今この瞬間に問題は起きていない【ヨガニードラ】で気付く“本当の”苦しみのもと

 

先日金曜日は、毎月恒例の
キャンドル・ヨガニードラ開催日でした。

 

空気も乾燥してきたので、蜜蝋キャンドルを焚くと
一気にお部屋の空気が柔らかくなるのを感じます。

 

喘息や風邪、アレルギーや秋の花粉症など。。。
粘膜の炎症が気になる方に、蜜蝋キャンドルはかな
りおすすめです◎

 

 

今日はヨガニードラにも大きく関わる
『意識』について。

 

ヨガニードラは一回体験するだけでも、その場で
深いリラックス状態を得られますが、

繰り返し行うことで、より質の高い日常生活が
送れるようになっていきます。

 

なぜ生活の質が良くなるのかというと、

自分のエネルギーを100%、“今この瞬間”に

向けられるようになっていくからです。

 

 

ヨガニードラでは、身体のある部分や呼吸、イメー
ジなど、様々な「今、自分が感じること」に意識を
向けていきます。

 

今までのことや、これからのこと、他の人のことな
どを一切持ち込まず、

今の自分の内側で起きていることに、100%意識を
集中させていく練習です。

 

 

人は何か行動しようとした時、現時点にエネルギー
が不足していると思うように行動できません。

 

例えば、鬱で本を読めないという方は、

本を読むこと自体ができないという訳ではなく、
できるけれど、その“エネルギーが現時点に無い”

という状態です。

 

 

では、エネルギーはどこに行ってしまっているのか…

多くは過去の出来事か、未来への不安や、他の人の
ところに向かって、消耗してしまっています。

 

 

慢性的に悩んだり、苦しんでいる方のエネルギーは

過去への後悔や未来への不安、周囲のプレッシャー
やとらわれている何かなど…

「今」の目の前の瞬間以外の、他の何かで消耗され
ていて、今この瞬間には残らず、枯渇してしまって
いることが多いんです。

 

 

「あの時、なんであんなことを
してしまったんだろう…」

 

「なんであんな目に合わなきゃ
いけなかったんだろう…」

 

無意識でも、自覚があっても、
過去の出来事を引きずっていると、エネルギーは
慢性的にそこに使われてしまい、「今」目の前の
ことに使える分が減ってしまいます。

また、過去のことを考えている時間は、今に意識を
向けることも出来ません。

 

 

「この先、やっていけるのだろうか…」

 

「失敗しそうで怖い…」

 

過去と同様に、未来にエネルギーを使ってしまう
パターンもあります。

 

また

 

「あの人がうらやましい…」

 

「もしかして、あの人の機嫌が悪そうなのは、
私が何か、気を悪くすることをしてしまったせいだろうか…」

 

「こんなことをしたら、変に思われるかな…」

 

他の人のことを気にしたり、まわりの全てを自分の
問題のように考えて、そこにエネルギーを使ってし
まうこともあります。

 

(そういった他人のエネルギーが欲しくて、あえて
気を遣わせたり、気を引こうとする方も中にはいる
ので要注意です。※俗にいうエネルギーバンパイア)

 

 

こうしてみてみると、
“悩んだり、苦しんだりする問題”は、

現実世界の ≪今この瞬間には起きていない≫

ことが分かります。

 

実は、過去や未来、不確かな他の人の気持ちなど…
「今この瞬間」以外のことに囚われてしまっている
ことが、苦しみを生んでいるんです。

 

 

実際、何か目の前に本当に問題が起きた時、
人はとてもパワフルです。

 

「火事場の馬鹿力」と言ったりしますが、事故や
ケガなどアクシデントが起きた時には無我夢中で、
悩んでなんかいられません。

 

 

※ちなみに。。。

過食嘔吐などは、この“悩んでいられない状態”
陥るための、衝動に突き動かされている状態とも
言えます。。

 

実際、その行為自体はものすごくパワフルで、その
瞬間は何も考えられず、過ぎ去ってから我に返った
ように、後悔や悩む気持ちが出てきます。

 

この時、『意識』が暴走し、今の自分から離れてし
まう状態なので、ヨガニードラなどの“今この瞬間”
に意識を向ける練習は、衝動にふっ飛ばされなくな
る為にも役立つスキルです。

 

また、意識を向けながら“今の身体やストレスの状
態”“本当に求めていること”に気付けるようになって
くると、無意識に無理な抑圧もしなくなり、過度な
コントロールの反動で起きていた、“衝動自体”が
治まっていきます。

 

 

 

今後のために振り返ったり、先の目標を考える時は
有益ですが、

今現在、本来は何も問題が起きていないところで、
不必要に過去や未来に気を取られ苦しんだり、疲れ
てしまうのは、すごくもったいないですよね。。

 

 

悩むことで、目の前のことに躊躇してしまったり、
何も手を付けられなかったり…

もしくはじっとしていられず、本当は必要ないこと
でも、とにかく何かをして埋めなければ不安な方は

(今の現実を直視するのに漠然と恐怖心がある方)

今の目の前の瞬間に意識を向けられるようになると、
スムーズに本心が“本当にエネルギーを注ぎたいこと”
へ、集中できるようになっていきます。

 

 

今、本当に求めているものが分かり、
ズレた代償行為を繰り返して、いつまでも満たされ
ないことを終わらせることも、

意識の切替えが上手くなることで、不本意なエネル
ギーの無駄遣いをやめることも可能です。

 

 

私もまだまだ練習中ですが、激しかった過去に比べ
ると、何かに悩んでも「今」の冷静でニュートラル
な状態に戻ってくるスピードが格段に早くなり、
すごく生きるのが楽になりました。

 

(今思うと、以前は目の前に起きることを楽しむ余
裕なんて全くなく…ひたすら抑圧⇔制御不能 がジェ
ットコースターのように入れ替わっていました..笑)

 

 

ヨガニードラ以外にも、瞑想、呼吸法、ヨガ(動き
ながら、身体に意識を集中する)、料理(素材やつ
くることに集中する、五感を使って味わう)など、

マインドフルネス(※)に、“今にいること”
練習する方法はたくさんあります。

 

 

(※)『マインドフルネス』とは

今現在、目の前に起きている体験に意識を向けるこ
と。またはその過程。

“今この瞬間に起きている純粋な体験”に重きを置
いているため、それに対してジャッジや評価をせず
に、とらわれのない状態でただみること、観察する
ことを大切にする考え方です。

 

 

最初は少しずつでも「今」の質が変わっていくと、
その「今」が蓄積した“未来”には、大きなプラス
の変化を実感できるはずです◎

 

 

 

yoganidra-stress-management

ヨガニードラについて

ヨガニードラのスケジュール

 

 

関連

リラクゼーションはご褒美ではない!?-リラックスの本当の意味-

自分をこの世に存在しなかったことにする方法

デッサンとヨガはよく似ている【ものの見方と執着・解決のヒント】

悪夢の心理や夢を見る理由―夢の世界を描こうとしたダリとシュールレアリスム

【エネルギーは有限】『エッセンシャル思考』に役立つヨガニードラ