自由であることは不安定でもあり、安定は制限とも隣りあわせ

 

この半年間、アシュタンガヨガの108時間トレーニ
ングに参加し、身体の使い方を学んでいました。

 

ポーズの順番が決まっているアシュタンガヨガでは
先に進むにつれ、身体に対する
「使う」・「伸ばす」・「ゆるめる」のバランス力
がより求められるようにを感じます。

 

力づくでも、やみくもに伸ばしていても
壁にぶつかってしまうので、
気を抜きがちな部分に使う意識を持ったり、逆に
踏ん張っていた余計な緊張をゆるめたり…

 

その時々の状況に応じて、

ガチガチに強張って足を引っ張っている場合には
緊張のない自然な状態に戻す

反対に、独自の癖で動かしやすい筋肉ばかりを使い
本来働かせたい場所が使えない時には、ある意味
不自然に、動かし方をコントロールしたり、

より効果を高めるために、今までのいつもとは違う
意識を付け加える練習を繰り返していました。

 

 

私はヨガをする中で、出来なかったことが出来るよ
うになっていく、身体の変化を感じられる過程も
好きですが、

身体に意識を向けることに夢中になって、悩みから
解放されている時間や、一通り練習を終えた後の爽
快感、身体も頭もリセットされたようなニュートラ
ルな状態に戻れる感覚が特に好きで、

 

自然にかえる

 

感覚というのでしょうか…。ヨガに対して「自然
という言葉との結びつきに、なんとなく親しみのよ
うな勝手にしっくり来ている部分があったのです。

 

 

が、、、

今回のトレーニングで、
いや…ヨガって結構「不自然」なことも多くて、

その不自然な要素も必要不可欠なんだな、
ということに今更ながら気付きました。

 

 

よくよく考えればそうですよね。。

 

前に、美容院でヘッドマッサージをしていた頃、
お客様から言われたこともありました。

 

「ヨガってなんであんな下ばっかり向いているの?
なんか楽しそうに見えないのよね(笑)」

 

確かに・・・。

ヨガを日常的にやる方にとって、ダウンドッグの
ポーズは違和感なく馴染みがあるものだと思います
が、普段やらない方や初めて見る方からしたら

「…え?あんな手付いて、何をしてるんだろう・・・」

と疑問や抵抗を感じるのも、無理はありません。

 

(△ダウンドッグのポーズ)

 

ヨガに対してこんな姿勢ばっかりしているイメージ
のある方もいらっしゃるかもしれませんが、もちろ
んこういった形だけじゃなく、上や横を向く動きも
たくさん出てきます(笑)

 

 

日常動作の延長として見れば、不自然な格好と言わ
れてもおかしくないヨガですが、
日常ではなかなか行わない「不自然」な動きをする
からこそ、私はヨガの良さを実感していたんだなぁ
とも気付きました。

 

 

そういった「自然」と「不自然」のそもそもどこに
基準を置くかの違いや、長所・短所について再認識
し始めると、

やはり物事は白か黒かの2択の世界ではなく、
正解も不正解も無いことを改めて体感します。

 

 

私は元々極端な白黒思考を持っていて、以前に比べ
れば少しずつ、間の諧調が増えてきたかなーと感じ
ていたのですが、、

まだまだ無意識のうちに、何気ない言葉に対して、

善悪の色を付け加えている

部分があったことに気付きました。

 

 

 

決して良い・悪いと判断することは、悪いことでは
ありません。(←ややこしい笑)

 

ただ、私の例でいえば、「自然」に対してプラスに
ひいき目で見ていたら、「不自然」にあるメリット
に目がいきにくくなってしまうこともあるので、

どちらかが良い・悪いという枠は取り払って見た方
が、自由な選択肢が増えることは確かです。

 

 

そして「自由」というものにも

私は映画「ショーシャンクの空に」のシーンのよう
な、解き放たれることにプラスのイメージばかりを
持っていたのですが、

本来は良いものでも悪いものでも、何でもない

んですよね。。

 

 

 

例えば、ヨガの話で「肩」に置きかえてみた時、

耳と肩を近づけて肩甲骨を上に持ち上げるようにし
た方が、腕や首は回しやすく、自由度は上がります。

 

 

※※余談※※

昔の私もそうですが、なんとなく

【良い姿勢=肩を下げる】

という思い込みで、わざわざ肩を必要以上に下げて
首や腕の可動域を制限し、動かしづらいなぁと自ら
固めて、不調を作り出している場合があります。

 

(なぜ、わざわざ動きづらい姿勢を「良い姿勢」と
思い込んでしまったかを辿ってみると、

教育など集団行動の場で「気を付け」姿勢をさせて
不自由な制限をかけることで、暗黙に服従するよう
力関係をコントロールする・・・といった闇の裏事情
が垣間見えてきたり…ここでは割愛しますが(笑)

 

 

肩の自由度の話に戻して、、肩を上に持ち上げると
首や腕は「自由」になる反面、「不安定」さが増し
てしまうので、逆立ちや腕立てなどで身体を支える
や片足立ちなどのバランスをとる時には

肩甲骨を下制して「安定」させておかないと、ぐら
ぐらして他の部分を余計に強張らせてしまったり、
姿勢を支えられなくなります。

 

(片足立ちで肩を上げたり、下げたりしてみると、
全身の安定感が変わる感覚が体感できると思います。)

 

身体だけでなく、他の分野においても、

“自由”であることは、同時に“不安定”な反面もあり
“安定”には、“制限”がつきもの で。。。

 

どれが良い・悪い、正解・不正解というものは無く

その人にとっての、その時の、その場面で
目的に合った丁度良いバランスがとれると、
望む結果につながっていくんでしょうね。

 

そしてその基準は他の誰かが操作できるものではな
く、腑に落ちる塩梅は、最終的にその人にしか調節
できないものだと思います。

 

 

 

 

 

そんな風に善悪分け隔てなく、色んな方向から物事
を見ていきたいと思うさなか・・・

 

初・西新井大使で、久々におみくじを引いてみたら
なんと「」でした!

 

凶を引いたのも初めてなのですが、これは…
なかなか…受け取り方が試されますね。

 

(いずれもわろしって、ワロシw(笑)ってことか
なぁと、一緒にいた友人と色んな解釈を試みる)

 

 

ですが(?)
2月でも、もう既に桜が咲いている西新井。。。

 

風情ある路肩で翼を広げるランボルギーニや、早い
のか遅いのか、もはや分からないクリスマスイルミ
ネーションの輝きを目にして歩いていると

いかに普段、つまらない固定観念の枠の中で生きて
いたかに気付かされます。

 

おみくじが何なのかもよく分からなくなるほど、
独自の文化が素晴らしい西新井。

 


(よこしまな心で、慣れない自撮りをしたら
スイーツも友人も自分も写らず…願望叶い難し…)

 

 

どんなことにせよ、言葉の一方的なイメージの脚色
や良し・悪しの枠にとらわれず、多角的な視点から
バランス調節を試みて

教訓を大切にしようと思う今日この頃です。。