厳しいようでゆるいシンガポール

 

先週、結婚して現地で暮らす友人に会いに
シンガポールに行ってきました。

 

シンガポールに行くのは今回が初めてで、
なんとなくメディアで見たり、言った人の
話を聞いて、やんわりとしたイメージはあ
ったのですが、やはり実際に行ってみると
想像とは違うもの。

 

元々観光地を巡るより地元の生活を覗いて
みたい欲があり、天空プールのあるマリー
ナ・ベイ・サンズ周辺にはあまり立ち寄ら
ず、ローカルな路地を歩くことが多かった
からかもしれませんが、色んな国が混ざり
合う独特な文化が面白かったです。

 

 

監視カメラが多く、罰金制度も厳しいと聞
いていましたが、やはりどんなに長時間で
も電車やバス、駅のホームでのささいな飲
食も禁止には驚きました。。

(気温が高いので、移動中ペットボトルの
水分も取れないのは結構きつかったです。
一度駅ホームでボトルを持っていたところ
を注意されたのですが、指差された看板に
は、“罰金約4万円”の文字が…(!))

 

一方で、車内での携帯電話の使用・通話は、
全く問題なく、沢山の人が一人で話してい
る不思議な光景がみられました。

 

そしてエスカレーターが、ちょっとしたア
トラクションのように早い…!

 

また、美味しいラクサ屋さんの店内には、
1個で十分全体が移りそうな所に、10個ほ
ど監視カメラが設置されていたり(謎)

 

 

道行く車の運転は荒く、バスやタクシーに
乗っているとなかなかヒヤッとするのです
が、歩行者優先度具合は、なんとも穏やか
で優しい所もあります。

 

そして公共の施設では、とにかく禁煙、ご
みのポイ捨てへの罰金も厳しいですが、意
外と小さな路地では、歩きたばこや吸い殻
の散乱も多かったです。。。

 

国と住民の温度差を感じつつ、厳しいよう
で、ゆるいような。。。これもきっと価値
観の違いで、徹底している部分以外は、割
と気にしない人が多い印象です。

 

 

反対にシンガポールで生まれ育った人が日
本を訪れた時は、「信じられない!」と思
うことも沢山あるんでしょうね。

やはりこういった異文化を肌で感じると、
今までごく当たり前だと思っていた自分自
身の思い込みに気付けます。

 

 

そういった思い込みや価値観を意識する機
会があると、自分のものの見方や大事にし
たいことが再確認できるので、楽しみなが
らそれができる旅は、改めてありがたいな
ぁと感じました。

 

(友人宅の人懐っこく向かってくる猫ちゃん笑)

 

最近は一人旅も多かったですが、今回は現
地で友人と、今までは話さなかったような
深い話もできました。

 

日本から一緒に旅行に行っても、おそらく
環境が変わるだけで、いつも通りの関係だ
ったと思うので、異国でたくましく生活す
る友人の姿を見れたからこそ、新たな面を
知り、ますます魅力を再発見できたのだと
思います。

 

 

なかなか会えない距離にいても、ふらっと
会いたくなる人がいたら、これからも会い
に行くべきだなと実感しました。

 

 

今回、行きはマレーシア、帰りはタイ経由
のAir Asia便で向かい、お安いなりにシー
トはコンパクトで、飲食物の持ち込み禁止
(機内有料販売以外NG..)、ブランケット
も事前申込・有料でしたが(レッグウォー
マー・インナーの重ね着で乗り切りまし
た)着いてしまえばあっという間です。

 

 

前回の「始まれば必ず終わる」の話でも言
えますが、なんとなく会いたいなーと思っ
ているだけだと何も始まりませんが、行こ
うと決めて、準備を始めてしまえば、とん
とんと事が進み、気付けば会えていて、い
つのまにか楽しい時間も終わり、家に帰っ
て来ているのです…。

 

そう思うと、しばらく会っていなくて少し
緊張する人も、約束した時には会いたいと
思っていたのに、いまいち今日は調子が悪
く気が乗らない時も、会ってしまえばそれ
までとは違う時間が始まって、その時間も
あっという間に過ぎてしまうので、気負わ
ず会ってみると良いんですよね。。。

 

ちなみに私は心身が弱っていた頃、これが
出来ず、友人とも距離を置いてしまいまし
た。

 

ですがいつからでも、自分が会おうとすれ
ば会えるようになりますし、現に自分から
誘うことが苦手だったビビリな私でさえ、
海を渡ってシンガポールにまで友人を訪ね
てしまうようになったので、後からいくら
でも何とかなります。

 

 

なんだかシンガポールの話なのか、旅や友
人の魅力の話なのかよく分からなくなって
しまいましたが(笑)、、

 

私は本来は同じ時期に咲くことの無いお花
が綺麗に整えられているマリーナ・ベイの
植物園より、屋外でのびのびと植物が育っ
ていたボタニックガーデンの方が、やはり
自然で好きだなと感じました。

(もちろんガーデンズ・バイ・ザ・ベイも
珍しい植物が見れて、面白かったです)

 

 

同じように言葉に対しても、表面上で綺麗
にまとめるようなことより、やはり偽りの
ない自然な形で文章にしていきたいと、改
めて感じている今日この頃です。

 

にしても、まとまらなさすぎですが…
ここで飾るのもやめておきます(笑)