慣れれば怖くない《ジェットコースター克服》三重の旅

スタジオに暖房を入れる寒い日も増えてきました。

自己流の天気予報を割と外して風邪気味のため、
毎日ネギ湯を飲んでいます(笑)

風邪のひき始めに一番効くようですが、身体がポカ
ポカして呼吸が楽になるので、薬にアレルギーのあ
る方にもおすすめです◎

 

 

話は変わって先週、三重一人旅に行ってきました。

伊勢神宮をはじめ、見たい景色は色々考えましたが
今回の一番の目的は、

 

「ナガシマスパーランド」の

“スチールドラゴン2000(※)”

に乗れるようになること

 

(↑スチールドラゴン2000 出典:公式サイト

 

(※)公式HPによると…スチールドラゴン2000は

 

【ギネス世界記録】

 

コース全長2,479m

(現在:世界1位)

世界一のスケール! およそ3分30秒もの脅威の乗車時間を誇るモンスターマシン!

 

☆最高部高さ97m

(現在:日本1位)

日本一の高さ97mから約68度の傾斜を急降下!体感はほぼ真っ逆さま!!

 

☆最大落差93.5m

(現在:日本1位)

最高点から地上までの急降下では、約3.5Gの荷重が!!

 

☆最高速度153km/h

(現在:日本2位)

この超スピードでセカンドドロップへ!無重力体験を味わえます!

(ナガシマスパーランド公式サイトより引用)

 

 

あのギネスワールドレコーズにも認定されている
世界一のスケールなのです◎

 

割と人に話すとふざけているように思われがちです
が、ガチで昨年から思い続けていた、本気度の高い
目標でした。

 

 

私はいわゆる絶叫系の乗り物が苦手で、
ディズニーランドのスプラッシュマウンテンも
出来ることなら乗りたくないレベル。。

 

今まで、ジェットコースターに乗れたら楽しいのに
な。。と憧れはあったのですが、

別に乗れなくても困らないし。。と
なんとなく恐怖心から避けてしまっていたのです。

 

ですが近年、スピリチュアルな不思議体験に出くわ
したものの、自分の高所やスピード感に対する恐怖
心でその体験を楽しめず、悔しい気持ちになった
出来事がありました。

 

それまでさほど困らなくても、強く感情が揺さぶら
れると人間動き出すもので(笑)

『ジェットコースター克服!!』のスイッチが入っ
たんです。

 

(↑スチールドラゴン2000 出典:公式サイト

 

克服を決意した時は「恐怖心」について、
ちょうど勉強している最中。

 

教わった【恐怖】に対しての見方・向き合い方を
実生活で試しながら、小さな成功体験を重ねていた
延長で、今回も実験をするようなワクワクした
気持ちで挑みました◎

 

 

結果は、というと。。。

 

 

克服 大成功です!

 

 

(途中ガラ空きの遊園地で、1人泣いたけれど 笑)

 

 

ジェットコースターへの恐怖心は消え、やっとこの
歳で楽しさにはまり、、今は富士急ハイランドが
気になって夜も眠れません(笑)

 

道のりは順調(?)でしたが、はじめはファンタ
ジーな乗り物に涙しながらのスタート・・・そんな克
服経過はまた詳しく書きます。(⇒過程の記事

 

 

今回はジェットコースターという非日常的な対象で
すが、【恐怖】の対象が日常生活に関わりの深いも
のだと、毎日息苦しさを感じたり、行動を制限され
て困ることもありますよね…。

 

例えば、
「対人恐怖」や「赤面恐怖」、電車や人ごみでパニ
ック発作を経験し、また起きるかもしれないと不安
になる「広場恐怖」、

過去のトラウマからある特定の「動物」や、「閉所
恐怖」などの環境に対するものまで…生活に支障を
きたすものは様々あります。

 

 

実際に私も「対人恐怖」や「赤面恐怖」に悩んだ
過去があります。

 

小学生の頃、始めは人前で話す時だけだった“赤面
してしまうこと”に対し、先生から「みんなはそう
ならないのを見てごらん。あなただけ、おかしい
よ?」と注意され、

「また赤くなったらどうしよう・・・。」

と、自分の中で恐怖心を増殖させてしまいました。

 

すると赤面症はますます悪化し、日常の会話にも
影響していた時期があります。

 

人とも上手な距離感をとることが難しく、苦手意識
から、構えれば構えるほどエネルギーを消耗し、
学校や職場から帰るとぐったり疲れて、動けなくな
ってしまう、、なんてこともよくありました。

関連記事:誰にでも感情はある

 

 

また、追いかけられて噛まれたトラウマから、犬に
対しても恐怖心を持っていて、ヘッドスパを行って
いた美容室の看板犬との出会いで無事克服できたの
ですが、それまでは道で遭遇したら、出来るだけ離
れて息を止めて通り過ぎようとしていました(笑)

 

 

そういった生活に関わるさまざまなものに対しての
『恐怖』がなくなっていくと、

身構えることが減り、体感的にものすごく楽ですし
行動の制限がはずれていくので、環境や体験できる
出来事も、大きく拓けたことを実感します。

 

今では身軽にできることも、以前は重たい鎧を付け
完全武装で戦場に立ち向かって行くような感覚だっ
たので、些細なことがものすごく重労力でした…

 

aftereffect-eatingdisorder

 

ただ、こうして書いていますが、

『恐怖』は決して悪者ではなく、自分の身を守るた
めに、人間なら誰しも起こる防衛反応 です。

 

 

ケガや事故など、人は恐怖心を感じるからこそ
慎重になり、身の危険を防いでくれます。

ですが、本来は必要のない所で『恐怖心』により
ブレーキがかかり、行動を制限されてしまうのは
すごくもったいないし、苦しいですよね。

 

 

もし今、自分の足を引っ張っているように感じる恐
怖があるなら、それは“元々は自分の身を守るため
に生まれた”本能の働きによる自己防衛反応で、

できてしまったことは“仕方がなかった”ことを認め
無意味に自分を責めることをやめましょう。

 

適切な方法で段階を踏み、恐れなくても良いことを
身体で覚えてしまえば、恐怖心は無くなります。

 

 

頭ではなく“身体”で、

身体が安心すれば、反応は必ず変わります。

次回、もう少し『恐怖心』について
詳しく書いてみますね。

 

 

(続き)【恐れ・恐怖の正体】身動きをとれなくさせる”こわいもの”とは

 

ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー前編

ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー後編