どうせ頑張るなら一石十鳥

今頑張っていることで、どんなことを得よ
うとしているか、考えてみたことはありま
すか?

 

以前にも何度か「問題解決は根っこから」
というテーマに触れましたが、頑張る方向
を間違えてしまうと、苦しい思いをしたり、
その都度対処しなければいけない量が増え
て大変になることもあります。

 

逆に小手先だけではなく、ベースの部分か
ら問題を解決したり、より良くしていこう
とすると、少ない労力で派生する問題を芋
づる式に解消できたり、生活の質が上がる
ことでより自分の好きなことにエネルギー
を注げるようになります。

 

どうせ何かをするんだったら、一石二鳥、
十鳥…百鳥…! の方がお得で嬉しいで
すよね。

なんてかくいう私も、以前はずっと枝葉ば
かりに気をとられ、目先のことに振り回さ
れてエネルギーを消耗している状態でした。

 

今でもつい余裕が無くなると、目の前のこ
とだけに必死になってしまいますが、そん
な時に根っこのことを思い出すと、やるべ
きことや優先順位がシンプルになり、心が
すっと軽くなることもあります。

 

枝葉や根っこなど言葉だけだとイメージも
湧きづらいかもしれないので、簡単な木の
絵を描いてみました。(ちょっとおどろお
どろしい…(笑))


これは割とざっくりとしたひとつの例です
し、何をテーマにするかでも中心や分岐点
に入る言葉が変わってくるので、正解でも
なんでもありません。

 

なんとなく自分が大切にしたいベースにつ
いて考えてみた時、私の場合はそれらを長
らく失っていたこともあり、根本は人生を
楽しむため、そして自分の生きやすいよう
に生きられるようになるために、努力して
いきたいと考えています。

 

長らく続けているヨガも、運動から伸びる
枝葉の一部分のためだけであれば、とっく
に辞めていたかもしれません。

身体のメリットや精神的なメリットも沢山
実感していますが、やはりそれによって根
源の生きやすさにつながっているからこれ
からも続けていきたいんだと思います。

 

アートについても、全然身近に無くたって
生きていけるという方もいるかもしれませ
んが、私にとっては生きることを楽しむた
めの大切なツールです。

科学的根拠はありませんが私の場合、健康
に気遣っている時より、寝食を忘れて集中
して絵を描いている間の方が、多分元気で
す(笑)
(ただしあまり極端にやってしまうと後か
ら崩れるので、健康的な生活を送りながら
相乗効果で元気になるのが理想です…)

 

自分が大切にしたい基準が明確にあると、
それにつながらないことはする必要がない
と判断できますし、やるべきことがシンプ
ルになればなるほど、ひとつひとつにエネ
ルギーを注ぐ量も効率よく増やせます。

 

例えば人間関係も枝葉ではなく根っこの部
分に基づいて、自分が大切にしたい人は大
切に、嫌々付き合っている人なら無理に会
ったり、自分を犠牲にしてまで関わりを持
つ必要もありません。

 

それって人としてどうなの?と感じる方も
いるかもしれませんが、私はもし相手が
嫌々関わってくれていたのだとしたらそち
らの方が嫌ですし、一緒にいると疲れる人
にエネルギーを奪われ、大切にしたい人に
その愚痴を吐いたり、八つ当たりしてしま
うようなことがあればもったいないと思う
のです。

 

行かなきゃ付き合いが悪いと思われるかな..
.と目先のものさしに惑わされ、断り下手
だった私も(しかも帰りたいのに言い出せ
ず、結局最後の方までいることも(笑))
無理して会うのを辞めたことで、家に帰っ
てからぐったりして何もできない…とい
うことが無くなりました。
(その時間を自分の好きなことに使う方
がよっぽど有意義ですよね。)

 

 

また体調も良くなって生活がより豊かにな
る方もいれば、リバウンドを繰り返したり、
豊かになるどころかそれに支配されて苦し
む方もいるダイエット。

 

これも枝葉と根元、進む方向の違いから得
られる成果が変わってきます。

体重をとにかく減らそうと、極端な食事制
限や過剰な運動、ダイエット食品や○○ダ
イエットといった単品を摂り続けるものだ
と、一時的に体重が落ちたとしても、偏っ
た栄養や筋肉疲労で身体が冷え、基礎代謝
が落ちることで健康から遠ざかり、痩せに
くくなります。

せっかく痩せるのであれば、落とした後も
楽にその状態を維持できた方が良いに決ま
っていますが、目先の数値を基準にするあ
まり、反対にどんどん太りやすい身体づく
りをしてしまっているのです。

そして本当はコンプレックスを解消して、
人付き合いや自分のやりたいことを楽しん
で充実するはずだった生活が、頭の中は食
べ物や数値のことでいっぱいになり、かえ
ってコンプレックスが増え、人と距離がで
きていき、生きる楽しみから遠ざかってい
きます。

 

上手くダイエットを成功させている方は、
自分が本当に大切にしたいことを見失いま
せん。

 

自分が大切にしたいことを最優先に、その
残った余力で食事や運動に気を付け、しっ
かり熱(体温)を生みだせる代謝の良い身
体をつくり、ストレスに上手く対処して自
然と痩せやすい体質に改善していきます。

(ストレスホルモンのコルチゾールはしっ
かりと代謝を落としますので、どんなに食
事と運動に気を付けてもイライラしていて
は太ってしまうことさえあります。。。)

 

ダイエットが生きる目的、全てではなく、
自分が楽に生きられるようになるためのほ
んのおまけの一部分なのです。

 

ということが、摂食障害を得て私も良く分
かりました(笑)

人前で自信を持って笑えるようになりたか
ったのなら、ひとりで嘔吐して涙を流すの
ではなく、容姿に自信が持てなくても人と
つながることが大切です。

 

自分を好きになるために始めた努力だった
のなら、自分の好きなこと・素直な気持ち
を大切にして…身体や心を犠牲にするの
はとてももったいないです。

 

常に枯れた葉っぱを取り除くことに一生懸
命だった私ですが、一度根っこに栄養を与
える方法を覚えると、その後が本当に楽に
なりました。

 

最初は今までのやり方から方向転換するの
は怖いかもしれませんが、早ければ早いほ
どその後が楽に、一見遠まわりのようでも
最終的には近道だったことが後に必ず実感
できます。