自分をこの世に存在しなかったことにする方法

精神病棟を舞台にした映画
『17歳のカルテ』(’99)

 

そこで主人公のスザンナ(ウィノナ・ライ
ダー)は、多量のアスピリンとウォッカを
飲んだ理由をこう話します。

 

死にたかったんじゃない、
“消そうとした”の。

 

何か分からない漠然とした不安や違和感…
自分という存在を無かったことにしたい…

そんな気持ちを抱いたことがある方には、
なんとなく共感できる部分もあるかもしれ
ません。

 

 

私は子どもの頃、写真や作品、文章など、
この世に自分が生きた証拠を残すのが
とても嫌でした。

 

写真を撮られるのも大嫌いで、小学校の時
にはやむなく、廊下に貼られた写真の自分
を黒く塗りつぶして怒られたり(笑)

絵を描くことや物をつくるのは好きでも、
それを形として残しておくのは嫌だった
り。。。

 

“自分がこの世に存在した”
その証拠が残ってしまうことを、避けたか
ったのです。

 

そんな人、いたっけ…?

 

何も生きた痕跡を残さなければ、明日空気
のようにふっと消えてなくなれるんじゃな
いか、そんな幻想を抱いていました。

なので(?)部屋の引出しの中のものを、
一気に捨ててみた日もあります。

 

綿矢りささんが17歳の時に書いた小説『イ
ンストール』(’01)にも、主人公が部屋の
中のものをすべて捨てて、空っぽにする
シーンがあります。

 

初めて読んだ時には「同じようなことを考
える人もいたんだ!」となんだか不思議な
嬉しさがあったのですが、映画化もされた
ことから、意外と似たようなことを思った
り、したことがある方も結構多いんじゃな
いかと感じました。

(自分の存在だったり、過去だったり、、
捨てたいものは人それぞれ違いますが)

 

そんな風に自分の存在を無かったことにで
きないかと、若い頃は色々あがいてみたの
ですが、、まぁ、きれいさっぱり消えるこ
とはありませんでした。。

 

ですがもっと健全に自分の存在を消し去り、
楽になる手段が今はあります。

先月も静岡のサロンの壁の一角に、絵を描
かせて頂きましたが(詳しくはコチラ)、
今となってはこの世に何かを残すことは、

分身に意識をそらして、自身の存在を無く
す方法でもありながら、私の生きる理由の
ひとつになりました。

 

やはり数ある選択肢の中からご依頼いただ
くクライアントさんには、感謝の気持ちと
して幸せになって頂きたいですし、作品を
事故物件のようないわくつきのものにしな
いためにも(笑)、制作は私の中で生きる
ことに責任を持つ行為でもあります。

一人だと、ふと飛んで行ってしまいたくな
るようなダメな私でも、作品達が冷静な場
所に繋ぎ止めてくれたりします(笑)

 

また、描くことに関して「軽く、適当でい
いですよ」と言われても、そんな加減がで
きる器用な人間でもないので、相手に引か
れようと、がっつり気を込めてしまいます。

どんな形であれ、気を込めたものは、やは
り大事な存在になってしまいますよね。。

 

すごく個人的なものかもしれませんが、実
は生きることに後ろめたさがある時、誰に
頼まれてもこれが出来ませんでした。

鉛筆すら、持てない時期があったんです。

 

 

もし、何かを作るのが好きだった場合、
そんな風にどうしても重荷で出来ない時は、
まわりに薦められても、やりたくないなか
苦しいだけなので、無理をする必要はあり
ません。

 

ですがもし、気が進んで
文章や写真、ガラス細工などでも。。。何か
を創作したり形に残してみようと思えた時、

それが物質としてこの世に残る想い入れ、
存在を支えるとっかかりとなり、自らの生き
ることを後押ししてくれる場合もありますよ。

そしてもうひとつ、物事は取り組み方次第
で、私という存在を無くしてくれます。

 

忘我(ぼうが)

夢中になって、我を忘れることです。

 

先日も「絵を描いている時何考えてる?」
と聞かれましたが、何も考えていない..
というか、とにかく集中していたので何を
考えていたか、よく覚えていません。

頭の中で思い描くイメージを、手を使って
表現しようとしているのは私ですが、そこ
に自己や我の意識が全く無いのです。

 

