むくみ、ニオイ、夏バテ対策に。。質の良い汗のためにできること

「今日も暑いですね。。」があいさつのように
なりつつあるここ数日。。。

 

うだるような暑さが続いているため、スタジオでも
改めて、熱中症の注意喚起がされました。

 

水分補給もがぶ飲みしすぎると、かえって吸収しに
くく、身体に負担をかけたり、ヨガをする際には
ポーズが苦しくなってしまうこともあるので、

こまめに少しづつ適量の水分をとりながら、
脱水にはくれぐれもご注意くださいね。

 

 

気温が高く、汗をかくようになると、
身体の体温や水分のバランス、それに伴うミネラル
や血液など、出入りや循環の変化が大きくなります。

 

 

ヨガに参加されている方でも体調を聞いてみると、
その変化に身体が追い付かず、

“むくみや重だるい感じ”
“のぼせている感じがするのに足元は冷える”
“熱がこもっている感じがして夏バテ気味”
“よく眠れない” … など、

バランスを取るのが難しく、春とは違った身体のす
ぐれない声が時折聞こえてくるようになりました。

 

 

季節の変化に順応することや、暑さによる疲労感は
避けられるものでもなく。。。上手に付き合うため
に、私自身もなるべく疲れを溜めないように心がけ
ていますが、

やはり生活リズムが少し乱れたり、寝不足が続いて
しまうと、

の感じも変わってきて、それに伴い余計に身体が
しんどく感じることがあります。

 

 

例えば、普段はまんべんなくかけていた汗が、首回
りなど局所的に冷や汗のように止まらなくなり、
寒気がするなど。。

 

 

部分的にかく汗は、自律神経のバランスが乱れ、
発汗や体温調節の機能が上手く働かなくなること
で起こりやすくなります。

 

 

原因はストレス生活リズムの変化などによる、
自律神経そのものの不調からくることもあれば、

更年期のホットフラッシュや月経周期といった女性
ホルモンの変化が自律神経に影響していたり、

その他、低血糖や甲状腺ホルモンの影響が隠れてい
る場合など、要因は様々あるようです。

 

 

私も甲状腺の機能が元々落ちているので、(
無理が行き過ぎると分かりやすく首が腫れてくるの
ですが、そういう時は寒気がしているのに、首から
嫌な汗が止まらないという状態をよく経験します。。

 

そこまでいくと「あ、そろそろまずいかな…」と、
やることに優先順位をつけて少しペースを落とした
り、ヨガや睡眠などメンテナンスの時間を改めて見
直してみたり..

すると割と早くおさまってくるので、頭は鈍感でも
やはり身体は正直だな…と、つど実感しながら
懲りずにしょっちゅう繰り返しています(笑)

 

 

何気なくかく汗も、身体の状態を知るバロメーター
になるので、普段と違ったり、変だなと感じたら、
生活を見直す良い機会にしてみるのも、有効かもし
れません。

 

 

汗に関して言うと、私も幼い頃は自然に良い汗をか
けていたと思うのですが、小学校の学年が上がるに
つれ、ガチガチに緊張した状態が続くようになると

過敏性腸症候群や、しもやけになるような冷え性に
伴い、ほとんど汗をかかない体質になっていました。

 

友達からも「あんまり汗かかなくっていいね」と言
われ、確かに日中は涼しい顔をしていたのですが、

老廃物という言葉に過敏な部分もあったので(笑)
家では長風呂で汗を絞り出していたこともあります。

 

 

そんな汗をかかない体質が長年続いていたのですが、
ビクラムヨガという室温約40°Cのホットの環境下で
割と激しく動くヨガを一時続け、一気に汗かき体質
に激変しました。

 

ただ、もともとの体質もあり、私の場合は形だけは
汗をかけるようになっても汗の質は悪いままで、、

体温調節は上手くいかず、汗をかけるようになれば
治ると思っていた冷え性は悪化、、乾燥や汗荒れ、
アトピーの発症など、不調は表面にあらわれる形を
変えたのみで、根本の体質の改善にはつなげること
ができませんでした。

 

 

そんな時期を経て、アトピーの症状も酷かった頃に
カウアイ島のマイラ・リューイン先生のもとで
ヨガのトレーニングを受けると、

あなたの体質には、ホットヨガは合わないから、
常温でヨガを続けなさい」

とアドバイスを受け、以降常温でヨガを続けるよう
になりました。

 

すると、自分の内側から熱を作り出せるようになり
やっと本当の意味でだんだん汗が機能し始め、

若いころや汗かきになる前や後と比べても、
今が一番、体感的に楽だと感じます。

 

 

もちろん、ビクラムヨガで良い方向に体質改善がで
きたと言う方も沢山いますので、ホットヨガが決し
て悪いわけではありません。

 

 

私の場合は元々の体質に合わなかったこと、
そして後から振り返ると、それ以外のところで

当時飲んでいたや、
摂食障害時代からの積み重なった食習慣の乱れ
緊張状態を生み出す凝り固まった思考の癖
ネガティブ・強迫的な思考からくるストレス

など。。

 

ヨガ以前の色んな要素の組み合わせで、良くない汗
につながっていた部分も大きかったと考えています。

 

 

先程から「質の良い汗」「悪い汗」と書いて
いますが、具体的に何が違うかというと、

 

