新しい年なんて迎えたくない

11月から12月に移るのと同じはずなのに、
年が変わるとなると、月の替わりに特別な何かを感じます。

 

早いもので、もう年末になってしまいましたね。

 

 

タイトルは、5年前までの私の叫びです。(笑)

 

 

 

また今年も生きてしまった… とか、
何も変わらないまま1年が… と

焦りや自己嫌悪、絶望感で、かつてはまわりのおめ
でたいムードとは逆に、いつも以上に気持ちが沈ん
でいた年末年始。。。(笑)

 

ここ数年はようやく1年を振り返って、来年の目標
を考えられるようになりました。

 

1年も生きる気がない、そんな気力も湧かない人に
とって、来年の抱負を当たり前の様に考えさせられ
るのは、少し苦しいものがあると思います。

 

現に私も小学生の頃から、冬休みの宿題では優等生
な回答をしながら、内心は「地球の終わりはいつに
なったらくるんだろう。。」と真っ黒い淡い願いを
毎年心に秘めていました。。

 

「来年は○○を頑張ります!!!」

年末年始はなんとなく浮足立ったムードもあって、
そんなまわりと温度差があると、

「前向きになれないのは、やっぱり悪いことなのか
な…。」と気にしてしまう方もいるかもしれませんが

そんな空気にも、静かな抱負の強要(?)にも
きっと合わせる必要は、全くないと思います。

 

 

目標は別に先月でも、来月でも、夏でも、3年後で
も。。。たてたくなったら自然に出来るもの。

突き動かされるようなものとの出会いや、意志が芽
生えるタイミングは人それぞれで、

元旦だからと無理にポジティブ思考になったり、自
分の気持ちに嘘をついたりする必要はないはずです。

 

 

世間には「新年のスタートが肝心!」といった空気
も流れますが、どんなに気持ちが焦っても、
ガス欠状態では、エンジンがかかってくれません。

 

1年先のことを考えられるようになってから実感し
ていることですが、

「今」になにか“楽しみ”や“満足感”がないと

動く元気もなければ、その延長の未来にも、目指
したいものが生まれてきてはくれないようです。

 

 

「もう、なにもしたくない・・・」
「明日が来るのも嫌・・・」

そんな頃は、とにかく「このままじゃダメだ」と
ばかり、常に何かが足りないと感じ、満ち足りる充
実感も楽しむ余裕もありませんでした。

 

そして「このままではいけない」と否定はする一方

「じゃあどうしたいのか」

前向きなやりたいことは思い浮かばず、

今思えば「今のままではいけない」と責め立てられ
るような現実から、ただ逃げたい一心でした。

 

 

そんな状況から逃げだすには、「今」に“楽しみ”
や“満たされるもの”を見つけるしかありません。

 

 

「これで、良いんだな。」
「今日はすごく充実した時間を過ごせた。」

自分をそんな風に満たすことができなければ、
「こんなんじゃいけない」否定攻撃はいつまででも
容赦なく続きます…(涙)

 

(※そして、ずっと否定攻撃ばかりしていると疲れ
て、行動する元気もなくなってしまう悪循環…)

 

未来の抱負どころじゃなかった私も(笑)、今でも
全てに満足できているわけではありませんが

少しづつでも「これができて良かったな」と思える
時間を増やしていくことで、

その生きる疲労感が減り、次第にもう1年頑張れそ
うな感覚に変化していきました。

 

 

今楽しんでいることがあれば、その先もそれを楽し
みたいと、自分のやりたい事も見えてきますが、

今を嫌々過ごす中で、その先どうしたいかを見つけ
るのは、なかなか難しいと感じます。

全てが完璧じゃなくても、プラスに充実した出来事
に目を向けて、現状を【全否定】のところから⇒
ある程度認めたり、楽しめる気持ちが無いと、延長
線のその先のことを、前向きに見れないんじゃない
かと思うのです。

 

「○○する自分をやめたい」

という目標も、一見前を向いているようですが、
現状を否定していることには変わりないため、

元気を奪い、疲労や反動も起きやすく、前進という
よりは、やはり自分の抑圧した影に追われる形に
なってしまいます。

否定ではなく、肯定を増やしていく方が気持ちが満
たされ、心が安定していくため、嫌な習慣に振り回
されることが無くなっていくんですよね。。

 

例えば。。。

「○○する自分をやめたい」

↓の代わりに↓

「肯定できる時間を増やす」
「自分をいたわる時間を15分でもつくる」
「習い事に行く習慣をつくる」
「料理にひと手間加えてみる」
「お気に入りの場所で読書をして、視野を広げる」

ets…否定・排除することより、能動的なプラスの
行動を足していく方が満足感が得られます◎

 

 

もし今、新しい年なんて迎えたくないと憂鬱だった
り、未来を前向きに考えられないなら、

まずは「今」の居心地の良さについて
見直すことをおすすめします。

 

無理矢理、自分の気持ちに嘘をつかなくても、まわ
りのペースに合わせなくても、

「今の感じも、悪くないかな」と思えることが増え
ると、まわりを見る余裕ができ、興味を持てるもの
やってみようかなという気持ちが、自然に湧いてき
ます。

 

私も、身も心も荒れ狂っていた時は、ヨガや絵を描
く所じゃなかったので、これは実証済みです(笑)

まずは今に落ち着いて居れないと、他に目を向ける
エネルギーや、集中力が続きません。。。

 

明日、1ヶ月後、1年後、どこで何がどうなるかは誰
にも分かりませんが、まずは普段、穏やかな時間を
積み重ねていれば、必要な時に力が湧いてくるはず
です◎

 

関連

安全な居場所がなければ、なかなか負の空回りから抜け出せない【自律神経と安全】

ダイエットが苦しい時に、確認したいこと