どんなことでも、いつかは必ず終わる

 

個人的に最近、色々なことが終わって一段落しました。

途中で余裕が無くなってしまうこともあれば、
終わってスッキリ、ほっとしたり、少し寂しいよう
な気になるものも・・・。

 

ものをつくるのも、終わるたびに途中のしんどさか
ら「もう嫌だ!」と毎回思うのに(笑)、
結局何度でも新たに始めてしまうのは、やっぱり好
きだからなのかな、、と感じます。

 

楽しいことも、苦しいことも、、、
いざ終わってみると、どんなことでも永遠に続く事
は無く、いつかは必ず終わりがくるんだなぁ。。と
つくづく実感しますよね。

 

人それぞれ“終わり”というものを、どう捉えるか
異なりますが、私の中では、何事にも終わりがある
ということは救いです。


もう6年以上も前になりますが、
女優の堀北真希さんがインタビューで話していた

 

「とにかく“始まれば終わる”。
始まれば必ず終わりが来る、
と思って頑張ってきました。」

 

という言葉が凄く印象に残っています。

 

(もう家庭に入られてしまいましたが、この頃もま
だ若いのに、すごくしっかりした印象でした。)

 

 

これを聞いた当時、
終わりにしたくても、なかなか終わらせられない苦
しみを抱えていた時期でもあり、心に響いたことを
よく覚えています。

 

「そうか。。今はこんな風でも、いつかは
終わるのかな。。。」

そう思うと、気持ちが少し軽くなったような
気がしました。

 

後から実感しましたが、本当は永遠に続くものなん
て現実には何ひとつないのに、自らの幻想で「ずっ
と続くんじゃないか」と思い込み、恐れることで、
自分自身を苦しめていることは、思いのほか沢山あ
るんですよね。。

 

 

例えば、しばらく眠れない日が続くと

「昨日寝れなかったから、
今日も眠れないんじゃないか・・・」

無意識でそんな風に思い込んでいることがあります。

 

 

ですが「昨日よく眠れなかった」という出来事は、
厳密にはもう昨日の時点で完結して、終わっている
こと。

今日やこれからがどうなるかは、まったく新しい
別の話です。

 

昨日はどうであれ、その日・その直前の過ごし方、
布団に入る時の環境や状態で、いくらでも状況は変
わりますし、

人によっては、逆に「昨日寝れなかったから、今日
はぐっすり眠れそう!」と思う人もいれば、そもそ
も昨日のことなんて覚えていない…という人もいて

同じ出来事に対しても捉え方は様々で、
「昨日眠れなかった」事実を除くと、他は自由に
後付けした思考であることが分かります。

 

 

過去を根拠に「○○だから○○~」というのは、
本当にそうなるかは分からない『想像』で、
現実に起きる『真実』ではないのですよね。。

 

 

そんな根拠のない想像で、現実を制限したり、苦し
めているケースは案外多いんです。。

 

冷静に考えてみると、本当は過去も未来も、全ての
出来事が因果関係を持ってつながっているわけでは
なく、起きたそれぞれの独立した出来事を、想像で
補って物語にしていることが分かります。

 

 

人の脳は、効率よく情報を整理するために、理由を
探したがる性質があるのでややこしいですが(笑)

フラットに見ようとすれば、現実は日々起こること
が、それぞれ一話完結している世界です。



(※こういったお話は『アドラー心理学』にも
出てきます)

 

 

「こうしなくては」「こうすべき」「自分はこうい
う人間」「この前はこうだったから」…

そのような“事実ではない”無意識の思い込みを外
して、こんがらがった思考をシンプルにしていくと

 

今、続けたいと思うのなら続けても良いし、
今回限りにしたいことは、いつでも終わりにできる

「今」が過去や未来とは関係のない、独立した
自由な状態になります。

 

 

先ほどの不眠に対する捉え方と同じように、
私は摂食障害に悩んでいた頃、過去の影を引きず
ることで問題を生み出していました。

 

当時、摂食行動からどんなに躍起になって離れよ
うとしても、

心から

“終わりがくること”(現に終わっていること)

“今この瞬間は、昨日とは関係がないこと”

を信じられなかったのです。

 

 

表面上はもう終わりにしたいと考えていても、
心の奥底では

“今日も明日も、私はきっとやめられない、
治らない、変われないだろう”

と永遠に異常な行動が続くと思い込んで
自己暗示のようなものをかけ。。。

実際にその“心から信じる行動”をとり続けて
苦しんでいました。

 

終わりを心から信じることが出来ず、本当はそうで
あってほしくない“永遠”を信じて、行動で示していた。。。

健気に信じる方向性を間違えすぎていたことに
恐ろしくなります。。。(涙)

 

yoganidra-regain-confidence

 

今でも苦しくなってきた時に、思い出すようにして
いますが、

 

とにかく“始まれば終わる”、

どんなことにも、必ず終わりが来ます。

 

 

その終わりがいつになるかは分からなくても、あり
えない永遠を信じてそこに縛り付け、自ら苦しみを
体現し続けることのないように。。

『いつかは終わる』と信じて、肩の力を抜いた方が
楽に、それを現実に迎えられる日が来るはずです。

 

 

人は毎日生まれ変わっている

自分をこの世に存在しなかったことにする方法

自分が嫌で嫌でたまらなくしんどい時…ハマりがちな落とし穴

安全な居場所がなければ、なかなか負の空回りから抜け出せない【自律神経と安全】

なにもしたいことなんてない・・・虚無感と自己防衛とトカトントン