自由であることは不安定でもあり、安定は制限とも隣りあわせ

 

この半年間、YogaBody Experienceの
SHINGO先生のもとでTTCに参加し、アシュタンガ
ヨガから、身体の使い方を学んでいました。

 

ポーズの順番が決まっているアシュタンガヨガでは
先に進むにつれ、身体に対する「使う」・「伸ば
す」・「ゆるめる」のバランスがより求められてい
ることを感じます。

 

 

力づくでも、やみくもに伸ばしていても壁にぶつか
ってしまうので、
気を抜きがちな部分に使う意識を持ったり、逆に踏
ん張っていた余計な緊張をゆるめたり…

 

その場その場で、

ガチガチに強張って足を引っ張っている場合には緊
張のない自然な状態に戻す、

反対に独自の癖が出て、本来働かせたい場所が使え
ない時には、ある意味不自然に動かし方をコント
ロールしたり、

より安定や効果を高めるために、今までのいつもと
は違う意識を付け加えることを繰り返していました。

 

 

私はヨガのなかでも、出来なかったことが出来るよ
うになっていく、身体の変化を感じられることも好
きですが、

夢中になって悩みから解放されている時間、一通り
練習を終えた後の爽快感や、身体も頭もリセットさ
れたような
ニュートラルな状態に戻ってこれる感覚が特に好き
で、

自然にかえるというか…ヨガに対して「自然」と
いう言葉との結びつきに、なんとなく親しみのよう
な、勝手にしっくり来ている部分があったのです。

 

 

が、、、

今回のトレーニングで、いや…ヨガって結構「不
自然」なことも多くて、その要素も必要不可欠なん
だなということに今更ながら気付きました。

 

 

よくよく考えればそうですよね。。

 

前に、美容院でヘッドマッサージをしていた時、
お客様から言われたこともありました。

「ヨガってなんであんな下ばっかり向いているの?
なんか楽しそうに見えないのよね(笑)」

 

ヨガを日常的にやる方にとってはダウンドッグの
ポーズとか、違和感なく行えるものですけど、普段
やらない方や初めて見る方からしたら「え?」って
抵抗を感じるものなのかもしれません。

 

(△ダウンドッグ)

 

もちろん上や横を向くポーズもヨガにはたくさん出
てきます(笑)

 

でも日常動作の延長として見たり、極端ですが背泳
ぎ基準だったら下向きも間違いではないですし、日
常ではなかなか行わない「不自然」な動きをするか
らこそ、私はヨガの良さを実感していたんだなぁと
も思いました。

 

 

そういった「自然」と「不自然」のそもそもの基準
の違いや、それぞれの長所・短所を再認識しつつ、

様々な身体の反応から、やはり物事は白か黒かでは
なく、正解も不正解も無いことを改めて体感してい
ます。

 

私は元々、極端な白黒思考を持っていて、以前に比
べたら少しずつあいだの諧調が増えてきたかなーと
感じていたのですが、、

無意識のうちに何気ない言葉に対して、善悪の色を
付け加えている部分があったことに気付きました。

 

別に良い・悪いと判断することは悪いことではあり
ません。(←ややこしい笑)

 

 

ただ、以前の私のように「自然」に対してプラスに
ひいき目で見ていたら、「不自然」にあるメリット
に目がいきにくくなってしまうこともあるので、

どちらかが良い・悪いという枠は取り払って見た方
が、自由な選択肢が増えることは確かです。

 

 

そして「自由」というものも、私は映画の「ショー
シャンクの空に」に出てくるような、解放されるプ
ラスのイメージばかりを持っていたのですが、本来
は良いものでも悪いものでも、何でもないのですよ
ね。

 

例えば、ヨガの話で「肩」に置きかえてみた時、

 

肩と耳を近づけて肩甲骨を上に持ち上げるようにし
た方が、腕や首は回しやすく、自由度は上がります。

 

(昔の私もそうですが【良い姿勢=肩を下げる】と
いう思い込みで、首や腕が動かしづらいと不調を作
り出している場合が意外とあるもの。

なんでわざわざ動きづらい姿勢を「良い姿勢」だと
思い込んでしまったかをたどってみると、教育など
集団行動の場で服従させる目的が・・・と闇の部分を
知ったり…ここでは割愛しますが)

 

ただ、自由になると同時に不安定さも増してしまう
ので、腕で身体を支える時やバランスをとる時には、
肩甲骨を下制して安定させておかないと、ぐらぐら
して身体を緊張させてしまったり、他の部分に負担
をかけたりしてしまうのです。

(片足立ちで肩を上げたり、下げたりしてみると、
安定感が変わる感覚が分かりやすいかと思います。)

 

 

身体だけでなく、他の分野においても、自由である
ことは同時に不安定な反面もあり、安定には制限が
つきもので。。。

 

どれが良い・正解というものは無く、その人にとっ
てのその時のその場面で丁度良いバランスがとれる
と、望む結果につながるんでしょうね。

 

そしてその基準は他の誰かが操作できるものではな
く、腑に落ちる塩梅は、最終的にその人にしか調節
できないんだと思います。

 

 

 

そんな風に分け隔てなく、色んな方向から物事を
見ていきたいと思うさなか・・・

 

初・西新井大使で、久々におみくじを引いてみたら
なんと「」でした!

 

凶を引いたのも初めてなのですが、これは…なか
なか…受け取り方が試されますね。

 

(いずれもわろしって、ワロシw(笑)ってことか
なぁと、一緒にいた友人と色んな解釈を試みる)

 

 

ですが(?)西新井ではもう桜も咲いていて、ラン
ボルギーニが目の前に停まってドアが翼のように開
くのを間近で見れたり、早いのか遅いのか分かりま
せんがクリスマスのイルミネーションがとても綺麗
に見えて、、総じて幸運な旅でした。

 

やはり普段なかなか行かない場所に出向くと、新し
い発見が待ち受けています。

 


(よこしまな心で慣れない自撮りをしたら、
スイーツも友人も自分も写らず…
足るを知り、欲張るなということでしょうか。。)

 

 

どんなことにせよ、良し・悪しの枠にとらわれず、
実体験からの教訓を大切にしようと改めて思う今日
この頃です。