悪夢の心理や夢を見る理由―夢の世界を描こうとしたダリとシュールレアリスム

 

昨夜久々に「うわっ・・・、これ怖い夢だ・・・
起きなきゃ・・・!」とドキドキして目が覚めました。

 

 

怖い夢といっても、これから怖くなりそうな気配が
しただけで、実際はまだ何も起きていなかったので
すが(笑)、夢の中でもなんだか雰囲気で

「これは…
絶対向こうから、凶器を持った人が出てくる…!」

など、気配で分かることってありますよね(?)

 

このように「これ夢だ・・・」と、睡眠の最中に
夢だと自覚しながら見ている夢のことを
“明晰夢(めいせきむ)”と呼び、

頭の半分は眠っていても、脳の“思考”や“意識”を司
前頭葉がふと目覚めた時に、我に返ったような
夢を認識する思考状態になるそうです。

 

人によっては明晰夢を「夢だし!」と勇敢に立ち向
い、自分の思い通りにストーリーを進めて楽しめる
方もいるそうですが、私は今まで幾度と惨敗し、ビ
ビリなのですぐに起きようとしてしまいます。。笑

 

夢の正体: 夜の旅を科学する

 

 

 

 

そもそもなぜ夢を見るのか。。。

 

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があるこ
とが知られていますが、夢を見るのは、
“ 身体は休み、脳の一部は働いている ” 状態
「レム睡眠」時が多いようです。

 

ノンレム睡眠時は脳も休んだ状態になるため、
夢を見たとしてもぼんやりとして覚えていないこと
がほとんどだと言われています。

 

レムという言葉は聞いたことがあっても意味を知ら
なかったのですが、レム(REM)=(Rapid Eye Mov
ement)急速眼球運動の略で、この間は眼球が活発
に動き、脳は記憶の整理をしているのだとか。

 

 

ヨガニードラやリストラティブヨガのクラスをして
いると、生徒さんの眼が瞼を閉じた状態でくるくる
動いて、「何か、映像が見えているのかなー」と思
う時がよくあります。

活発にイメージを見たり、脳内の整理が行われてい
るんでしょうね。

 

 

人は起きていると、目の前のものを見聞きし、匂い
を感じたり、味わったり、触れたりしながら、大脳
は次から次へと外からの情報を処理しているため、
内に入った体験を整理する余裕がありません。

 

それらの外情報の処理を休められる睡眠中は、記憶
を引っ張り出したりまとめたりしながら、さまざま
な情報を整理できる貴重な時間で、その過程で見る
「記憶の断片」夢の正体だったのです。

 

 

(記憶のうち、顕在意識に浮かんでくるのはほんの
氷山の一角で、潜在意識は実は今までの全てを覚え
ていると言います。

一生懸命探しているときに限って、全然出てこない
のに..笑)

 

 

 

頭が混乱していたり、よく理解できなかったことが、
一晩寝た後に落ち着き、自然と冷静に認識できるよ
うになるのは、この記憶の整理の恩恵です。

そう考えると結構“ふて寝”も理にかなっています◎

 

反対に眠れない日が続くと、判断力が落ちたり、
心に余裕がなく、気持ちの整理が追い付かない…
と感じたことはないでしょうか?

(私はふて寝ができず、気がかりなことがあると眠
れなくなってしまうタイプです。。)

 

 

夜に複雑に考えごとを始めると、ざわざわとして落
ち着かずによからぬことをしてしまったり、余計に
目が冴えてしまうことがありますが、

脳の働きの仕組みからも、頭で悩むより夢に任せて
しまった方が、ずっと効率良く頭の中を整理して、
健康的に解決に導いてくれるかもしれません。

 

 

 

頭のなかがショートして眠れず、ぐるぐると負のル
ープが続いてしまっている感じがある時は、

ヨガや深呼吸、軽いストレッチ、好きな香りや音楽
足元や目元をほかほか温めてみる。。など

 

「考える」ことから「身体の心地の良い感覚」に
意識をシフトして、リラックスする時間をとってみ
てください。

(眠れなくても、同じ時間をキリキリと悩んで過ご
すのとでは、心の疲れ方が変わってきます◎)