ただ、描いている。

思い返せば、ただそれだけの世界でした。

 

 

また私は、一人では集中できても、作業過
程を見られるなかで制作したり、誰かと話
しながらだと、全く集中できません。

 

多分それは、描きながら我を忘れることが
できないからだと思います。

 

言葉を使う思考回路をOFFにしていること
もあり、途中で誰かと目が合ったり、会話
をすると、瞬時に相手との関係の中で、自
分のフィルターを感じ取ってしまうのです。

といってもこの感覚は、「ふーん。。。」
「変なの」「で、なんでダメなの?」
という反応がほとんどで、大多数の人から
理解してもらえません(笑)

(言葉で説明するって難しいですね。。)

 

他の例では、細かいことを気にしすぎたり、
視野が狭くなっている時にヨガをすると、
気持ちがリセットされた感覚になり、

「あ、考え過ぎが良くなかったな。。。」

と気付くことがよくあります。

 

これも我を忘れてヨガに集中することで、
こんがらがった自我の存在を一度抹消し、
再インストールしたことで解消したケース。

 

視線やカウントも定められた、一連の動き
を続けるアシュタンガヨガの練習中は、常
に吸う息・吐く息と、全身の動かし方に集
中しているので、他のことが浮かぶと、瞬
時に自分が何をしているのか分からなくな
り、バランスを崩します(笑)

 

もうそこにはヨガしかなく、

なんでこの世に生まれてきたんだろう…

といった自分の存在を悩む隙も無いのです。

 

 

だから平穏です。

 

 

教える時も同じく、目の前の空間、生徒さ
んの動き、右と左に関して(よく左右が分
からなくなる(笑))など。。。目の前の
レッスンのことしか頭になく、完全に我を
忘れています。

 

その存在感の無い時こそ、一番楽しめてい
ますし、反対になんか変な感じがする時は、
緊張している自分を感じ取っていたりしま
す。

慣れない環境だとたまに緊張してしまいま
すが、段々とその空間に入り込み集中して
いると、自分の存在ごと緊張もどっかに行
ってしまっていることが多いです。

思い返してみると、過食嘔吐もひとつの忘
我の状態だったのかな、と今では思います。

 

“とにかく意識を吹っ飛ばして、自分とい
う存在を消してしまいたい”

 

そんな悩みを解消するのに一役買っていま
した。

 

以前の私は、とにかく自分をコントロール
しようと必死で、常に自己の存在が隣り合
わせ、我を忘れるなんてありえないという
思考でした。

 

だから窮屈で苦しかったのです。

感じたくない自分の存在を、意識すればす
るほどそこに着目し、結果自分の悩みにば
かり執着して、いつもそこから逃げ出した
いと感じていました。

(⇒見ているところが見えてくる

その心の願いを、健気に暴走することで、
身体は叶えてくれていたのですね。。(涙)

もし今、消してしまいたいと追い詰められ
る問題があったとしたら、

何かに執着しすぎていないか振り返ってみて

それすらも忘れてしまうような好きなことに
没頭してみると、楽になるかもしれません。

 

 

ちょっとやそっと我を忘れても、しぶとい
元々の存在を忘れ去ることは無く、きちん
と戻ってこれてしまうので大丈夫です。

 

また過食嘔吐やリストカットなども、
今、目についてしまう不快な場所ではない、
もっと違うどこかに本心は目を向けたがっ
ているサインとして、

否定して押し込めようとするのではなく、

まだ言葉に分析できていないだけの、意思
表示の現れなんだということを、認めてあ
げましょう。

 

冷静さを保とうと、自分の行動を否定し、
内側にこもり続けると、かえって全体が
見えず、迷子になりがちです。

そして本当はあまり見たくないはずの、
自己の存在が余計に際立ちます。。。

 

意識を色んな所に出し入れしている方が、
相対的に自分のことも分かりやすく、実は
冷静に向き合う近道だったりするのです。

 

 

スイカでも、花火でも、映画でも。。。

自分を捨てて、その場に染まり、忘我の境
に入った方が楽しめますし、心が楽になります◎