むくみ、ニオイ、夏バテ対策に。。質の良い汗のためにできること

「今日も暑いですね。。」があいさつのよ
うになりつつあるここ数日。。。

うだるような暑さが続いているため、スタ
ジオでも改めて、熱中症の注意喚起がされ
ました。

 

ヨガの前後や最中も、がぶ飲みしすぎると
かえって吸収しづらく、身体に負担をかけ
たり、ポーズが苦しくなってしまうことも
あるので、こまめに少しづつ適量の水分を
とりながら、脱水にはくれぐれもご注意く
ださいね。

気温が高く、汗をかくようになると、身体
の体温や水分のバランス、それに伴うミネ
ラルや血液など、出入りや循環の変化が大
きくなります。

その変化に身体が追い付かず、ヨガのクラ
スでも体調を聞くと、
“むくみや重だるい感じ”、“のぼせてい
る感じがするのに足元は冷える”、“熱が
こもっている感じがして夏バテ気味”
“よく眠れない”…事が気になるなど、
バランスを取るのが難しいという声も時折
聞こえてくるようになりました。

 

私自身も、なるべく疲れを溜めないように
心がけていますが、やはり寝不足が少し続
いてしまうと、汗の感じが変わってきて、
それに合わせて余計に身体がしんどくなる
ことがあります。

 

例えば、普段はまんべんなくかいていた汗
が、首回りなど局所的に冷や汗のように止
まらなくなるなど。。

 

部分的にかく汗は、自律神経のバランスが
乱れ、発汗や体温調節の機能が上手く働か
なくなることで起こりやすくなります。

 

自律神経そのものの乱れからくることもあ
れば、更年期のホットフラッシュや月経周
期など、女性ホルモンの変化が自律神経に
影響して起こることや、低血糖や甲状腺ホ
ルモンの影響が隠れている場合もあるよう
です。

 

私も甲状腺の機能が元々落ちているので、
無理が行き過ぎると分かりやすく首が腫れ
てくるのですが、そういう時は寒気がして
いるのに、首から嫌な汗が止まらないとい
う状態をよく経験します。。。

そこまでいくと「あ、そろそろまずいかな..
.」と、やることに優先順位をつけて少し
ペースを落としたり、ヨガや睡眠などメン
テナンスの時間を改めて見直してみたり、
すると割と早く収まってくるので、頭は鈍
感でもやはり体は正直だな…と、いつも
実感しています(笑)

 

何気なくかく汗も、身体の状態を知る良い
バロメーターになるので、普段と違ったり、
変だなと感じたら、生活を見直す良い機会
にしてみると良いかもしれません。

 

汗に関して言うと、私も幼い頃は自然に良
い汗をかけていたと思うのですが、小学校
の学年が上がるにつれて、ガチガチの緊張
状態が続くようになり、過敏性腸炎や、し
もやけになるような冷え性が出始めると、
首元からは汗が出ても、他の部分からはほ
とんど汗をかかなくなっていました。

友達からも「あんまり汗かかなくっていい
ね」と言われ、確かに日中は涼しい顔をし
ていたのですが、老廃物という言葉に過敏
な部分もあったので(笑)、家では長風呂
で汗を絞り出していたこともあります。

 

そんな汗をかかない体質が長年続いていた
のですが、ビクラムヨガというホットの環
境下で割と激しく動くヨガを一時続け、一
気に汗かき体質に激変しました。

ただ、汗をかけるようになっても汗の質は
悪いままで、体温調節は上手くいかず、冷
え性が悪化したり、アトピーを発症してし
まったりして、悩みは尽きず。。

 

そんな時期を経て、マイラリューイン先生
のもとでヨガのトレーニングを受けると、
「あなたの体質には、ホットヨガは合わな
いから、常温でヨガを続けなさい」
とアドバイスを受け、以降常温でヨガを続
けています。

するとだんだん汗も機能し始め、若い子ど
もの頃と比べても、今が一番体感的にも楽
で、良い状態だと実感できるようになりま
した。

 

もちろん、ビクラムヨガで良い方向に体質
改善ができる方も沢山いますので、ホット
ヨガが決して悪いわけではありません。

 

私の場合は元々の体質に合わなかったり、
後から振り返るとそれ以外の当時飲んでい
た薬や、摂食障害による食習慣の乱れ、凝
り固まったものの見方や、緊張状態が続い
ていたことなど色んな要素の組み合わせで、
良くない汗につながっていた部分が大きい
と考えています。

 

先程から「質の良い汗」「悪い汗」と書い
ていますが、具体的に何が違うかというと、

質の良い汗とは、
体温調節や老廃物の排出、水分代謝など、
汗としての機能をしっかりと果たしてくれ
ている状態

逆に質の悪い汗とは、汗はかいているけれ
ど、その汗としての機能をきちんと果たせ
ていない状態です。

 

