自分をこの世に存在しなかったことにする方法

精神病棟を舞台にした映画『17歳のカルテ』(’99)

その中で主人公のスザンナ(ウィノナ ライダー)
は多量のアスピリンとウォッカを飲んだ理由をこう
話します。

 

死にたかったんじゃない、
“消そうとした”の。

 

「死ぬ」のではなく『消えたい』
『生まれなかったことにしたい』

何か分からない漠然とした不安や違和感…
自分という存在を無かったことにしたい…

そんな気持ちを抱いたことがある方には、なんとな
く共感できる部分もあるかもしれません。

 

 

※映画の原作はノンフィクションの自伝。
パーソナリティ障害を熱演したアンジェリーナ
ジョリーはアカデミー助演女優賞を受賞しました。

 

私は子どもの頃、写真や作品、文章など、この世に
自分が生きた証拠を残すのがとても嫌でした。

 

写真を撮られるのも大嫌いで、小学校ではやむなく
廊下に貼り出された自分の写真を黒く塗りつぶして
怒られたり(笑)

描くことや物をつくるのは好きでも、それを形とし
て残して置くのに耐えられず、すぐにゴミ箱へ。

 

“自分がこの世に存在した”
その証拠を残すことを、避けたかったのです。

 

 

そんな人、いたっけ…?

 

何も生きた痕跡を残さなければ、明日空気のように
ふっと消えてなくなれるんじゃないか、
そんな幻想を抱いていました。

なので(?)部屋の引出しの中の、存在の痕跡を
一気に捨ててみた日もあります。

 

 

綿矢りささんが17歳の時に書いた小説『インストー
ル』(’01)にも、主人公が部屋の中のものを全て
捨てて、空っぽにするシーンがあります。

 

初めて読んだ時には「同じようなことを考える人も
いたんだ!」となんだか不思議な嬉しさがあったの
ですが、映画化もされたことから、意外と似たよう
なことを思ったり、したことがある方も結構多いの
かもしれません。

(自分の存在だったり、過去だったり、、
捨てたいものは人それぞれですが)



そんな風にこの存在を無かったことにできないかと
若い頃は色々あがいてみたのですが、、
結局、綺麗さっぱり消える事はできませんでした。

 

ですが現に生きている今、別に物理的に抹消しなく
ても、もっと健全に自分の存在を消し去り、楽にな
れる手段を持つことができています。

 

wallart_painted by nina inteviam

 

先月もサロンの一角に、絵を描かせて頂きましたが
(壁画)今となってはこの世に何かを残すことは
分身に意識をそらして、自身の存在を無くす方法で
もありながら、生きる意味のひとつになりました。

 

やはり数ある選択肢の中からご依頼いただくクライ
アントさんへの感謝の気持ちとして、作品を事故物
件のようないわくつきのものにしないためにも(笑)
制作は生きることに責任を持つ行為でもあります。

 

一人だと、ふと飛んでいってしまいたくなるような
ダメな私でも、作品や描いていた時の手の感触など
が冷静な場所に繋ぎ止めてくれたりするんです。。

 

inteviam(いんてヴぃあm)

 

また描くことに関して「軽く、適当でいいですよ」
と言われても、そんな加減ができる器用な人間でも
ないので、がっつり気を込めてしまいます。

どんな形であれ、気を込めたものはやはり大きな
存在になりますよね。。

 

 

すごく個人的な話かもしれませんが、屍のような時
代には、誰に頼まれてもこれができませんでした。

 

気持ちを込めるどころか、
鉛筆すら、持てない時期があったんです。

 

 

もし何かを作るのが好きな場合、そんな風にいくら
周囲に薦められても、それを重荷に感じるうちは楽
しめないので、無理をする必要はないと思います。

 

ですが“なんとなく”でも気が向いて、文章や写真、
ガラス細工やリメイク、塗り絵などでも。。
何かを創作したり形にしてみようと思えた時、

その分身が存在を支える想い入れとなり、生きるこ
とを後押ししてくれることもあるため、創作活動は
精神を癒す手段としておすすめです。

 

 

そしてもうひとつ、物事は取り組み方次第で
自我の存在を無くしてくれます。

 

忘我(ぼうが)

夢中になって、我を忘れることです。

 

先日も「絵を描いている時って何考えてるの?」と
聞かれ、改めて振り返ってみても何も考えずに集中
しており、その間は無心でした。

 

頭の中で思い描くイメージを、手を通して表現しよ
うとしているのは私ですが、そこに自己や我の意識
は無く…

 

ただ、描いている。

思い返せば、それだけの世界でした。

 

 