 

 

ふて寝は有効眠ると記憶が整理されるinteviam

心理状態と悪夢

 

身体が暑さを感じている時に、火や灼熱の砂漠にい
る夢を見たり、トイレに行きたい時に、水辺の夢を
見やすいなど、

身体の状態が無意識に伝わり、夢に影響することは
よくあります。

 

同じように心で気にしていることや、奥底に感じて
いることなどが夢に反映されるのも、夢を見るのは
無意識下の働きだからこそ起こりえます。

 

無意識の働きに関心を持ち、それまでは神のお告げ
や予言のような位置づけだった「夢」をその人の
“願望の表れ”ではないかと考えた精神分析学の創始
者、フロイトの「夢判断」や、

夢は無意識から意識に向けてのメッセージと捉え、
クライアントの心の中で巻き起こっていることを
「夢」について話し合うことで治癒的に生かそうと
した分析心理学の創始者、ユングの「夢分析」も、
こうした夢と無意識の繋がりを重視しています。

 

新訳 夢判断 (新潮モダン・クラシックス)

ユング 夢分析論

 

 

 

そして楽しい夢、怖い夢、色んな感情を感じたとし
ても、身の危険を回避するために、人は本能的に嫌
なこと、ネガティブなことの方が記憶に残りやすい
とされています。

 

なんでわざわざ夢の中でまで・・・せっかくなら楽し
いことをしたり、覚えていたいのに・・・とも思いま
すが、

脳内でネガティブな記憶を再体験することは、
同じような状況になった時に、危機的場面に効率良
く対処・行動するための準備や、ショックを小さく
する治癒的な役割もあるようです。

 

実際は色んな夢を見ていても、少し悲しい(?)
現実ですが、起きている時の自分の身を守るために
一番印象・記憶に残りやすいのが悪夢なのですね…

 

 

 

夢の世界を描こうとしたダリ

 

実生活でも追い詰められている時期によく悪夢を見
たり、気にしていることがふと夢に出てきたり、、、

実際に夢と心理状態がリンクしていることを、体感
したことのある方も多いと思いますが、

 

それら“夢の世界”を積極的に絵の題材にしたのが、
私が一度でいいから夢の中で会えることを夢見てい
る画家(笑)、サルバドールダリです。

 

DALIとシュールレアリスムinteviam

【椅子になったサルバドール・ダリ】

 

ダリは足元に金だらい、座っている椅子の背もたれ
にはスプーンを置き、
うたた寝をするとスプーンが落ち

「ガシャーン!!」

と大きな音がなる仕掛けで目覚め、見たてホヤホヤ
の夢を描こうとしたと言います。

 

時には気を失う寸前まで逆立ちをして、果敢に無意
識の境地に向かったというエピソードも。。。

 

身体を張ったものすごい執着ですが(笑)、ここま
でしたのは、起きている時の先入観や理性が働いて
いる状態ではない、夢に偶然現れてくるような“操
作しない人間の純粋な心の動き”を重視していたか
らでした。

 

夢を描こうとしたサルバドールダリinteviam

(オブジェ スプーン付椅子 ※福島で座れます)

 

 

 

シュールレアリスムは日本語で“超現実主義”と訳
されますが、現実の人間が考えて作りだしたものは、

頭の中で“考えた”時点で本物ではなく、

 

“本当のリアルは人の知性を超えたものだ”

 

と、無意識や夢、自然に浮かんできた空想や偶然な
ど、意識や理性が関わらないものこそ本物だと尊重
していました。

 

記憶の固執-サルバドールダリMoMA

【記憶の固執 NY近代美術館MoMAにて】

 

確かに現実の世界では、見栄や体裁、常識にとらわ
れたり、考え方の癖や自分の都合良く、本当のこと
を捻じ曲げて解釈してしまうことがよくあります。

 

私も相手の反応が普段と違うと「あれ、なんか悪い
ことしちゃったかな・・・」と気にしてしまったりす
るのですが、後日、実際は他で全然違うことが起
こっていたことを知り、自意識過剰な勘違いが恥ず
かしくなることもしょっちゅうです(笑)

