カトリーヌ・ロングリー 写真集「To tell my real intentions, I want to eat only haze like a hermit」

ベルギー在住のアーティスト

カトリーヌ・ロングリーさんのアーティストブック

「To tell my real intentions,
I want to eat only haze like a hermit」

(本心を言うと、私は仙人のように霞だけ食べてい
たい) のオンライン販売が始まりました。

 

 

かつて食や体型のコントロールに支配された過去を
持つカトリーヌ・ロングリーさん本人が、
食べ物と身体の関係において様々な体験を重ねた
人々にインタビュー。

 

誰でも簡単に写真の加工ができ、作られたイメージ
が出回ることが普通になっている世の中ですが、

記録の手段として渡されるのは、編集のできない
使い捨てのインスタントカメラです。

 

インタビューを受けた各々が食と身体の関係につい
て撮影し、表現したものを、カトリーヌさんの手に
よって1冊の本にまとめてあります。

 

⇒ 日本語版 詳細ページ

⇒ 現地の書店ページ

 

 

 

 

私もご縁で参加させて頂きましたが、人それぞれに
全く違う体験・考え・表現があり、
昨年、仮の段階の本を見せてもらった時も、新鮮で
多種多様な物語に思うことが多くありました。

 

写真に合わせ、紙も何種類かを使い分けるなど
細部にまでこだわりが詰まっているそうで、
完成版が楽しみです◎

 

Katherine Longly To tell my real intentions

©︎Katherine Longly /
To tell my real intentions, I want to
eat only haze like a hermit

 

 

この企画に参加して、摂食障害だった頃のことを
思い返してみると、

異常な食生活と大きな体型の変化の中で、それこそ
食べ物と身体のことに振り回されながらも、しがみ
つくように過ごしていましたが、

「どんな状態でも、全部同じ私」というのは、
嘘。というか、語弊があるような、、全くの別人を
生きていたように感じます。

 

 

確かに中身が一緒であれば、病に振り回されている
部分や外見の変化は表面的なものだった…
とも言えるのですが。。。

 

面白いことに、当時は外見よりもむしろ、
中身の方が、まるっきり違う人を生きていました。

 

 

もしかしたら外身の変化・揺れ幅が激しかったのは、
何かにしがみついて変わろうとしない “ 中身 ”
に揺さぶりをかけるためだったのかもしれません
(笑)

 

 

今思い起こしても、当時は荒々しい嵐のような毎日
でしたが、

そうでもして揺さぶられでもしない限り

全く自分に合っていないコルセットや補正下着でガ
チガチに固めて、体裁を保っているような窮屈な心
は変わらなかったんじゃないかと思うんです。。

 

 

どんな人でも、あたりまえに上手くスムーズに事が
進んでいたら、わざわざ変わる必要はなく、そんな
方々にとっては「人ってそう簡単には変わらない
よ」という認識なのかもしれませんが、、

人によっては実は外見以上に中身って激しく変わっ
てしまうものなんじゃないかと感じています。

 

 

特に“ 食 ”は人の日常生活から切っても切れない
関係ですし、ある意味その大半の人にとってのあた
りまえを失う経験は、その本人を無意識のうちに苦
しめる人格を変えてしまう程のパワーがあると信じ
ています。
(渦中は苦しいけれど、終わりは必ずやってくる)

 

 

なのでカトリーヌさんの本も、きっと観る人や、
その時々で、撮影した本人でさえも感じ方が変わる
表面には見えない内に問いかけ、気付きを得られる
作品です。

そして人の内面が変わる時は、やはり自分とは違う
他者の生き方や考えに触れる事が大きいですよね。

 

 

カトリーヌさんは来日の際に、ワークショップを
行ったりもしているので、興味のある方は是非
チェックしてみてください。

 

優しく、好奇心旺盛でユーモラスな
とても魅力的な方です◎

 

http://www.katherine-longly.net/