雨や風の日の体調不良【気象病】低気圧に振り回されない対処法

近年、大きな寒暖差やゲリラ豪雨など、
気候の変化の激しさからか、、特に頭痛持ちではな
い私でも、雨や風の日に頭がふわふわしたり、重く
感じる事が増えてきました。

先日の雨の日には、特に調子は悪くないのに地味に
鼻が出るので、風邪でもひいたかなと思っていたら
晴れるとピタッと止まり。。。
どうやら天気の影響だったようです。

<目次>

「雨の時は頭が痛くなりやすい」

「台風の日はくらくらめまいがする」

「天気の悪い日にくしゃみや鼻水が出る」

この様に、嵐や雨、曇りなど「気圧が下がる」時に、

  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 吐き気
  • だるさ
  • 眠気
  • 肌のかゆみや赤み
  • じんましん
  • 喘息呼吸器系の不調
  • くしゃみ鼻水といった水分代謝の変化
  • 神経痛
  • 関節痛

など。。。

気候や気圧、天気の変化が原因で身体に不調が起き
たり、症状が悪化するものの総称を

「気象病(きしょうびょう)」

(天候病)と言います。

なかには古傷に違和感を感じたり、関節痛筋肉痛
生理痛や、首や肩の凝りなどが普段以上に重く感じる方もいて、

(※これらは天気痛と言ったりもします。)

近年では、6割ほどの方が天気の影響を受けて不調
を感じているというデータもあり、
改めて気象人体の関係性が注目されています。

moteoropathy-meteorotropic_disease

私は満月の時に不調を感じることも多いのですが、
月の満ち欠けで体調の変化を感じる女性も結構多いですよね。

気象病も長らく、どんよりした天気のせいでそう感
じるだけじゃないか?「気のせい気の持ちよう
と捉えられていたものが、段々とちゃんとした根拠
があるのではないかと認知され始めてきました。

きちんと理解して、対策をすれば軽減できるものな
ので、低気圧の不調に悩んでいる場合にはどうかご
自身を責めずに、日常生活の工夫で少しでも穏やか
に過ごして頂けたらいいなと思います。

気象病の原因とメカニズム

そもそも 低気圧の時に不調が出やすい原因は、
血流」と「自律神経」にあるようです。

気圧が下がると ↓↓
身体の外側からかかる圧力が弱まり、血管やリンパ
管をはじめ、身体の内側は膨張しやすくなります。

(気圧の低い山の上で、お菓子のパウチ袋がパンパ
ンに膨らむのと同じ原理です。)

そして血管が拡張しやすくなっているこの時、
下半身や内臓が「冷え」ていると、その部分の血管
が縮こまり、血流にムラができることで、更に頭の
血管やリンパ管がその分余計に膨張してしまうことに…。

それらが神経を圧迫すると頭痛を引き起こしたり、

部分的に古い血液やリンパ液が溜まり、古傷などの
弱い部分や、全身の血行や水の巡りが悪くなると

血行不良やむくみなどの膨張による節々の痛みや、
更なる冷え、様々な不調の原因となってしまうのです。

環境の変化に対応する自律神経

ただ、本来はこういった外の環境の変化にも上手く
対応できるよう、身体には元々調節機能が備わっています。

それが体温や脈拍など身体のリズムやバランスを調
節してくれている“自律神経”なのですが、

普段からその働きが乱れていたり、お疲れ気味だと
調節機能が追い付かず、天候の変化にも上手く対応
できないことがあるのです。。

yoganidra-leave-inteviam

また、自律神経は耳の鼓膜の奥にある

内耳

と深く関わりがあり、

中にリンパ液が入っていて、リンパ液の流れから
身体の回転や平衡感覚を感じ取っている
三半規管さんはんきかん)」と、

炭酸カルシウムの結晶(耳石、平衡砂)が入った器
官で、身体の動きや方向感覚のバランスを感知して
いる「耳石器じせきき)」のある内耳は、

これらのセンサーで環境の変化を感じると、情報を
脳へと入り、自律神経系を活性化させます。

(乗り物酔いなども、これらの内耳の働きで揺れや
回転を感じる事で起きます。)

元々これらの内耳のセンサーが敏感であったり、
過労や冷え、自律神経の乱れなどでリンパ液の流れ
が滞っている時には、気圧の変化に過剰に反応し、
自律神経系の働きを暴走させてしまうと考えられています。

気象に左右されることがストレスとなり、
そのストレスで自律神経に更に負担をかけてしまう
悪循環にならないよう、

まずは、体調を整え、ゆったりとリラックスする
余裕をもって自律神経のリズムを整えることが大切ですね。

(ちなみに自律神経が乱れると冷えやすく、冷える
と自律神経も乱れやすくなります)

冷えは万病のもと

自律神経の乱れや血行不良、水分代謝の低下の他、
意外と不調の根本的な原因に“冷え”があることは多くあります。

冷えを改善することで、気圧による不調だけでなく
東洋医学的な概念では「未病(みびょう)」と呼ば
れる、病気とまではいかない不調の改善にも、身体
を温めることで効果が出るのは珍しいことではありません。

