足は冷えないひび割れない【足】から【脚】のトラブルを解消するケア方法

 

冷え性で、毎年冬になるとしもやけができ、かかと
の乾燥も気になって必死に保湿していた私ですが。。。

 

足の使い方を変えると、
「そうなってしまうのは仕方がないよね…」と
思い込んでいたことが、実は全然そうではなかった
ことを知りました。

 

<目次>

 

 

寒くなると世間でも、

・脚は冷えてむくむ
・その影響でセルライトが出来やすい
・かかとは乾燥してガサガサ

そうなるのが当たり前のような雰囲気で、保湿クリ
ームやマッサージオイルなどの宣伝が増えますが…

実際は“日常生活で正しく【足】を使えていれば”
そういった悩みは全く起きません。

 

小学生で全指しもやけで全滅、むくんで靴下の跡が
消えず痛くなることや、保湿クリームが必需品だっ
た私が、何も塗らなくても対策グッズを使わなくて
もトラブル知らずになった今、身をもって断言できます◎

 

(よくみるとまだ左足の方が太い…)

 

ちなみに年末に足首を骨折したことで(これはトラ
ブルといえばトラブル笑)今ではほぼ違和感のない
所まで治りましたが、普段より動きが制限され、昔
の冷えや乾燥がやや復活。。

やはり動かす事、正しく使うことって大事です。

 

制限がかかったからこそ、余計に、
全身に対する≪足≫の大切さを実感できました。

 

漢字も変えてみましたが、
≪脚≫のトラブルを解消するためには、特に≪足≫
の使い方が重要です◎

 

 

私も脚のことを深く追求するようになるまで知らな
かったのですが、あしの指す部分を使い分ける場合

骨盤から足首までを「脚」
足首からつま先までを「足」と指します。

 

 

もちろん骨盤のまわり、股関節や、膝の動きも大切
なのですが、日常動作で地味に使う機会が多いのは、
実は【足】の部分だったりします。

 

思い返してみると、朝起きあがった時から一番に下
から体重を支え、立っている時も移動する時も休ま
ず使っていますよね。

そんな理由から、整体で腰の痛みを軽減してもらっ
たり、マッサージで足のむくみをとって一瞬楽にな
ったとしても、足裏で上手く地面の衝撃を吸収でき
ないと、残念ながら結局立ったり、歩いたりするた
びに身体が歪んだ状態に戻ってしまうのです。

 

 

そのため、身体のバランスを整えるには、
まず足の裏から、そして足首、膝、股関節、腰へと
下から上に向かって矯正するのが一番効率的です。

 

(建物もジェンガも下がグラグラだと、どんなに上
だけを整頓しようとしてもアンバランスに…。)

 

 

たまに首や肩の力みや、歪みが気になり、ひたすら
その部分だけにこだわる方もいらっしゃいますが、

逆立ちで生活する方には良くても、多くの方にとっ
ては、足腰の歪みが上に連動して肋骨や首に負担を
かけていることが原因にあるため、

 

まず『足元』から

 

しっかり使って、重力と共存できる筋力をつけ、
歪みをとっていく方が近道です。

 

 

 

話がそれましたが、
それだけ足は身体全体に影響します。

 

そんな足、特に足の裏が正しく使えているかを確認
するヒントとなるのが、

≪足の角質≫

です。

 

 

ヨガのトレーニングを受けたカウアイ島に、アスフ
ァルトでも砂利道でも岩の上でも、裸足で歩く、強
者農家さんもいましたが(笑)、足裏はしっかり弾
力があり、ツルツルしていました。

(ガサガサにひび割れていたら痛くて歩けませんよ
ね。。。笑)

 

日本ではさすがに靴を履いての生活になりますが
(笑)、しっかり足の指が動いて、かかとにばかり
体重をかけずにきちんと足裏全体を正しく使えてい
れば、足の裏は柔らかく、本来はどこか一か所の角
質が厚くなることはありません。

 

 

もしかかとや、その他の部分で角質が厚くなったり
ひび割れている部分があったら、その部分に必要以
上に圧がかかっているということになります。

足に合わない靴や、本来の自然な動きを制限する靴
を履いている、

足の指を動かせず、足のアーチが崩れて地面からの
衝撃をきちんと分散できていない、かかとや内側な
どに重心が偏っている、など

思い当たることはないでしょうか。

 

