難しいことは考えず、レアンドロ・エルリッヒ展を楽しもう

 

 

今、六本木の森美術館で開催されている
レアンドロ・エルリッヒ展。

一昨年から宣伝していたので、去年の年始に
間違って行ってしまい、

やってなかった…!という経験をされた方も多い
のではないでしょうか。(私だけ…?笑)

 

去年のフライングから1年経ったことに驚きつつ、
今月のはじめに見に行ってきました。

 

ニューイヤースペシャルで展望台にも行けたのです
が、冬の晴れた日は、富士山もすごく綺麗に見えますね◎

 

 

レアンドロ・エルリッヒは、アルゼンチン出身の現
代アーティストで、日本では、金沢21世紀美術館に
常設されている『スイミング・プール』でご存知の
方も多いと思います。

 

作品について、私の言葉で説明しても感動が無いと
思うので、機会があったら是非見て頂きたいです。

 

というのも、今回の展示の名称も

「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」

リアルで見ることこそが楽しい!ということを、
身をもって実感できる体験型のアートだからです。

 


「スイミング・プール」(展示写真より)

金沢21世紀美術館|スイミング・プール

 

 

人から聞くのも良いけれど、

文章で読むのも良いけれど、

写真で見るのも良いけれど、、、

 

やっぱり実体験に勝るものはない

と、改めて感じさせてくれる展示でした。

まさに「百聞は一見に如かず」です。

 

 

いろんな話を聞いたり、本を読んだりする中で、
はっと何かに気付いたり、心を動かされることはあ
りますが、それはあくまでヒントであって、

それが実体験と繋がった時に、こういうことか・・・
と初めて身に染みて、理解出来たと感じることは
ないでしょうないでしょうか。

 

時には、なんとなく頭で分かっていたような気にな
っていたけど、全然分かってなかったことを思い知
らされ、一人恥ずかしくなったり・・・(笑)

 

それだけ頭で考えることと、実際に体験を通して
理解することは大きく違うんですよね。

 

頭では分かってるんだけど、なかなか上手くいかな
い時…私は体験や行動が足りず、本当の意味で
理解できていないことがほとんどだったりします。

 

 

なかなか問題が上手く解決に進まないもやもやした
時こそ、頭でばかり悩んでしまい、苦しくなってし
まう方も多いのではないでしょうか。

 

私は今でもやや気にしいな所があって、そんな時は
無心にヨガをやれば、割と切替えられることも
多かったのですが、

この年末年始は骨折で思うように動けず、なんかス
ッキリできないことがありました。

 

そんな中で、気分転換にこのレアンドロ・エルリッ
ヒ展に行ってみたら、なんとも自分の視野が狭くな
っていることに気付かされ、目の前の現実を思いっ
きり楽しんで、かなり元気に(笑)

 

 

悩みだすと、難しく複雑な方向へ考えてしまう方こ
そ、いったん難しく考えるのはやめて、是非レアン
ドロ・エルリッヒ展を楽しんでみることを強くおす
すめします◎

 

きっとドキッとしたり、やられたーと感じながら、
思考の迷路を抜けて、現実の楽しさを体験しながら
視点が変わっている自分に気付くはずです。

 

 

-レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル-
は、4月1日(日)まで森美術館で開催しています。

 

 

 

関連:

デッサンとヨガはよく似ている【ものの見方と執着・解決のヒント】