以前、鍼灸師の方から

『頭寒足熱(ずかんそくねつ)』を心がけるといいよ

とアドバイスを受け、季節を問わず、上半身は薄着
でもレッグウォーマーをするようにしてみたら、
季節の変わり目の重ダルさがだいぶ変わりました。

特に梅雨の時期は、足が冷えてむくみやすかったの
ですが、常に足首をあたためていると、疲れや筋肉
の張り、むくみも改善されて一石二鳥です◎

(※ふくらはぎがパンパンだけど、マッサージする
元気がない時も(笑)あたためて血行を良くするだ
けでも硬さが和らぎます)

気象病改善のためにできる対策法

以前「根本から改善すると一石十鳥」といった内容
にも書きましたが、心身の不調は様々な要因が相互
しあって、大本の原因から様々な不調へと派生して
起きていることも多いため、

身体本来の機能を高めることで、歯車がうまく回っ
ていくように、根本のバランスを整えていくことが有効です。

冷え対策】-身体をあたためる

自律神経の乱れ・気象病の解決策としては、
やはりまずは身体を冷やさないこと。

運動(特に下半身の筋肉を鍛えることや、軽く汗ば
む程度の散歩やヨガなどの有酸素運動などが効果的)

先程のレッグウォーマーの他、足湯入浴で足元を
中心にあたためると身体が楽になることがあります。

運動はストレス発散も兼ねて、習慣的に行えるのが理想
なので、どんな分野でも「自分が楽しい」と思えるものが1番適しています◎

ストレスも冷えの大敵です。。。)

日常生活の中で効率良く下半身を鍛えるのであれば
BIRKENSTOCK」ので過ごすのも有効です◎

関連:足は冷えないひび割れない【足】から【脚】のトラブルを解消するケア方法 

これから気温が高くなる時期ですが、
冷房や冷たい飲み物や食べ物、同じ姿勢で身体が
緊張した状態が続く、など。。。
意外と身体を冷やす要素は身の回りに潜んでいます。

果物や生野菜、スイーツやカフェインを含むコーヒ
ーも美味しいですが、身体を冷やしやすいので、、
全く避けることはしなくても、

ショウガやネギなどの薬味スパイスなどの身体を
温める食品
タンパク質などを補うこと、飲み物は
ホット常温にするとバランスが取れます。

ginger-warm_up_body

また、友人から教わった裏技なのですが、
アイスはお風呂に入りながら食べると、お腹を冷や
しにくくおすすめです(笑)

(贅沢気分も味わえます◎)

電車や建物では冷房が効きすぎていることも多いの
で、こまめに上着ひざ掛け調節したり、
家に帰ってからお風呂でゆっくりあたためるのもおすすめです。

可能であればレッグウォーマー腹巻を常時着用し
たり、寝る時は上半身を涼しくしてもお腹から足元
まではカバーするなど「頭寒足熱」を心がけると、
冷えだけでなく、疲労の取れ方も変わってきます。

soak_in_warm_bath

睡眠を十分にとる

睡眠”も自律神経のリズムを整えるには大切です。

以前、質の良い眠りを得るために効果的な方法
紹介しましたが、

良い睡眠を得るためには、アクティブな交感神経
と、リラックスの深まった副交感神経の、自律神
経の切り替えが上手くできることが重要なので、

眠ること・眠れるようにケアすること自体が、
自律神経の働きを整える効果があります。

関連:つらい不眠症…睡眠薬を手放して「眠れない」を改善する方法9選

下半身を中心に身体を動かす

頭寒足熱にもつながりますが、足元が冷えて巡りが
悪くなると、全身の血行が悪くなり、血液だけでな
く全身をめぐる気や水分の流れも滞ってしまいます。

ずっと同じ体勢でいるより、上半身をこまめに動か
すだけでも良いのですが、

第2の心臓と言われるふくらはぎを含む“下半身”
を動かした方が、全身の血流を良くするのに効果的です。

激しい運動でなくて良いので、体調と相談しながら
無理のない程度に歩いたり、座った状態で足首を動
かすだけでも、日々続けているとだいぶ違います。

関連:足は冷えないひび割れない【足】から【脚】のトラブルを解消するケア方法 

朝起きたら、ゆっくり白湯を飲む

最近メディアでも【白湯】が良く取り上げられてい
ますが、沸騰させたお湯を少し冷ましてから飲む白
湯は、ヨガとも関わりの深いアーユルヴェーダ
(インドの伝統医学)で推奨されています。

関連:アーユルヴェーダとは

朝一番に飲むことで、寝ている間に失われた水分を
補い、体温を上げるだけではなく、

内臓に程良い刺激で交感神経のスイッチを入れて、
自律神経の切替えをスムーズに促す作用もあります。

hot_boiled_water

深呼吸をする

呼吸と自律神経は密接に関わっていて、

息を吸う時 には 交感神経 が優位に働き
息を吐く時 には 副交感神経 が優位に働きます。

息を大きく吸うと、なんとなくシャキッとする感覚
があったり、逆にため息を吐いた時は、ほっとした
り、身体が緩むような感じがするのはそのためです。

呼吸が浅く、不規則になったりすると自律神経も乱
れやすくなりますが、反対に深い呼吸を行うと、自
律神経のバランスも整いやすくなります。

気付いた時に深呼吸をしたり、

普段からヨガなどで呼吸を意識しながら動く、
リストラティブヨガやヨガニードラなどで呼吸に
使われる筋肉の緊張をゆるめる練習をしていると

次第に何気ない日常の呼吸も深めることができます。

年々、気象の変化が激しく・厳しくなっていますが。。。

本来の身体に備わるバランスを整えて、
少しでも楽に、穏やかに乗り切りたいですね。