しわが教えてくれる身体の正しい使い方

ここ最近、ご依頼を頂いた絵を3枚集中的に描いて
いました。

 

あまり器用ではないので、一度に色んなことを並行
して出来ず、ついそればっかりになってしまいます
が、もう少しバランス良くこなせる様にしたいなと
思う今日この頃です。。

 

 

ブログを始めて、心に関する話題が多かったので、
今日は身体のことについて。

 

 

私はヨガを習ったり、自己流で始めてから7年程で
すが、きちんと身体の正しい使い方を意識し始めた
のは、実は3年程前からです。

それまでは割とがむしゃらに、負担や故障なんて考
えることもなく、ただ動きまくっていました。

(若さと運動脅迫な所も相まって、負担をかけてい
る自覚無しに、無理も出来てしまいました。)

 

 

その影響で、膝を伸ばしすぎて過伸展に

過伸展:かしんてん という言葉も、身体の勉強
を始めるまで知らずにいました。。
名前の通り膝を伸ばした時、過度にまっすぐよりも
後ろに反ってしまう程、伸展した状態です。)

そんな膝まわりを伸ばし過ぎる分、股関節まわりが
上手く使えず腰に負担をかけたり、肋骨を前にばか
り開きすぎて変形させてしまったり。。。

 

今でも時間をかけて昔の癖を修正している最中です。

 

natural_beauty

 

“身体は資本”とも言いますが、日常生活に支障を
きたしてしまうようでは、負債になってしまいます。

 

身体の使い方の癖は、つい無意識に行ってしまう
【癖】なので、意識的に直そうとしないと直らない
ものですが、

この3年で最初は不自然だった『本来の負担になら
ない使い方』の練習を重ねていると、とても身体が
楽になるのが実感できました。

 

以前は身体の不調に振り回されている感じがありま
したが、今は意志をもって自分の身体を動かしてい
る感覚で、心と身体の足並みがだいぶ揃ってきた実
感があります。

それも無理に押さえつけて、コントロールをしよう
とするのではなく、本来の身体の機能に意識を沿わ
せ、仲良く平和な関係がようやく築けてきたような
フェアな意思の疎通です(?)

 

長年【頭】の都合で身体に無理をかけ続け、反発が
起きることも多かったのですが(笑)、身体の声を
無視した独裁はNGですね。。。

 

↓そんな過去も踏まえて行ったワークショップ
ー身体の声を聴く時間ー

拒食・過食・過食嘔吐イベント

 

今、もし身体に何らかの不調が出ているなら、それ
は身体にとって誤った使い方、望んでいない習慣や
無理なコントロールを繰り返しているからかもしれ
ません。

 

『癖』は自分ではなかなか気付けませんが、もしそ
れが誤った影響を与えている場合、身体の方から
“不調”となって教えてくれます。

 

それは身体の使い方だけではなく、

身体と心のつながりから、心の負担や考え方の癖な
どが身体の不調として出てくることもあります。

 

もし精神的に疲れていたら、無心に、できる範囲で
身体を労わってみたり、身体が疲れている時は、心
が安らぐ、楽しみを取り入れてみるなど、繋がりを
上手く利用すると、どちらの調子を崩した時でも回
復を早めるのに有効です◎

(身体と心のつながりについてはまた改めて

 

 

でも『身体の正しい使い方』と急に言われても、
何が良くて何が悪いのか、なかなか分かりづらいで
すよね。。

 

そこでひとつのヒントになるのが、

身体の ≪しわ≫

です。

 

 

今年は人の顔を描く機会が多かったのですが、
じっくり観察すると、「しわ」は本当に普段の動き
と連動していることが分かり、感動します(笑)

その人の生き方、人柄が出るというのも納得です。

 

そんな風に年齢を重ねてできるしわもあれば、
赤ちゃんの時から、良く動かす部分、関節のまわり
にはしわはあります。

この生まれつきのしわが、正しい動かし方の指標と
なってくれるのです。

 

 

例えば、先ほどの膝では、膝の裏側にしわがあり、
その部分で曲がるようになっています。

 

反対側のお皿側、左右の側面にはしわは無いため、
その方向には膝は曲がらない構造、曲げると負担が
かかる構造ということです。

なのに私はしわができない方向に動かし続けていた
ので、負担となっていたんですね。。。

 

膝で考えると当然過ぎて、しわはそこまで参考にな
らないかもしれませんが、足の指だとどうでしょうか。

 

足の指は、立った時の地面側、足裏側にしわがあります。

 

なので、裏側に拳をつくるように曲げる方向、足の
裏を縮める動きは構造的に問題ないのですが、
本来はしわの無い、反る方向に曲げると負担がかか
る仕組みです。

 

ハイヒールを履いている時は、まさにこの状態(本
来はしわがない場所に、しわを寄せてしまっている
状態)で、長時間その負担が続くと、その上の足首、
膝、腰、肩にまで影響が出てきます。

 

やむを得ずヒールを履いた後は、反対に本来曲げる
方向(足裏をギューと縮めて、指先、足の甲から足
首の前側をきちんと伸ばす)に正しく動かすことで
歪みや疲れがとれやすくなります。

 

足を高くした状態で行うと、老廃物も流れやすく
なお効果的◎

 

 

また、手も実際に行ってみると分かりやすいですが

人差し指だけを根元から曲げようとすると、本来の
手のひらのしわ(よく手相で見る横線)が崩れて、
手元に緊張が生まれますが、

他の指と合わせて、手のひらのしわを崩さないよう
に曲げると、指だけでなく、肘の方まで楽になる感
覚があると思います。

 

 

こんな風に本来からあるしわは、身体を故障しない
負担のかからない動きのためにあるものなのです。

しかし誤った使い方を長時間することで、本来は無
い部分にしわが出来てしまうこともあります。

 

 

例えば、首を前に傾けたストレートネックでいる姿
勢。。。長く続けていると首の正面にしわが出来て
しまいます。。。

 

また、猫背でいる時間が長いと、お腹にしわが出来
てしまったり、無表情でいると、重力によって口の
両端にほうれい線..マリオネットラインというしわ
が出来てしまうことも。。。

 

地球で暮らしていれば、どうしても重力は常にかか
ってしまうので、歳月が重なれば新たなしわが出来
るのも避けられませんが、そのしわを増やすのに
更に拍車をかけるのが“停滞”です。

 

“人の身体は動くように作られている”ので、
同じ姿勢で長時間いるのは、実はかなりの負担がか
かります。

 

 

もし、不自然な場所にしわが出来ていたら、負担が
かかる姿勢で長時間いるなど、思い当たる習慣はな
いでしょうか。

 

身体からの要注意サインとして、そのしわが伸びる
反対方向も含めまんべんなく動かしてあげると、
その負担となる癖や姿勢によって引き起こされてい
た思わぬ不調が改善することも十分期待できます。

 

新参者のしわも悪者にせず、身体からのメッセージ
として向き合ってみると、今より快適に過ごせるヒ
ントになるかもしれません◎

 

little_by_little-inteviam

 

関連:

足は冷えないひび割れないー【足】から【脚】のトラブルを解消するケア方法

立ち方・座り方・歩き方で身体は変わる