我慢して生きなくてもいい

我慢して生きるのをやめる

辛くなった時、それは自分の我慢が足りないせい、
自分の弱さや甘さゆえに耐える力が無いからだと
感じることはありませんか。

 

私はよくそんなことを考えて、我慢できない自分を
責めていました。

あの人には当たり前のようにやり過ごせること
なのに、自分には耐えられない。

もっと苦しい思いをしている人は沢山いるのに、
こんなことも我慢できない自分はなんて弱いんだろう。

 

そんな考えが根強くあり、以前の私は「死にたい」
と思うのも、現実の出来事に対し、自分が弱くて
我慢する力が足りないせいだと思っていました。

 

 

 

ですが実際は…

冷静に自分や人に対する見方を変えていくと、
そうではないことが分かりました。

 

思わず拍子抜けしてしまう程、自分が我慢しなくて
はと耐えてきたことは、本当は必要のないものばか
りだったのです。

 

 

 

うすうす感じたことはありました。

私が必死に我慢して行っていることを、他の人は
苦労せずすんなり出来ているように見える…

 

それが実は本当にその通りで、他の人が強く、
忍耐力があるからというわけではなく、
そもそも我慢をせずに、自然に行っていただけ
だったんです。

 

 

 

例えば、

『人と話すこと』は無理をして頑張らないといけな
いことだと感じていた時。。

人と話すことがひたすら楽しいと言う人は、無理し
て会話をしているわけではありませんでした。

 

ちゃんと、自分が人と会っていて疲れない時間や、
相手、テーマや話題を知っていて、むしろそこに
“我慢が無いから”、心から楽しめていたんです。

 

 

また、なにも苦労せずに綺麗な肌や体型を維持して
いる人は、言葉通り「なにも特別なことをしていま
せん」でした。

 

身体に良いもの・悪いものを分けて、本来する必要
のない自己否定や罪悪感、ストレスを感じたり、
嫌々ジムに通ったり、過食衝動を抑圧しているわけ
でもなく、

素直に身体が欲するものを与えているからストレス
や反動も0、栄養が行き渡って、心も身体も本来の
サイクルでスムーズに活動し、めぐりが良いため、
特別なケアや苦労をする必要が無いんです。

 

 

同じように、毎日を笑って楽しんでいる人は、
決して“我慢強い人”という訳ではなく、
そもそもつらいのを我慢して生きていません。

 

我慢や抑圧、自分の本当の望みに嘘をつくことがな
いから、楽しく生きられていたんです。

 

もっと我慢強くならなきゃ…と
自分を責めていた当時の私には衝撃の事実でした。

 

 

だからもし、今生きているのが辛かったり、
我慢しながら生きているとしたら、

それは
弱いからとか甘え・個人の問題ではなく、

自分に合っていない・する必要のない我慢をしてい
ること自体に、生きづらさの原因が潜んでいます。

 

 

我慢は嫌な気持ちを抑えて、無理をするため
ストレスが溜まります。

 

そしてその先に見返りを求めてしまうと、

こんなに我慢しているのに…
こんなに頑張ったのに…

と報われない気持ちが爆発して
さらに苦しくなることもあります。

 

まさに私自身、いくら我慢しても希望が見えず、
これ以上頑張り続ける自信もなく、

「こんな自分で生きていくのは耐えられない..!」

と努力の方向を間違えて、爆発してしまったので
した…。(笑)

 

 

当時はなぜか根拠もなく、

我慢をすればいつか、何か報われるんじゃないか
と思っていたのですが。。。

それは幻想です。

 

自爆を経た今だから分かりますが、やみくもな先の
見えない我慢の先に、幸せが待っている保証はあり
ません。。

 

 

苦しいようですが、我慢をしていると
その元となる執着や根本の原因から目を背けられる
隠れたメリットもあります。

 

実際、苦しいはずの我慢をやめようとした時、
やめたらもっと恐ろしいことが起こりそうな、
不安な気持ちになったりしないでしょうか。

 

私も、最初はしがみついていたものを手放すのが
怖く、自分の弱さを更に目の当たりにしてしまうよ
うな気がして抵抗がありました。

 

しかし紆余曲折を経て、不要な我慢を手放してみる
と、ものすごく生きやすくなった、現在の生活が
あります。

 

 

身をもって経験して言えるのは、やはり我慢ばかり
して生きるのは“とても苦しい”です。

 

子どもの頃から、誰に頼まれたわけでもなく、
本当はしなくても良い我慢を重ねていた私ですが、

今では当時はよく耐えていたな…と、
後に耐えられなくなり、生きることを投げ出したの
は、当然の事の様にも感じています。

 

もし今、我慢して生きていることで、とてもツラい
思いをしている方がいるなら、それは本当に苦しい
生き方だと思うのです。

 

 

手放す過程はまた改めて書けたらと思いますが、
いらない我慢をやめていくと、本当に自分にとって
無理のない生き方に変わっていきます。

 

以前は我慢をしなくては出来ないと思っていたこと
が、今ではストレスなく出来ていることに自分でも
驚くこともあります。

(特に、赤面症で人前に出ると声が震えて涙を流し
ていた私が、自らヨガのインストクターとして人前
で話す仕事をするなんて…。しかも嫌々ではなく好
きで楽しんで行っています。)

 

実際、それだけ生き方は変えられるし、
『我慢』は生き方に影響します。

 

本当の望みに素直になる努力を重ねれば、本来は
必要のないものだったと、腑に落ちて理解ができる
はずです。

 

aftereffect-eatingdisorder

 

次ももう少し“本当は不必要な我慢”について、
また『我慢』と『努力』の違いについて書いてみよ
うと思います。

 

 

頑張る目的は何?