栄養も睡眠も…モノは足りているのに満たされない訳

連日、新型コロナウィルスの影響で街中の様子も
大きく変わってきましたね。

 

なかなか安心できない状況が続いていますが、そう
いった無意識下で慢性的に緊張した状態を続けてい
ると、知らず知らずのうちに心身には疲労が蓄積さ
れてしまいます。。

 

本来ならば、こういった時こそヨガなどの適度な運
動で心身の緊張を和らげ免疫力を高めたり、ピリピ
リした心にも余裕を生み出す芸術分野に触れたい所
ですが、感染リスクから多くの方が集まる場へ出向
くのも難しい現状。。。

 

私が所属しているスタジオもあいにく休業中ですが
長い緊迫した環境の中で疲れを起こさないように、

ぜひご自宅で意識的にリラックスする時間や身体を
動かしてほぐす時間、一時的にでも無心になり、精
神的な圧迫から解放される時間を持って、体調には
くれぐれもご留意ください。

 

 

 

※花粉症でツラい方は、こちらの記事もご参考に

→ 花粉症の緩和に効くヨガとオイル

 

前回の記事で、十分な栄養や睡眠の他に“太陽光”
なども不足すると心身に影響を与えることを書きま
したが(→ ※前記事 ウィンターブルーの対処法

人が心身共に健やかな状態で生きられるためには、
物や数値では管理、補うことのできない必要不可欠
なものが数々あります。

 

なかでも行動や思考パターンに大きな影響を与える
のが『心』の要素です。

 

 

先日も新型肺炎の影響で、クルーズ船内での停泊を
余儀なくされた方が大勢いらっしゃいましたが、
“ウイルス感染以前に、狭い部屋の中で1日過ごす
生活を続けること自体が大きな健康リスクになる”
と見解を示していた専門医の方もいました。

 

ただならぬ雰囲気の中で、日々不自由な生活を強い
られるのは、外から見ている身からは計り知れない
ストレスだったと思いますが、

そういった生活を続ければ、健康な方でも気が滅入
り、うつ状態になってもおかしくはないと理解でき
ます。

eatingdisorder

 

状況も全く違い、私の場合は完全自業自得でしたが
…今回の報道を見て、

窓のない病院の隔離部屋で、鍵のかかった重い扉の
中、何もない部屋にひとつ置かれたベッドにベルト
で固定されていた頃を、ふと思い出しました。

 

当時、“生命の維持”においては、点滴で生きる必要
最低限の栄養は保障され、薬で深い眠りも得られ、
生命を脅かす可能性のあるものとは一切関わりを断
たれて身の安全を確保されていました。

 

にも関わらず、日に日に

こんな風に生きていて何になるんだろう。。。と

生きるどころか生きる気力が失われていくばかり…

 

 

当時は外からの情報や刺激は一切シャットアウトさ
れていたので、部屋の外との接点は様子を見に来る
看護師さんのみでしたが

頑張りましょうね!
つらいかもしれないけど、生きていればきっと良い
ことありますからねー。

と言われても、

偽の笑顔を返すのが精一杯で、

内心「こんな状態で、そんな風に思える人なんて
いるんだろうか…。」

と索然とした思いでいっぱいでした。

 

 

実際、隣で何度か騒動が起きていたので、
((そうもなりますよね・・・。))と共感しながら、

((最近夜に泣き叫んでいた女の人かな…、それ
ともガタガタ暴れていた男の人…?))と

ぼんやりとドアの覗き窓から、生きることに耐えき
れなくなった誰かが、慌ただしく運び出されていく
様子を見ていたのを覚えています。

 

 

こんな時に、ややダークな思い出を書いてしまいま
したが。。。そんな体験から

いくら健康な身体があって、まわりからどんなに前
向きな言葉をかけられたとしても、当事者の心の状
態次第で、それらも全く意味をなさなくなってしま
うこともある、ということを学びました。

 

正しい事実や、優しい思いやりの愛ある言葉も
本人が受け取れる状態でなければ、全く響かない…

 

まさにいくら“大丈夫”と根拠を示して説明されても
「でも…不安だから…」と強い囚われから、心持ち
が変わることはなく、買い占めをやめられない方と
同じように

当時の“死にたくて仕方がない気持ち”に支配されて
いた私には、どんな正論も都合良く歪めてしまい、
真実を受け入れることができなかったんです。

 

 

例えそこまで極端じゃなかったとしても、健康な体
や物質的なものに満たされているのに、

見えない脳や腸の働きに関わる神経伝達物質やホル
モン、その分泌に大きな影響を与える感情や思考な
ど…“精神的なもの”で満たされない部分があると

 

手っ取り早く満足を得られる“物欲を満たすこと”や
サプリメント依存、栄養機能食品でバランスが整っ
た気になってみたり、強迫行動でどうにか安心を得
ようとする、食べることで満たされない思いを埋め
ようとする、など…

程度の問題はあれど、そんな代替行為に置き換えて
不安やストレスを解消しようとした経験は、多かれ
少なかれ誰にでもあるのではないでしょうか。

 

(最近はなかなか手放しに安心することもできない
状況なので、つい他の手段で不安を埋めようとして
しまう傾向にあるのも理解できます。)

 

yoganidra-depression-mentallyill-inteviam

 

たまの気晴らしに、買い物でのストレス発散や憂さ
晴らしにやけ食い、テスト前ほどしたくなる鬼掃除
などをして(?)