聞いたことがある方も多いかもしれません
が、良い汗はほとんどが水分で、べたつき
やにおいもなくサラッとしているため、皮
膚の表面からも蒸発しやすく、その乾くタ
イミングで身体の熱をきちんと外に逃がし、
体温を調節してくれます。

 

一ヵ所からブワァーっと大粒の汗が噴き出
すのではなく、まんべんなく小粒の汗が少
しづつ出てくるので、老廃物を肌にとどま
らせることのないまま負担をかけず、適量
の水分で効率良く温度を一定に保ってくれ
るのです。

 

 

一方で質の悪い汗は、身体に必要なミネラ
ル分まで汗として流れ出てしまうので、汗
をかくとどっと疲れた感じがして疲労感が
残りやすかったり、汗自体もベタベタして
肌に残りやすい状態です。

 

するとなかなか蒸発しにくく、身体の熱を
しっかりと逃がせないばかりか、内側に熱
がこもり熱中症になりやすかったり、局所
的に大量に汗が出て、逆に自分の汗で急に
寒くなることもあります。

 

皮膚にとどまる時間も長くなるので、肌に
負担をかけてかゆみや炎症を起こしたり、
ムレて気になるにおいの原因にもつながり
やすくなるのです。。

 

大粒の汗が噴き出していると、一見ものす
ごく汗をかいているように見えますが、初
めにかいた汗がなかなか蒸発せずに肌にと
どまっているだけで、実はその後汗を全く
かけていないという現象が起こることもあ
ります。

 

すると身体の熱はこもり続けるので、身体
自体が熱を作らないように代謝を下げ、冷
え性になったり、その結果水分代謝も悪く
なりむくんでしまうことも。。。

 

私がホットヨガでかいていた汗は、まさに
こんな状態で、その上湿度が高い環境だっ
たため、普段以上に汗が蒸発しにくく、大
量に汗をかいているようで、実際は全然汗
をかけていないという、なんとも不思議で
悲しい現象が起きていたのです…

 

 

アーユルヴェーダでも、アシュタンガヨガ
でも“自分の力で内側から熱を生み出す”
ことがよく言われますが、

(そのため、練習後は冷たい飲み物を飲ん
だりして、せっかくの内側の熱を打ち消し
てしまわないようにね、と言われたり)

 

元々熱を作るのが苦手な私の体質だからこ
そ、外からの熱で温めることに頼り過ぎず、
ヨガの呼吸と動きによってシンプルに自ら
身体を温めることや、その熱を自分の汗で
調節しようと仰向けでクールダウン(ヨガ
の最後にはシャバアサナという、仰向けで
バランスを整える時間をとります)を積み
重ねてきたことが、本来の機能を少しづつ
取り戻すことに役立ったようです。

 

“質の良い汗”ひとつとっても、やはり身
体全体がバランス良く機能することが大切
なのですね。

 

(最初に自律神経の部分に触れたように、
精神的なものも自律神経には大きく影響す
るので、心の状態と汗も、密接に関係して
います。)

◆よい汗をかくためにできること

 

最近は外の気温が高い上に、一歩屋内に入
ると冷房がガンガンに効いていることも多
いので、その変化だけでも自律神経に負担
をかけ、汗腺が正常に働きづらい環境でも
あります。

 

お家などの意識できる場所では、急激にお
部屋を冷やして、汗をピタッと止めてしま
うのではなく、徐々に調節しながら汗で体
温調節する時間を作ったり、外に出る少し
前には冷房を止めておいて、外に出た時と
の急激な温度差を無くすように心がけると、
身体の負担を軽減できます。

 

同じように冷たい飲み物で、急激に内側か
ら身体を冷やすよりも、常温か温かいもの
を飲んだ方が身体の負担を減らせますし、
特に汗が上手くかけないと感じる時は、薬
味や根菜、大豆製品や適度に塩分のあるも
のなど、身体をあたためる食べ物も取り入
れて、熱をつくる手助けをするのもおすす
めです。

 

夏バテ予防によく言われる梅干しも、汗に
よって失われるミネラルやクエン酸が補給
できますし、冷たい飲み物や食べ物は口の
中で常温に慣らしてから飲み込むようにす
ると、お腹を冷やしにくいです。

 

そしてストレスをため込まずに、上手に対
処して、疲れをためない工夫も大切です。

 

(関連記事 気象病と自律神経
      睡眠の質を高めるヒント
      リラックスの本当の意味

 

 

過酷な環境だからこそ、しっかり休息をと
りながら身体本来の働きが機能するよう、
ニュートラルな状態に戻る時間を大事にし
てみてくださいね。

 

身体がしっかりと回復すれば、バランスを
とる力も自然と働きますし、バランスがと
れてくると、回復力も増します(笑)

 

繋がっているからこそ、今できることを少
しづつ行っていくと、大きな変化となって
還ってくるはずです。