誰にだって感情はある【望診法】で身も心もデトックス

春を良いことに(?)微妙にいつもに増して毒を吐
いています(笑)

 

元々綺麗な生き方をしてきた訳ではないので、私は
いわゆる綺麗ごとで生きられず、けっこう毒舌要素
が備わっているんです(笑)

 

今でこそ笑ってこんなことが言えますが、実は
子どもの頃から生きづらさがピークに達するまで、
どんなに中が黒くどろどろしたおぞましい状態でも
表面は無毒の良い人っぽくふるまっていました。

 

何が楽しいのかも分からないままニコニコして、
家に帰るとドッと疲れて動けない。。。

今、客観的に見ればギャグのような話ですが、そん
な毒出しをしない溜め込み生活を、無意識に真剣に
続けていたのが恐ろしいところです・・・。

 

一度その生活で破綻を経験し..もう“ハリボテの良い
人”を続けられなくなりました。

 

素をさらけ出すことを徐々に気にしなくなり(場面
によっては多少忖度が必要な時もあるけれど…)

その方が健全で、よっぽど無理して良い人でいよう
とするより心はクリアに、綺麗に保てることが
分かったんです。

 

 

個人的なイメージですが。。。

心は元々無色透明の水のようなもので、感情によっ
てその時々に湧き出てきた色をきちんと筆にとり、
外に出していけば濁ることはないけれど、、

外の真っ白なキャンバスを汚すことを恐れ、色をか
き消すように中を濁していると、水はグレーになっ
ていくばかり…

 

そしてそんな不透明な水の中では、それぞれの色、
個別の感情がいっしょくたになり、違いも変化も
分からなくなってしまいます

 

 

確かに常時ネガティブな事ばかりを口にするのは、
その部分にばかり目を向けて、他の喜怒哀楽を味わ
えない面でも良くありませんが、

「嬉しい」「楽しい」「綺麗」といったポジティブ
な事だけが良くて、ネガティブな事は“悪”と隠した
り、蓋をしてしまうと

 

行き場を失った『毒』は圧縮されてどんどん溜まり
心がよどんでいく気がしませんか。。。

 

私も性に合わずに綺麗に生きようとして(笑)
嘘の笑顔でごまかしていたら、月日を重ねるうちに
どんどん心が濁り、その不透明な中で自分の本心や
感情が見えなくなってしまったんです。

 

今でも、もう少し素直になれたらと思うのですが
(?)もともと自分の気持ちや感情を表に出すのが
とても苦手な人間でした。

 

幼い頃、感情的な人が身近にいる環境で、ビクビク
していたこともあってか、自分が“刺激剤”となって
まわりの人の気持ちが変化することを極度に恐れ、

自由な喜怒哀楽よりも、こわばりや緊張が表面を
覆い、支配していました。

 

それを無意識でやっていたので、自分の本心や感情
が分からず、自らを『心』が無い、空虚で冷酷な人
間なのかと疑ったりもしました。

 

ですが、単に感情を感じるセンサーや、表現する
回路が鈍っていただけで、、、

思わぬかたちで爆発して、心を覆っていた張りぼて
が壊れた時、当時の私にもしっかり色んな気持ちや
感情があったことに気付けたんです。


(冷静に考えれば、感情の無いロボットの様な人間
だったら、鬱や自己破壊、摂食障害のような、
人くさいことはしないですよね(笑))

 

 


表現の仕方やどんなことに反応するかに大きな個人
差はあっても、誰にでも感情は同じ位のエネルギー
で備わっていると考えています。

 

その感情も、抑圧を続けて扱いに不慣れだった
当初は、なかなか分かりませんでした。

 

 

そんな時、ヒントをくれたのが『身体の状態』です。

 

 

過敏性腸炎や不眠の悪化、無月経や不自然にある
部分だけ痛くなったり、しこりが出来たり、

前回も少し触れましたが、肌に「毒を出して…!」
と言わんばかりに、発疹が出たりもしました。

 

面白いことに、はっ…!と抑圧したり、見ないよう
にしていた気持ちに気付くと、

その直後に、何をしても良くならなかった頑固なそ
れらの異常がすんなりと消える、なんてことも多い
んですよね。

 

 

マクロビオティックの考え方のひとつに

「望診法」(ぼうしんほう)

という、顔や身体の状態や肌の状態から、
内臓や健康状態を診る方法があります。

 

 

望診法は、元々漢方などの東洋医学の考えから、不
調が出ている部分から、どんな食べ物を控えたり補
った方が良いのか、生活習慣や食のバランスをとる
ために使われることが多いですが、自分の内面を知
るヒントとして参考になることもあります。

 

陰陽五行(いんようごぎょう)では、感情とそれぞ
れの感情に特に関わりのある内臓や感覚器官などが
まとめられています。

 

それらがさらに色や味覚、自然界など、とつながり
。。。ここでは書ききれない壮大な話になっていく
のですが、

そのほんの一部の、入り口の感情と身体のつながり
を少し知っておくだけでも、身体に違和感のある場
所から抑圧している感情エネルギーに気付く手掛か
りになるかもしれないので、簡単に紹介します。

(※感情別です。)

 

 

【怒り】

「肝」と繋がりがあり、肝臓や胆のう・自律神経な
どに特に関わりがあります。

 

【イライラ】や【攻撃的】で落ち着かず、自律神経
が乱れてくると鬱っぽさや、決断が難しくなり
【優柔不断】でショックを引きずる影響も。

◆目の疲れ・充血・筋肉の張り・固太り・爪が弱る
アザが残りやすい

 

⇒ 何かに『執着』していないでしょうか?