「あぁースッキリした!けど、現実逃避してしまっ
た..(笑)気持ちを切り替えてまた頑張ろう..!」

とすぐに前向きになれたり、その手段自体が生きが
いや、生きる目的である分には問題ないのですが、

 

根本的な心の問題が解決させていないことに気付か
ずに、ひたすら執着し、同じ行動を繰り返してしま
ったり、、、

問題をすり替えてその代替行為自体に罪悪感を持ち
行ってしまったことを過剰に責め、新たなストレス
や問題を生みだしてしまう、、、

それらによって次第に前に踏み出せなくなることや
依存症などに苦しむことになっては、負のループか
らなかなか抜け出せなくなってしまいます。。

 

 

ちなみに私は、根本の“生きづらさ”の問題を、
徐々に摂食障害にすりかえることで、しばらくの間

自分一人ではどうすることもできない人間関係や思
い通りにいかない現実に対し、拒食や運動強迫で
身体を思い通りに支配して、コントロール欲求を満
たしたつもりになったり、

いつまでも満たされない空虚な気持ちを埋めるよう
に過食したり、

言葉にできない、吐き出せない気持ちを嘔吐に置き
換えて、スッキリと外に出したように錯覚したりし
ていました。。

 

それらの代替行為に没頭している瞬間は、
“生きづらさ”から解放され、死ななくても苦しみか
ら逃れることができていたんですよね。。

と、はたまた昔の暗い話に…(笑)

 

 

私も決して清く正しい人間でもなんでもないのです
が、そんな手に負えなかった頑なな過去よりは、
かけてもらった言葉の真意を冷静に判断してみよう
と、だいぶ柔軟に変わった実感はあります。

 

それも結局は自分なりの解釈で、確証はないけれど
そうやってできるだけ自分の固定観念から離れて、
色んな考えに思いを馳せてみるようになってからの
方が、結果的に問題の解決につながり、生きるのが
楽になりました。

 

別に共感は出来なくても、

「きっと○○という考えで、この人はこういう風に
言っているんだろうな」とか「○○を良しとして、
○○してるんだろうな。。」と

誰かの言葉や行動を、善悪は別にして客観的に想像
してみると、

相手の言動に感情的に反応して振り回されなくなっ
たり、それまで分からなかった感情や思考回路を知
ることができ、見えていなかった自身の問題の解決
のヒントに気付けたりもします。

 

 

なので、本でも会話でも、作品でも。。。
他の人の考えに触れられる機会、環境は、
楽に生きられるようになるために必要不可欠だと
感じるのです。

 

こういった視点も、かつてのように一人で壁を眺め
ていては恐らく永遠に知ることはなかったと思います。。

 

結果的に『一人で過ごす』時間に対する価値も大き
く変わりましたが、それもまずは社会や世界との繋
がりを経て、精神的に土台が安定し“満たされてい
る”という実感を体験するまでは、なかなかそういっ
た別角度からの側面に目を向ける、心の余裕もあり
ませんでした。

 

長くなってしまったので、状況に左右されない心の
平穏や精神的な不足感について、次回に分けて
もう少し詳しく書いてみます。

 

 

 

 

関連記事:

 

※未知なものには“分からない”からこそ恐怖心が
生まれやすいですが…

恐れや不安は、自分の内側で作り出している幻想
だと理解しておくと、それ以上に大きくはならず
心が落ち着き、過剰な不安やデマに惑わされずに
済むかもしれません。。

(最低限の危機感と慎重さも大切ですが)

【恐れ・恐怖の正体】心を惑わす”怖いもの”とは

 

リラクゼーションはご褒美ではない!?-リラックスの本当の意味-

どんなことでも、いつかは必ず終わる

デッサンとヨガはよく似ている【ものの見方と執着・解決のヒント】

 

 

※この時期、ジムやスタジオじゃないと運動のモチ
ベーションが上がらない…、インストラクターと対
話しながらヨガやトレーニング指導を受けたい場合
は、オンラインレッスンという手も

→ オンラインヨガスタジオ(無料トライアル)について