質の良い汗とは、
体温調節や老廃物の排出、水分代謝など、汗として
の機能をしっかりと果たしてくれている状態

逆に質の悪い汗とは、汗はかいているけれど、その
汗としての機能をきちんと果たせていない状態です。

 

 

聞いたことがある方も多いかもしれませんが、

良い汗はほとんどが水分で、べたつきやにおいもな
くサラッとしているため、
皮膚の表面からも蒸発しやすく、その乾くタイミン
グで身体の熱をきちんと外に逃がし、体温を調節し
てくれます。

 

一ヵ所からブワァーっと大粒の汗が噴き出すのでは
なく、全身の汗腺からまんべんなく小粒の汗が少し
づつ出てくるので、

老廃物を長時間、表面にとどまらせないため、肌に
負担をかけず、適量の水分で効率良く温度を一定に
保ってくれるのです。

 

 

一方で質の悪い汗は、身体に必要なミネラル分まで
水分と一緒に流れ出てしまうので、
汗をかくとどっと疲れた感じがして疲労感があった
り、汗自体もベタベタして肌に残りやすい状態です。

 

するとなかなか蒸発しにくく、身体の熱をしっかり
と逃がせないばかりか、熱がこもって熱中症になり
やすかったり、局所的に大量に汗が出て、逆に自分
のかいた汗で冷えることもあります。

 

皮膚にとどまる時間も長くなるので、肌に負担をか
けてかゆみや炎症を起こしたり、ムレて気になる
においの原因にもつながりやすくなるのです。。

 

 

大粒の汗が噴き出していると、一見ものすごく汗を
かいているように見えますが、初めにかいた汗がな
かなか蒸発せずに肌にとどまっているだけで、実は
途中から、汗を全くかけていない。。という現象が
起こることもあります。

 

すると身体の熱はこもり続けるので、体温を調節す
るために、今度は身体自体が熱を作らないように代
謝を下げ、冷え性になったり、水分代謝が落ちて
むくんでしまうことも。。。

 

私がホットヨガでかいていた汗は、まさにこんな状
態で、その上湿度が高い環境だったため、普段以上
に表面の汗が蒸発しにくく、

大量に汗をかいているようで、実際は全然汗をかけ
ていないという、なんとも不思議で悲しい現象が起
きていたのです…

 

 

アーユルヴェーダでも、アシュタンガヨガでも

“自分の力で内側から熱を生み出す”

ことがよく言われますが、

(そのため、練習後は冷たい飲み物を飲んで、
せっかくの内側に生み出した熱(火)を打ち消して
しまわないようにね、と言われたり。。)

 

 

元々熱を作るのが苦手な私の体質だからこそ、

外からの熱で温めることに頼り過ぎず、ヨガの呼吸
と動きによってシンプルに内から身体を温めること

その熱を汗の力で調節し、クールダウン(※ヨガの
最後にはシャバアサナという、仰向けで休み、体温
や・呼吸・使った身体のバランスを整える時間をと
ります)を積み重ねてきたことが、本来の機能を少
しづつ取り戻すことに役立ったようです。

 

“質の良い汗”ひとつとっても、やはり身体全体が
バランス良く機能することが大切なのですね。

 

(最初に自律神経の部分に触れたように、精神的な
ものも自律神経には大きく影響するので、
心の状態と汗も、密接に関係しています。)

 

 

◆よい汗をかくために、具体的にできること

 

近年は外の気温が高いうえに、一歩屋内に入ると冷
房がガンガンに効いていることも多いので、
その気温差だけでも自律神経に負担をかけ、汗腺が
正常に働きづらい環境でもあります。

 

お家などの自由にできる場所では、急激にお部屋を
冷やして、汗をピタッと止めてしまうのではなく、

温度を徐々に調節しながら、汗の力で体温調節する
時間を作ったり、外に出る少し前には冷房を止めて
おいて、外に出た時との急激な温度差を無くすよう
に心がけると、自律神経の負担を軽減できます。

 

同じように冷たい飲み物で、急激に内側から身体を
冷やすよりも、常温か温かいものを飲んだ方が内臓
の負担を減らせますし、内側からの熱で汗をかくト
レーニングにもなります。

 

特に汗が上手くかけない自覚がある時は、薬味やた
んぱく質、適度に塩分のあるものなど、身体をあた
ためる食べ物を意識的に取り入れて、内側から熱を
つくる手助けをするのもおすすめです。

 

夏バテ予防によく言われる梅干しも、汗によって失
われるミネラルやクエン酸が補給でき、疲労の回復
に役立ちますし、

冷たい飲み物や食べ物は口の中で常温に慣らしてか
ら飲み込むようにすると、お腹を冷やしにくく、身
体の負担を和らげます。

 

 

そしてストレスを溜め込まずに、上手に対処して、
疲れをためない工夫も大切です。

 

(関連記事 気象病と自律神経
      睡眠の質を高めるヒント
      リラックスの本当の意味

 

 

過酷な環境だからこそ、しっかり休息をとりながら
身体本来の働きが機能するよう、リラックスする時
間や、ニュートラルな状態にリセットできる機会を
大事にしてみてくださいね。

 

身体がしっかりと回復すれば、バランスをとる力も
自然と働きますし、バランスがとれてくると、回復
力も増し、リカバリーが早くなります(笑)

 

いろんなことが繋がっているからこそ、できること
をちょっとずつでもケアしていくと、全体に大きな
変化となって還ってくることも多いはずです。