敏感肌と鈍感肌

 

「春はデトックスの季節」と言われるように、
寒さから身を守ろうと蓄えるモードだった身体が、
老廃物を外に排出するモードに切り替わります。

 

中医学では「肝」の働きが活性化すると考えられ、
自然界の植物と同じように成長・代謝機能が活性化
し、気や血液の循環が良くなる時期と言われています。

 

(※中医学における「肝」は「肝臓」のみを指すだ
けでなく、気や血の流れ、消化や水分代謝の促進、
精神バランスの調節といった全体の働きを指します)

 

はじめてのアシュタンガヨガ

 

寒い時期は内に温存するように働いていたエネル
ギーの流れが、外に外に出そうとするベクトルに
変化するので、

人によっては、普段は感じなかった感情が出てきた
り、アンバランスな感覚があったり、出していくこ
とがしんどく感じられたり。。。

冬の間には無かった身体の変化を感じている方もい
るかもしれません。

 

 

私も冬より元気に、活動的に過ごせていますが、
『肌』にも活発に赤みやかゆみが芽吹いています(笑)

 

 

最近は太ももに突如、湿疹が広がったのですが、
(元々アトピーなので、肌に出やすい)

「かゆいー、、、けど、春だから出したいんだよ
ね。。。しょうがない。。。」

といった湿疹との対話(?)をしながら、
かゆみを誘発する添加物などを控え、早めに寝ると…

眠っている間に出し切ってくれたのか、
起きた時には綺麗になっていました◎

 

 

その後手の甲だったり、顔だったり、背中だった
り。。。場所を変え、出てきては短期間ですぐに消
えるを繰り返しています。

(かまってちゃんみたい…笑)

 

 

今ではこんな風に表情豊かな肌ですが、大きく体調
を崩す以前は、何を食べても、寝ない日が続いても、
ストレスに上手く対応できなくても、

実は肌が荒れることはほとんどありませんでした。

 

ドーナツ屋さんでアルバイトをしていても、思春期
ニキビに悩まされることもなく、、、

摂食障害で一般的な“乱れた”では済まされないぐ
らいの派茶滅茶な食生活が続いた時期も、今思えば
何も起きなかったのが不思議なくらい、肌には影響
が無かったんです。

 

今は失われた『若さ』の力だったのかもしれません
が。。。(笑)

もしかしたら、その当時は“弱味を外に見せてはい
けない”と無意識の鎧をずっと着ているような生き
方だったので、外に出せない力が強く働いていたの
かなとも思ったりします。

(感情もあまり表に出せませんでした。)

 

そんな生活を続け、大きく心身のバランスを崩し、
それまでの氷河期には出せなかった、本心や感情が
外に溢れ揺さぶられる、嵐のような春が到来(笑)

 

内に内に押し込んで、溜め込んでいたものの
たがが外れたかのように…

しんどいくらいに、感情でも身体の不調でも、様々
な手段でのエネルギーの大放出が続きました。

 

その放つひとつの手段でもあった、摂食障害も落ち
着いて、食生活が整ってきた矢先、、、
不摂生の後遺症もあるのか、締めの毒出しとして(?)

一気に全身が“アトピー肌”になる事態へ…!

 

そんな肌の一大イベントを経て、アーユルヴェーダ
生活で 炎上 炎症がおさまると、
現在の内部で何かがあると、肌の表面に表れて教え
てくれる肌質に変わっていきました。

(改善法については、また改めて書いていきます)

 

 

当時アトピーを発症したのも4月。。今思えば、
最大のデトックスの年だったように感じます。

 

自分のやりたいことを大切にしようと、新しい職場
に勤めてしばらく経った頃だったのですが、当初の
話とは違うブラックな面が多く(笑)辞めることを
考えた矢先の出来事でした。

残業も多く、時折終電を逃すような生活も、身体や
肌の負担になっている自覚があったため、

そのアトピー発症に背中を押されるような形で退職。

 

カウアイ島での全米ヨガアライアンス取得&アーユ
ルヴェーダ合宿に飛び込み参加し

デトックス過程で、発熱やかゆみが強く出て辛い日
もありましたが、溜め込んでいたものをすべて出し
切り、綺麗さっぱりした肌と気持ちで帰国した、
怒涛の数か月でした(笑)

 

 

ちょうど古いものを手放し、新たな生活を始める転
機に、肌も一掃し、生まれ変わったような。。。

 

時には流れに身を任せてみて、

素直に出せるものは出しちゃった方が楽だというこ
とを、身も心も肌も一緒に学んだようです。

 

 

先日ヨガにいらっしゃった方で、

「身体が弱くて、体調を崩しやすく。。。
逆流性食道炎になってしまったり、ストレスやまわ
りの影響を受けやすい体質が嫌で。。。」

とお話ししてくださった方がいました。

 

 

確かに敏感で、外の影響を受けやすいのは、損に感
じることもありますよね。

 

私もアトピー発症後は、肌が繊細になってしまった
部分もあり、、それまで平気で飲めていたお酒を飲
むとじんましんが出るようになったり、服の素材で
かぶれたりと、影響が出やすくなることで少し気を
遣います。

ですが身体が色々と教えてくれることで、より自分
にとって心地よい選択を大切に出来るようになり、
敏感肌になってかえって良かった面もあると思って
いることをお話ししました。

 

無頓着だった食事も服の素材も(笑)気遣ってみる
と、断然身体が快適で、楽に過ごせることを発見し
より心地よい生活を始めるきっかけになりました。

 

人と会う時に肌が荒れていると、
「前は丈夫で、こんなことは無かったのに…」
なんて思うこともありますが、

結局“人に良く見られようとしている”自分の心理
に気付き、小さなプライドを笑って捨てることにし
ています(笑)

(そもそも人って、そんなに人のことを見ていなか
ったりするんですよね。。。)

 

 

食道炎などの炎症も、起きないに越したことはあり
ませんが、それが生活を見直すきっかけになる良い
面もありますし、
違和感を感じにくい方は逆に元気にやり過ごせてし
まう分、もっと進行した後にガクッと大きく調子を
崩すことになるかもしれません。

 

 

不調が表れやすい敏感な体質も、無理ができてしま
う鈍感な体質も、どちらも良い面があり、優劣は無
いと思います。

 

 

最近も何となく「免疫力が強ければ強いほど良い」
といった風潮もありますが、

免疫も弱いと風邪などをひきやすくなる一方、
過剰に免疫細胞が働いてしまっても、なんでも異物
として攻撃し、アレルギー反応が起きてしまうので、
強ければ強いほど良いとは言えません。

やはり自分にとって、ベストなバランスを保てるの
が一番です。

 

季節の変わり目は特に、体質によって普段との違い
も感じやすいですが、元々のバランスが違うまわり
の人と比べるよりも、個人的な変化に目を向けて整
えていきたいですね◎