 

今見えている世界、頭で自分が考える世界をまるで
本物のように思い込みがちですが、
案外、それもリアルでは無かったりするんですよね。

 

ダリMoMAの展示風景 inteviam

(MoMAの展示風景 実は小さな作品です)

 

私事ですが少し前に、いつも笑っている印象の強い
人から「FAX届いてましたよ」と無表情で紙の束を
渡され、そのFAXが紙詰まりを起こしたのか、ぐし
ゃぐしゃに破けて読めない・・・という謎の多い夢を
見ました(笑)

確かに頭で考えては作れなかったであろう、夢によ
って偶然発生したストーリーです。。

(これを1枚に描こうとすれば、なかなかシュール
な絵になりますね。)

 

 

そして

「なんで私のFAXがよその家に届くんだ?」
とか
「あんなに破れた紙を渡されても・・・」
とか
「紙を無駄遣いしちゃったから、不機嫌そうだった
んだろうか・・・」

 

といった頭での主観的な解釈を始めだすと、
それだけ普段は物事の整合性がとれるように、本当
はそれぞれ関係ない出来事を、時には無理矢理意味
づけをして、話を綺麗にまとめているのかなと感じ
ることさえあります。

 



嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

アドラー心理学について書かれたベストセラー
『嫌われる勇気』にも

“人生は点の連続であって、線ではない”

【独立した瞬間・刹那の連続】である(その点の集
まりが線のように見える)ことが出てきます。

 

 

 

線でつながっているように見えるのは、あくまで後
付けの解釈で、それぞれの独立した出来事を関連さ
せるかさせないかは捉え方次第なんですよね。

 

ダリとヨガ純粋な直観を楽しむinteviam

 

なんだか話が色々と派生して、、こういったことを
考えだすと、またリアルではない方向へいくらでも
進んでいってしまうので(笑)、

考え、整頓し、まとめながらも
ポッと浮かんできたもの、その瞬間の感じ方、純粋
な直観も大切にしたいですね。

 

 

ダリの絵も「合理的に考えて~」となると、途端に
楽しめなくなってしまいますし、
目の前のことに対しても、深く考えれば考えるほど、
余計な考えや脚色が混ざって迷子になり、抜け出せ
ずに苦しくなってしまうこともあります。

 

考えすぎてよく分からなくなってしまったら、ひと
まずよく寝てみたり、動いてみたり、、無意識に任
せてみたほうが賢明かもしれません。

 

 

 

この前の日曜日は、ハレヨガハワイで108サンサル
テーション(108回太陽礼拝)を行いましたが、
身体のことだけに意識を集中させるのも、思考の迷
路から脱出する手段として有効だと感じます◎

 

また、ダリの作品はいつでもそんな無意識の力を思
い出し、純粋に楽しむことを教えてくれるような気
がして、私は見るといつも元気をもらえます。

 

 

dali-museum-cafe

 

(ダリの作品にたくさん触れられる諸橋近代美術館
は10月22日から一部改修し2019年4月20日(土)開
館予定だそう。

 

興味のある方は是非 見ごたえがありますよ◎)

 

 

(ダリ好きにはたまらない作品の数々…

立体作品は写真撮影OKで、上記途中に登場した
スプーン椅子にも座れます◎)

 

 

(画像出典:諸橋近代美術館)

 

諸橋近代美術館

〒969-2701
福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093番23

公式サイト https://dali.jp/

 

 

 

 

 

 

ダリ:シュルレアリスムを超えて (「知の再発見」双書)

 

関連:

【恐れ・恐怖の正体】身動きをとれなくさせる”こわいもの”とは

つらい不眠症…睡眠薬を手放して「眠れない」を改善する方法9選

デジャヴ…?前にもこんなことがあったような…春のヨガニードラ

デッサンとヨガはよく似ている【ものの見方と執着・解決のヒント】

『完璧を恐れるな』ーサルバドール・ダリの名言から学ぶ