 

無意識の『怒り』に気付き、解消するヒントとして
。。プライドや見栄、人や物への執着から、やたら
気になって目についてしまうこと、そして視野を狭
めてしまっていないか、振り返ってみます。

 

もし、思い当たることが合ったら「何が何でも」か
ら離れ、時には「なるようになる」に身を任せてみ
ると、心が軽くなるかもしれません。

 

『怒り』自分の思い通りにならない時、思いとは
裏腹に嫌なこと・してほしくないことが起きた時に
起こる感情ですが、「こうあるべき!」を手放すと
ぐっとこらえるよりも楽に、怒りを解放できること
があります。

 

little_by_little-inteviam

【喜び】

「心」と繋がりがあり、心臓や小腸・循環器などに
特に関わりがあります。

 

好きなことに高揚する時や笑ったりすると、顔色が
良くなるように血行が促されますが、【焦燥感】や
【あせり】があると心臓のあたりが苦しくなったり
血行や熱の循環が悪くなります。

◆赤ら顔・頭に血が上る感じ・冷えのぼせ・だるさ

 

⇒ 強い『刺激』を求め過ぎていませんか?

 

便利な生活で、以前は苦労していたことが当たり前
になっていくと『感動』が薄れやすくなります。

人は『感動』した時、脳内で苦痛を和らげる物質や
快楽物質が出るため、本能的に感動を求めますが、
それが得られないと、より手っ取り早い「刺激」
代わりに満たそうとしてしまうことがあります。

 

「刺激」は脳を麻痺させ、一時は感動と同じように
ストレスを軽減させてくれますが、次第に麻薬のよ
うに、より強い刺激ではないと満足できなくなり、
中毒になると、他が空虚で無気力となることも。。

強い刺激でストレスをごまかそうとするのではなく
ホッとするような安らぎで心を癒し、日常の中での
ささいな喜びを探していくと、感動のセンサーが整
い、満足感が持続していきます。

 

 

【思い悩み】

 

「脾」と繋がりがあり、脾臓や胃・消化器・免疫系
などに特に関わりがあります。

 

【心配】【神経質】【後ろ向き】で、取り越し苦労
が多く、気力が湧かなくなると、甘いものが欲しく
なったり、食欲の異常や免疫が落ちたりします。

◆唇の荒れ・胃もたれ・アレルギー・冷え・疲れや
すい・不眠

 

⇒『無いこと』ばかりを気にしていませんか?

 

自分にとって何が大切か、中心軸が無いとまわりと
比べ、外からの意見や、他の人からどう見られるか
が基準になってしまいます。

すると自分が本当は何を求めているのかが分からず
満たされないまま、劣等感やまわりを気にする不安
がいつまでも消えません。

終りのない悩みに、ずっと苦しむことになります。

 

今自分の中に「ある」ものに目を向け、その価値を
認められると、本当に大切なもの・満足するものが
分かり、本心に従った前向きな選択が楽しめるよう
になります。

好きだと感じるもの、やってみたいと感じる好奇心
を大切に、人に対しても自分に対しても、それぞれ
の個性や感性を尊重できると、比較によって落ち込
む必要がなくなります。

 

【悲しみ】

 

「肺」と繋がりがあり、肺や大腸・リンパ系などに
特に関わりがあります。

 

【悲観的】で【落ち込みやすい】と呼吸が浅くなっ
たり、エネルギー不足だと物事を【否定的】に捉え
冷静な判断ができないことも。

◆鼻水・せき・口内炎・のどや肌の乾燥・息苦しさ
むくみ

 

⇒ ブレーキをかけていませんか?

 

『悲しみ』は喪失・挫折・失望など、大切なものを
失った時、そしてその事実を受け入れるタイミング
で起こります。

何かを失っても、それが自分にとって大切なもので
はなかったり、その出来事が本当だと認識していな
い・受け容れていない場合は悲しみを感じません。

 

悲しい事実や、その気持ちを受け容れられられずに
抑圧してしまうと、未処理の悲しみはずっと体内に
残ります

それを感じないように否定し続けることで、他の
情報まで歪めて捉えてしまう悪影響も起こります。

 

頭のブレーキを外し、感情を素直に感じると、古い
感情は解放され、自然と次のステップへ進むアクセ
ルが踏めるようになります。

水に流していくように、涙を出すことや汗をかくこ
も感情を放出し、スッキリと切り替えるのに役立
ちます。

 

アシュタンガヨガの練習は身体は後からついてくる

 

【恐れ】

「腎」と繋がりがあり、腎臓や生殖器・骨や内分泌
系などに特に関わりがあります。

 

【緊張】するとトイレが近くなったりしますが、常
にその状態が続くと腎に負担をかけます。
【臆病】で驚きやすいと【消極的】になり、決断力
や行動力が鈍ることも。

◆めまい・耳鳴り・頭痛・歯痛・抜け毛

 

⇒ 行動に移せているでしょうか?

 

『恐れ』は頭で考えていると大きくなりがちですが
それを無くすには、行動してみて「大丈夫だった」
と気付く体験が不可欠です。

 

不安が多いと、外からのインプットで解消しようと
しがちですが、“頭で考えるより、とにかくやって
みる”アウトプットこそが、恐怖心の克服には有効
な手段です。

アウトプット、行動に移すにも様々な方法はあるの
で、まずは挫折せずに自分にできそうな、小さなこ
とから始めると、徐々に自信がついて行動範囲が広
がっていきます。

 

↓↓

恐れについては去年の克服体験でも触れています◎

 

この世に恐いものは本当にある?

ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー前編

ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー後編