身体と心はつながっている

 

先日のヨガニードラは、この1年を振り返り、
この先大切にしたいことなどを、各々ご自身に問い
かける内容でした◎

 

フィードバックを聞くと、本当におひとりおひとり
違う形で、身体に様々な反応が表れています。

 

身体の一部や全体がぽかぽかしてきたり、重たくな
る感じや、気になる部分からあるイメージや記憶、
感情が浮かんできたり…

その時にハッとその意味に気付くこともあれば、
後からつながることもあり、身体はあらゆる手段を
使って、表層に様々な情報を教えてくれていること
を日々実感しています。

 

 

『心と身体はつながっている』

聞いたことはあっても、そんな気がするだけなんじ
ゃ…と感じる方も多いかと思います。

 

 

身体を動かすと、なんとなくスッキリするような気
がしたり、落ち込むようなことがあってもぐっすり
眠った翌日は少し気持ちが楽に、冷静になれたり(
逆に眠れなくなり、メンタルが身体に支障をきたす
パターンも…)、心配事があると、お腹や胃のあた
りが痛くなる ets…

 

こんな風に、「身体」の変化が「心」の方にも表れ
たり、「心」の状態が「身体」の反応として表れた
経験は、誰もが一度はあるのではないでしょうか。

 

それは偶然…ではなく、神経や伝達物質、脳波や筋
肉などの仕組み、内臓などのつながりから、近年は
根拠があって起きている現象だと言われるようにな
ってきました。

 

 

その中でも特に、心と身体をつなぐ役割を持ち、
それぞれと連動して働いているもののひとつが

『自律神経』です。

 

 

『自律神経』とは、人が生きていくために、内臓や
呼吸、体温調節や血液の循環などを、無意識のうち
にオン・オフの切替調節してくれている神経です。

 

一般的に、

活動的にアクセルを踏むような役割の『交感神経』と、

休息のブレーキをかけてスローダウンする
『副交感神経』

2種類の働きがよく知られています。

 

どちらが良い、悪いもなく、両方の作用がバランス
良く働くことで、身体のスムーズな働きが保たれて
いる、どちらも大事で必要不可欠な役割です。

 

自律神経については奥が深いのでまた改めて触れま
すが、この神経は心や身体の状態の影響をダイレク
トに受けやすく、結果「身体」の刺激が「心」に、
もしくは「心」の動きが「身体」の変化として、
自律神経を介して表れることが多くあります。

 

 

関連して、よく身体の不調の原因として挙げられる

「ストレス」。

 

 

しかし厳密には「ストレス」が直接的な不調の原因
となっているわけではなく、

外からのストレスに対しての“「心」の反応”が、
自律神経を通して、身体に起こる影響の決め手とな
っています。

 

同じ状況下でも、それをストレスと感じる人と、ス
トレスにならない人がいますよね。。

 

その違いは、ストレス自体にあるわけではなく、
そのストレスに対してどんな反応をし、どんな風に
捉えて対処するかで、結果が変わってくるのです。

 

 

我慢ばかりしていて心が疲れていたり、実際はそう
ではない事実もネガティブにとらえて、抱え込んで
しまう癖があったり…

そんな心の働きから、胃の不調や不眠などの身体に
症状が出ている場合、いくら胃薬や睡眠薬で外から
不調を一時的に抑えても、環境を変えても

同じようなストレスがかかれば、慢性的に繰り返し
てしまうことも。。。

 

 

先日のヨガニードラを“ストレスマネジメントの場”
として活用していると話してくださった方もいまし
たが、自分なりの対処法を持っておくと、ストレス
に大きく振り回されることがなくなります◎

 

 

こんなにデリケートに心身が関係しあうことを知る
と、身体にも気を遣って、心もいつも前向きでいな
きゃいけないような…プレッシャーに感じてしまう
方もいるかもしれませんが、、

それはとても無理ですし、神経質に気にしすぎると
返ってそれがストレスになり良くありません(笑)

 

こんな影響し合うことを書いておいてなんですが…
実は、総じて『大丈夫』なんです。

 

外からどんなに大きな刺激を受けたり、心が揺れ動
いたとしても、人にはバランスをとる力が、元々誰
にでも備わっています。(※恒常性)

 

問題は、にもかかわらず“頭の都合で複雑に考えて
どんどんややこしくしてしまう”こと。。

 

頭でコントロールできるのは本当に微々たるもので
自然には逆らえないのです。

 

 

もし、今「身体」と「心」のバランスがお互いに
上手く取りあえていない感覚がある方は、

身体の本能的な反応や、正直な心の気持ちに蓋をし
てしまっていないでしょうか。

 

 

本当は嫌だと思っているのに、頭の都合で身体の為
にしている(と思い込んでいる)、

ネガティブな気持ちを押し殺して、本心に嘘をつく
など、自然の摂理に逆らえば逆らう程、

必ず反動が起こります。

 

 

上手くいっていない時ほど、シンプルに。

 

解決の糸口は、難しく考えることで ないがしろに
しがちな正直な「身体」や「心」の本音に隠れてい
ることが多くあります。

 

 

身体が弱っていたり、疲れている時は、
その声に従って体を休めながら、ぼんやり気持ち
の変化を振り返ってみる、、

逆に精神的に参ってしまい何も考えたくない時は
それに従って気分転換に歩いたり、無心にヨガで
頭を空っぽに、身体をほぐしてみる、、など

繋がっているからこそ、臨機応変に出来ることがあ
り、無理なくどちらかを癒す過程で、本当に求めて
いたことに気付ける場合もあります。

 

身体も心も、それをつなぐ神経も、
元から“動き”の中で働くようにデザインされていて
“停滞”することには適していません。

 

もし行き詰っている問題があったら、心から身体へ
アプローチの方向を変えてみたり、今までにない刺
激、行動を起こしてみると、思いがけず良い方向に
動き出すこともあります。

 

考えすぎて動けなくなってしまったら、一旦その場
を離れて、純粋に楽しめること、直感や好奇心に従
って冒険してみる、無心に身体に意識を向けること
や、非日常なアートに触れて心を動かしてみるのも
好転のきっかけになるかもしれません◎

 

 

関連:

誰にだって感情はあるー【望診法】で身も心もデトックスー

衝撃の…食物アレルギー検査結果…!

安全な居場所がなければ、なかなか負の空回りから抜け出せない【自律神経と安全】

ダイエットが苦しい時に、確認したいこと

どうせ頑張るなら一石十鳥