて長岡式酵素玄米を提供しています。

気づいてみませんか、
かわってみませんか、
なにかを探しに来てみませんか...

そんな空間として、自由に活用して頂けたら

うれしいとLARUNAは考えています。

 

 

 

HPはコチラ http://laruna.org/

 

オーナーの理佳子さんの優しさがつまった

酵素玄米は、栄養価もアップしていて、

モチモチでとても美味しいです!

食に対してのお悩みの方(拒食、過食など)

弱りやすい胃と脾臓の経絡のエネルギー

整えるのに、玄米ご飯は最適です。

熟成させることで、消化に負担がかかりにく

なっているので、お疲れ気味の胃腸も

優しく癒してくれます♪

 

 

 

 

 

 

Rachel(ラヘール)

今回、パートナーさんと一緒にご参加下さっ

た方がいらっしゃいました。周りに理解者が

いることの心強さ、摂食障害であることで心

が孤独にならないようにすることの重要さを

改めて痛感しました。

スレンダーであることが称賛されて、小学生

までもがダイエットをするような現代社会において、摂食障害で苦しむ方は増えています。

私も、そのひとりでした。

 

ご飯を美味しいって言って食べられることは、本当に幸せなことです。

少しでもひとりで苦しむ人が減って、ごはんもりもり食べられる人が増えることを願っています。

 

 

 

nina

私も摂食障害を経験し、当時は誰にも言え

ず、今のような日常生活が送れるなんて想

像していなかったです。

今回「初めて経験した方に出会えて嬉しかっ

た」とお話してくださった方がいました。

偏見があり、孤立しがちな病ですが、

そうならないために、安心してつながれる場所、本当に正直になれる場所を作ることが大切だ

と実感しています。身体をほぐしていくにつれ、心が開いて、表情豊かにご自身のお気持ちを

打ち明けてくださる姿が印象的でした。

1人では無力ですが、頼もしい共催者のRachel(ラヘール)や、会場と酵素玄米を提供してくださったLarunaさん、

ランチでお世話になった香食楽さん、FarEastBazaarさん、お知らせをしてくださった皆さま、

それを見て参加してくださった方々のおかげで優しい空間が出来ました。

ありがとうございました。