花粉症に効くヨガとオイル

今年は花粉の量がかなり多いみたいですね。

 

私も小学生の時に花粉症デビューをしたの
ですが、ヨガを始め、運動習慣や食生活で
体質も変わったので、ここ近年は落ち着い
ていたのですが。。。

 

最近ムズムズ反応してきました。

 

薬がなくても大丈夫ではあるので、昔ほど
は酷くないですが、良くなったように感じ
ていたのは、もしかしたら単に、花粉が少
ない年が続いていたからなのかもしれませ
ん(笑)

 

 

ヨガ、アーユルヴェーダをマイラ先生のも
とで教わっていた時、「身体が出したがっ
ているものは、抑えず出しなさい。」と言
われ、意味あって出ているものはなるべく
止めないようにしていますが、時と場合に
よっては少し落ち着かせたい時もあります
よね。

 

仕事や作業中にぐしゅぐしゅして集中でき
なかったり、くしゃみや鼻水が止まらずに
眠れないと、他の部分にも悪影響が出てし
まいます。

 

 

私もそんな時は、先日のネティ(鼻うが
い)に加え、こちらの「ひまし油」にお世
話になっています。

(見た目に薬品感が漂っていますが、これ
でも100%天然植物オイル。

他にもナチュラル感漂うパッケージのもの
等、様々なブランドで販売されています)

 

 

ひまし油(キャスターオイル/カスターオ
イル)は、トウゴマという植物の種子から
採れる植物油で、アメリカの療法家エド
ガー・ケイシーさんによる「ケイシー療
法」でよく用いられるようです。

 

私はケイシー療法を学んだわけではないの
ですが、アトピーを発症してから、天然の
植物オイルを色々試していた時期があり、
その時にひまし油とも出会いました。

 

オイル自体は無味無臭で、割と固めのとろ
っとした質感なのですが、心地良くしょぼ
しょぼした目を潤してくれる、点眼の感触
が特に好きで、長らく愛用しています。

 

 

ひまし油には抗炎症作用があるので、普段
疲れ目・乾燥が気になった時に、目薬のよ
うに差したり、ケガや炎症に塗ることが多
いのですが(充血や、傷の治りが早くなり
ます。)、この花粉の時期は、ムズムズを
抑えるのにも、効果を発揮してくれるので
す。

 

チューブやスポイト容器に移し替え、目を
洗い流すように点眼したり、上を向いて鼻
の奥の方に差すと、私はしばらくはかゆみ
や、鼻水がピタッと止まります。

 

充血やこすることで出てしまった赤み、鼻
のかみすぎで荒れてしまった肌も、炎症を
鎮め、保湿してくれるので、肌荒れしがち
の春も、ひまし油を使うようになって随分
楽になりました。

 

効果には個人差や、まれに肌に合わない場
合もありますが、ご興味のある方は、状態
を見ながら試してみてください。
(点眼の際は、特に衛生面に注意です。)

ただ、ちょっとやっかいな花粉症の症状で
すが、東洋医学的な見方では、身体がバラ
ンスを取ろうとして起こっているのが良く
分かります。

私はこのメカニズムを知り、なんだか健気
に思えて、花粉症の症状とも少しおおらか
に向き合えるようになったので、簡単に紹
介しますね。

 

 

冬の間に水分代謝が上手く行かず、余分な
「水」がたまり、身体が冷えてしまうと、
熱が生み出せず、抵抗力が下がります。

そうすると体内にアレルゲンも入りやすく
なってしまうのですが、アレルゲンの侵入
を防ごうと、身体は必死にバリアを張りま
す。(k)

 

すると今度はバリアでふさいだことで、体
内のたまった「水」が、皮膚から外に発散
できず、さらに増えていくため、どこか他
の経路から追い出そうとします。この時、
鼻からあふれたものが、鼻水です。

そして「水」が停滞してしまうと、「気」
の流れも悪くなるため、どうにかして
「気」を動かそうと、出るのがくしゃみな
のです。(k)

(「気」はエネルギーの流れのようなイ
メージをして頂くと、エネルギー流れが停
滞してしまうのはとても困るので、なんと
かしてくしゃみの刺激で動かそうとするの
が分かりやすいかと思います。)

 

 

すごくざっくりとした仕組みの説明ですが、
元々は身体を守り、流れを止めないよう、
自分のためを思って行ってくれていたかと
思うと、少し許してあげたくも思えてきま
せんか。

(ちなみに(k)は私が勝手に判断した、健
気ポイントです。)

 

 

また花粉症に関しては、私自身もそうなの
ですが、生徒さんからもヨガのレッスンが
終わると、鼻の通りが良くなったり、症状
が楽になったという声を聞きます。

 

先程の仕組みから考えれば、ヨガで動くこ
とで熱を生み出したり、リラックスするこ
とで免疫の過剰なバリアをゆるめる、汗を
かくことで余分な「水」を外に出すなど、
花粉症の症状を和らげるのにも、効果的な
ことが分かりますね。

 

 

辛い思いをされている方も多いと思います
が、ぜひヨガやひまし油の力を借りるのも
一つの手段として、寒さの和らぐ、貴重な
あたたかい季節を楽しみましょう。