「みんな同じ」が求められる日本

 

W杯もいよいよベスト4が決まりますね!

 

あまりサッカーに詳しい方ではないのです
が、見始めるとついつい見入ってしまった
り、なんだかんだで結構見ています◎

 

サッカーの試合に関しては、何年前かも何
大会の何戦かもよく覚えていないのですが
(ほとんど覚えていない笑)、真夜中に見
たカカ・ピルロ・ピエロ・ピッポ選手がや
たらカッコいいプレーを連発し、サッカー
の試合ってこんなに面白いんだ!!と初め
て感激した時のことをよく覚えています。

 

しかもピッポって可愛い響き!(他の選手
も覚えやすい)と思いながら見ていた記憶
があるのですが、現インザーギ監督(昔か
らインザーギでしたが)のことだったんで
すね。。。

 

写真を見た感じ、何年前の話をしているん
だと自分に突っ込みたくなりますが(笑)、
その時のファインプレーにしびれた感触を
覚えているって、意外とサッカー好きなの
かもしれません。

 

 

今年も楽しみながら、そんなサッカーを見
ていると、他の国と比べてやっぱり日本人
はよく似ているなと、ふと感じることがあ
りました。

 

肌の色から、髪の毛の質感、ヒゲや体格な
ど、同じチームでも全然違う選手が集まる
国も多いなかで、よく見れば顔つきは一人
ひとり違っても、ぱっと見の印象が近く、
無意識に同じ人種だと認識できてしまう日
本のチーム。。。

 

サッカーに限らなくても、なんとなくエキ
ゾチックな雰囲気や目鼻立ちがはっきりし
た人を見ると、ハーフかな?と感じたり、
肌が黒いと元からと言うよりは、日焼けし
てるなぁと感じたり…

別に差別をするつもりはなくても、漠然と
日本人の中には生まれつきの肌や髪の色で、
共通の認識があると思います。

 

 

よく日本人は、

輪を大切にする、
みんな同じであることを求められたり、
出る杭は打たれる、
みんなと一緒が安心、  など、

集団の中で協調性を求められる傾向にあり
ますが、教育の影響もあれば、生まれつき
の外見が似ていることもその一つの原因だ
と言われます。

 

長友選手の髪が金髪になると、目立つこと
を良いこととしない教育の視点からはマイ
ナスに見られがちですが、そういった見方
を外してみても、「染めたんだな」となん
となく生まれつきではない、自然のもので
はないという感覚は、無意識に感じやすい
傾向にあるのです。

 

(本田選手は金髪に見慣れてしまって、も
はや黒髪の姿を想像しがたいですが、やは
り生まれつきではなく、頻繁にメンテナン
スしているんだろうなとプロセスを想像で
きます。)

 

 

想像してみると、“人種のサラダボウル”
と言われるような、子どもの頃から肌の色
や目鼻立ち、骨格も異なる人々の中で暮ら
すことが普通の環境だった場合、潜在的に

みんな違って当たり前

そう感じながら成長していく方が、自然な
のかもしれません。

 

それに比べると、割と近い見た目の中で育
つ日本は、変化や差が珍しく、特別なもの
と感じやすい環境であることが分かります。

 

以前どこに目を向けるかで、見え方が変わ
ることについても書きましたが、似ている
がゆえに良い意味でも悪い意味でも“違い
”が目に入りやすい日本は、まわりの空気
に気を遣ったり、人と違うことをするのに
勇気がいるのは、ある意味仕方のない部分
でもあるのです。

 

 

私もまだ、さほど多くはないのですが、海
外でヨガやピラティスのレッスンを受けた
時、そのクラスの自由さに驚きました。

 

インストラクターのガイドの中、それぞれ
が自分のタイミングでポーズを始めるのが
基本で、やりたくないポーズはやらないと
いう人もかなり多いのです。

(特にNYのパークヨガでは、アメリカ系
でもアジア系でも、腕立てや逆立ちのよう
なアームバランスは大好きな一方、後屈に
なるとごろんと休んだりする人もいたり…
好き嫌いの意思表示や、やるかやらないか
の選択がとてもはっきりしている印象でし
た(笑))

 

真面目という部分もあると思いますが、辛
くても周囲の動きに合わせて付いていこう
と努力したり、まわりをよく見て自分だけ
が違う動きをしないように気を付けるヨガ
の姿勢は、やはり日本人ならではなのかも
しれません。

無意識のうちに、場になじむことを求めら
れることの多い日本と、違いの中で自分で
選択することを求められる欧米社会で、当
たり前の価値観はやっぱり全然違うんだな
と感じました。

 

ヨガに関して言えば、同じ日本人でも生ま
れつきの骨格や日常の動作、その日の体調
によっても身体のコンディションは異なり
ますので、やはり一人ひとりが今日の調子
に合わせて行うのが一番です。

身体の調子が漠然として分かりづらい場合、
呼吸が苦しくならず、深められているかを
バロメーターにする方法もあります。

 

 

実際には、何が良くて何が悪いか、正解は
ありませんが、身の回りにはこういった傾
向があるんだと知っておくと、少し楽にな
ることがあります。

 

私自身、無意識に集団意識は常に受けてい
ますし、何も考えずに流されていることも
あれば、自分の本心との摩擦で違和感を感
じることもあります。

自分に確信が持てない時は、あえてまわり
に沿わせてみて、本当はどうしたいかに気
付いたり、確認することもあります。

 

自分一人ではどうにも変えられない価値観
もあることを知っておいて、変えられない
もの全てを変えようと疲弊するのもしんど
いですし、その中で自分がどうしたいか、
動かせる範囲の身の回りから、居心地の良
い選択をしていくと、バランスがとれてく
るのかもしれません。

 

職場や友人関係、家族など、まわりには
いろんな集団がありますが、相手の価値観
は相手が変わろうとしない限り変えられな
いものなので、真っ向勝負もありですが
(笑)、しんどければ右から左へ受け流す
のも、必要としないなら離れるのも一つの
選択肢です。

 

 

ちなみに最近、髪を自分史上一番短く切っ
たのですが、担当の美容師さんが

 

「みんな一人ひとり違う人間なんだから、
どんな髪型にしたとしても、堂々としてい
れば、それが一番似合うんです。」

 

と教えを説いてくださったので、思わず手
を合わせて帰ってきました。

 

 

本当、なじむにしても主張するにしても、
堂々としてれば良いんですよね。。。

 

(究極のところ、美容師さんの言葉に全て
が凝縮されていて、私のサッカーの話とか
すごくどうでも良いですね(笑)

 

ただ最初に挙げたサッカー選手達が、サッ
カーにそこまで詳しくない私にもカッコよ
く映ったのは、堂々と自分のスタイルを貫
いていたからなのかもと思い、、、
分野やレベルは全然違っても、その姿勢を
見習っていきたいと思いました◎)