頑張る目的は何?

我慢しなくて良いよと言われて、

我慢なんてしなくても良いなら、とっくに
していない。
しなくちゃいけないから辛いんじゃない
か!と思う方もいるかもしれません。

 

 

確かに少し躊躇してしまうこと、苦手なこ
とをすべて避けてばかりでは、成長したり
自立して生きていくことは難しくなります。

 

 

ただ、自分にとって負荷がかかるものを考
えた時、実を結ぶことのない苦痛なだけの
我慢と、最初は辛くても慣れれば負荷だと
感じなくなるものや、大変だけど自分の喜
びや成長の為に努力できることがあります。

 

 

同じ「耐える」でも、自分を犠牲にするも
のと、自分への投資のために行うものは違
います。

一見同じように見えて、前者は「我慢」、
後者は「努力」という言葉に置き換えられ
る、別物なのです。

 

 

例えば陸上競技に打ち込んでいる人で、親
の期待に応えたり、周囲からの評価のため
に頑張る場合、練習は我慢して行う辛いも
のになります。

良い結果が出せると、その一瞬は達成感が
味わえますが、評価が落ちないよう次も結
果を出さなければと、すぐに不安に追われ
ます。

また外からの評価のために行っているので、
そのことに対して褒められなかったり、得
たい反応が返ってこなかったりすると、こ
んなに頑張ったのに…と怒りや悲しみを
感じることもあれば、まだ我慢が足りない
と自分を認めることも出来ません。

そして失敗を恐れ、一度失敗してしまうと、
また周囲をがっかりさせるのではないかと
不安で、前に進むのが怖くなったり、積み
上げてきた評価が一気に崩れたと感じて、
続けるモチベーションを失うこともありま
す。

 

 

それに対して純粋に走ることが好きで、も
っと上達したいという人は、ハードな練習
も自分の進化の為に乗り越えたり、その過
程も楽しんで努力することが出来ます。

良い結果が出せれば、一時の達成感だけで
なく、今まで行ってきたことに充実感を覚
え、自信にもつながります。

また自分がやりたいと思ったことをサポー
トしてくれる人に感謝し、信頼関係を築く
ことが出来ます。

そして成長の為に様々な方法を試し、失敗
をしながら成功の糧にしていくので、結果
に左右されず、情熱を持って続けることが
出来るのです。

 

 

 

これは一つの例ですが、こうして見ると無
理をして行うことに対しては、余計なエネ
ルギーがかかる上に、自分も人も幸せにな
らない事が分かります。

 

事実、以前の私も我慢も努力もごっちゃに
考え、与えられたことをがむしゃらに頑張
っていましたが、自信がつくどころかどん
どん自分が嫌になり、結局人に迷惑をかけ
ることにもなりました…。

 

 

 

そんな失敗を繰り返しながらも、自分の活
かし方を学ぶ場所に出会い、次第に我慢を
手放す生き方を模索していきます。

努力を楽しめるようになるために、まずは
好きなこと・得意なことを大切にしました。

 

子どもの頃を思い返してみると、運動神経
の良い子や歌が上手い子は、それが自然と
出来ていて、楽しんでいたから上達も早か
った感じがあるのではないでしょうか。

 

嫌々ではなくすんなり出来ることは、自分
にとって当たり前すぎて、得意なことだと
気づいていない事も少なくありません。
また色々経験してみなければ、気付けない
こともあります。

 

不要な我慢をやめるには、反対のごく自然
で心地良い、好きなことを探そうとするだ
けでも、自分のために努力する第一歩です。

 

 

また我慢していることに対して、よくよく
考えてみると、誰かに強要された訳でもな
く、自分で我慢しなくてはと思い込んでい
たことに、気づく場合があります。

なぜ、わざわざ本当は嫌だと思う我慢を自
ら課そうと思ったのか、裏に隠された自分
の思考も紐解いていきました。

 

無意識のうちに、楽しく生きることを、自
分が認めていなかったことに気づいたり、
思わぬ自分の思考が見えてきます。
そしてそれが無意味だと自覚できれば、も
う我慢する必要は無くなるのです。

 

 

 

誰かのため(だと思っていた)我慢がパン
クして、自分も他人も苦しめないよう、し
んどいと感じるのは、チャンスです。