 

そしてそんな窮屈な足の状態で歩くと、足首の動き
が小さくなり、本来使われるはずの筋肉が落ち、
脚全体の活動量・代謝量も落ちてしまいます。。。

 

すると所謂ゾウ足になりやすい見た目の問題だけで
なく、地面からの衝撃が上手く分散できないことで

膝や腰に負担がかかる、O脚や反り腰、猫背などの
関節の歪みや変形、

ふくらはぎや前モモ、背中まわりの筋肉に負担をか
け続け、固く張り出したり、凝ってしまう、など..

日常生活での動きが制限され、年数を重ねるごとに
悪循環に陥ってしまう事態にも。

 

 

特別なことをしなくても、普段の何気ない一歩一歩
や動作が正しく行われていれば、必要な筋肉がしっ
かり使われて足先も冷えず、血流が行き渡ってむく
みは生まれず、憎きセルライトの為にお金や時間を
かける必要は無くなります。

 

 

ただ、そうはいっても、ヒールを履かなければなら
ない場面や、座りっぱなしでいることを避けられな
い時ももちろんありますよね。

私も1日中寒いところにいたり、フォーマルな場で
ヒールを履いたりすると、冷えてむくみます。。

 

ですが、普段から動かすようにしていれば、帰宅後
に意識的に足の裏をケアをすることで、リカバリー
が早くなりました◎

小さな歪みでも蓄積すると戻すのに手間がかかりま
すが、普段から動かす習慣をつけていれば、戻すの
がより楽になります。

 

 

では具体的に日常で何をしたかというと、、
まず『』を変え、普段の動作で足の指・足の裏を
使える習慣を作りました。

 

長くなってしまったので、具体的な動かし方は改め
て紹介しますが、ここでは靴のこだわりについて少
し書きますね。

 

上の写真でも履いていますが、ドイツのメーカー、
ビルケンシュトックのサンダルを部屋履きにしてい
ます。

 

ビルケンシュトック BIRKENSTOCK サンダル ビルケン ギゼ Gizeh メンズ レディース

人間工学に基づいたインソールが特徴的で、まさに
足の指・裏をしっかり使い、アーチを整え、履いて
いるだけで足首から上の『脚』の動きも筋肉の付き
方も柔軟性までも変わる優れものなんです◎

(画像:ビルケンシュトック公式サイトより)

 

 

 

私はビルケンシュトックに携わるものでもなんでも
ないですが(笑)、以前の偏平足から足裏が劇的に
変化し、何より疲れないため

今ではブーツやスニーカーと合わせて、外と中で
1日中、年中ビルケンを履いている日も多いです。

 

 

たまにヒールを履いた日は、このサンダルに一刻も
早く履き替えます(笑)

足首を伸ばすように家の中を歩き回っていると、
足裏の嫌な疲労感や脚全体の疲れが解消され、軽く
なるのが実感できるんです。

 

まだ試したことの無い未知のメーカーも多いですが
今まで履いた中では、私はこれがベストでした◎

 

人それぞれ足の形は違うので、履き心地等様々だと
思いますが、どんなメーカーでも、靴底やインソー
ルがきちんと考えられた靴を選ぶことをお勧めします。

 

 

靴はそんなに気にしない。。という方もいるかもし
れませんが、普段の一歩一歩が積み重なって、今の
脚の状態が出来ていることを考えると、

トラブルの無い整った脚、身体を目指すのであれば
靴をないがしろにするのはもったいないです。

 

日常の一歩を有効に使い、特別なことをしなくても
そもそも問題が起きない脚に変われば、身体全体が
楽になるだけでなく、心も軽く、生活全体が向上
していくのを感じられますよ◎

 

 

足の歪みや疲労はあなどれないです。。

 

 

 

 

 

関連:しわが教えてくれる身体の正しい使い方

立ち方・座り方・歩き方で身体は変わる

 

モノを大切に扱うー修理を終えて戻ってきたビルケンシュトックのサンダル