同様の手段として『身体に意識を集中すること』
も自我を忘れるのに役立ちます。

 

細かいことを気にしたり、視野が狭くなっている時
にヨガをすると、一旦そこから心が離れ、フラット
な視点に戻るのを実感することも多いです。

 

視線やカウントも定められ、一呼吸一動作で動き続
ける“アシュタンガヨガ”は、常に吸う息・吐く息と
次の動き、重心や方向性などに意識を集中している
為、他のことを考える余裕もありません。

 

我を忘れるには最適だと感じます。

 

 

そこにはヨガしかなく、

なんでこの世に生きているんだろう…

といった自分の存在を悩む隙もありません。

 

 

だから平穏です。

 

 

教える時も同じく、目の前のレッスンのことしか
眼中にないため、完全に我を忘れています。

 

存在感が無くなった時こそ1番楽しめますし、
反対になんだか居心地が悪い時は、緊張している
自分を感じ取っています。

 

慣れない環境でも、段々と目の前に集中し、その世
界に溶け込んでいくと、己の存在ごと緊張も何処か
に行ってしまうことも多いです。

 

 

思い返してみると『過食嘔吐』もひとつの“忘我の
状態”だったのかな、と今では思います。

 

“とにかく意識を吹っ飛ばして、自分という存在を
消してしまいたい”

そんな悩みを解消するのに一役買っていました。

 

 

以前の私は、とにかく自分をコントロールしようと
必死で、常に目を見張る自己の存在が隣り合わせ…
我を忘れるなんてありえないという思考でした。

 

だから窮屈で苦しかったのです。

 

感じたくない自分の存在を、否定するように監視す
ればするほど、嫌なことばかりに着目して、いつも
そこから逃げ出したいと感じていました。

(関連:見ているところが見えてくる

 

その執着心に対し、見たくないものを見せられてい
る身体は、健気に反抗していたのですね。。(涙)

 

 

もし今、消してしまいたいと追い詰められる問題や
自分の存在があったとしたら、

それに“執着しすぎていないか”振り返ってみて、

それすらも忘れてしまうような没頭できる時間を
持つことを、試してみると良いかもしれません。

 

“没頭”というのは、別に大それたことじゃなくても

映画で人物の心情に普段より想像力を添わせたり、
楽器の一つ一つに染まるように音楽を聴くでも、部
屋の一ヵ所を徹底的に綺麗にするでも良いんです。

 

 

今まで何かと表向きに、自己をコントロールをする
機会が多いと、一度それらを全部取り払おうとする
のは、恐怖に感じるかもしれませんが

ちょっとやそっと我を忘れても、しぶとい元々の存
在を忘れ去ることは無く、きちんと戻ってこれてし
まうので大丈夫です。

 

まずは誰にも気兼ねなくできる、一人の時間からで
も意識を何か、内の苦しみではない、外の他のこと
に向けてみてください。

 

マインドフルネスinteviam

 

また過食嘔吐やリストカットなどは、いま目につい
てしまう場所ではない、もっと違うどこかに本心は
目を向けたがっているサインとして、
否定して押し込めようとするのではなく、

まだ言葉で分析できていないだけの、意思表示の現
れ、意にそぐわないコントロールの反動なんだとい
うことを、認めてあげましょう。

 

表に向ける冷静さを保とうと、自分の行動を否定し
内側にこもり続けていると、意識が一ヵ所にとどま
って全体が見えず、迷子になりがちです。

 

そして本当はあまり見たくないはずの自己の存在が
余計に際立ちます。。。

 

意識を色んな所に出し入れしている方が、相対的に
苦しみの原因も見つけやすく、実は問題を冷静に解
決する近道になるんです。

 

水面inteviam

 

スイカでも、花火でも、お祭りでも、水面でも。。

マイルールを捨てて、その場に染まり、忘我の境に
入った方が楽しめますし、その体験から得た新たな
気付きが、事を上手く進めるヒントになることも。

 

なにより目の前の瞬間が豊かだと、気持ちが楽にな
りますよ◎

 

 



今では懐かしい精神病棟。。

劇中に出てくる「ここに安住してはだめ」のセリフ
も今では作品を超え、色んな意味で解釈できます。

 

(映画に関する画像出典:youtube)

 

 

生きづらさのトンネルを抜けて

デッサンとヨガはよく似ている【ものの見方と執着・解決のヒント】

難しいことは考えず、レアンドロ・エルリッヒ展を楽しもう

どんなことでも、いつかは必ず終わる

つらい不眠症…睡眠薬を手放して「眠れない」を改善する方法9選

なにもしたいことなんてない・・・虚無感と自己防衛とトカトントン