デッサンとヨガはよく似ている【ものの見方と執着・解決のヒント】

 

鉛筆デッサン石膏像-inteviam

学生の頃も割と好きだった石膏デッサン。
(写真は10代の頃の懐かしのデッサン達です。)

 

ただ、学生時代の「上手く描かなきゃ…!」という
プレッシャーや欲から解放され、社会人になってか
らの方が、のびのび楽しく描けるように(笑)

 

皮肉なことに、上手く描きたいと根詰めていた頃よ
り、何も考えずに楽な気持ちで描いたほうが、硬さ
のない自然な感じが出せるようになってきました。

 

絵とメンタルって結構繋がっていると思います。

 

dessin-inteviam

(↑座った時の膝の上を狙われています 笑)

 

デッサンは、よく絵を描く上での基礎力だったり、
客観的にものを見る観察力などと言われますが、

実は私はなんとなく「そうなんだろうな」と思う程
度で、その意味をちゃんと理解していませんでした。

 

一度しばらく絵を離れて、ヨガを始めたり、自分の
内面との向き合いながら、ものの見方を模索してい
た時、ふと石膏が描きたくなって、描ける場所を探
して行ってみたところ、

こういう事なのか…!

と、やっと腑に落ちた感覚があったのです。

 

多分センスが良ければ、すんなり理解できるのかも
しれませんが、色々とこじれて視野が狭くなってい
た私は、少し寄り道をしてまず歪んだ捉え方を整理
しなければ、理解できない部分だったと思います。

 

「遊ぶ」=「さぼる・怠ける」思考だった学生の頃
美術の先生の言う

「遊べるときは、思いっきり遊んどけ」

という言葉の意味も分かりませんでしたが、後に

「あぁ、そうやって色んなものに触れて、視野を広
げておけってことだったんだな..」

と実感しました。

 

(当時バカ真面目にしていても、実際は気ばかり張
って、集中すべき場面で100%力を発揮できていた
かというとそうでもなく…笑

沢山遊んでいてもそつなく何でもこなしてしまう子
は要領が良いんだなぁと羨ましく思っていましたが
大きな視野を持っていたからこそですよね。)

 

今となっては、あのまま美術の道を一直線に突き進
んでも、こういったことに気付けなかったと思うの
で(そもそも途中から、心身共にボロボロで絵を描
くどころではなかったですが(笑))

結果的にまわり道をして正解。というより
かえって近道だった気もしています。

そんなまわり道をしてみて分かったことですが、
ヨガとデッサンはよく似ていて、普段の問題解決に
活かせるヒントも多くあります。

 

なかでも私の中で、冷静なものの見方をする手助け
となっているのが、

 

「見ているところが見えてくる」

 

という事実です。

 

りんごを見ていると、りんごの皮やヘタなどの細か
い部分までどんどん見えてくるし、服のひだに目を
向ければ、素材や光によるグラデーションなど、
その部分の表情が次第に鮮明に見えてきます。

 

デッサンをする時、

「細かい部分を描写するものに迫る見方」と、

それぞれの描写が浮いてしまわないよう
「全体のバランスを取る大きな見方」の

両方が必要になります。

 

ただ遠くから眺めているだけでは、本物に近づいて
いけないし、近くばかりを見ていても、バランスが
崩れてしまうので、どちらも大切な視点です。

 

どちらかに偏りすぎてしまうと、なかなか上手くい
きません。

ヨガでも一点集中しながら、全体性のバランスをと
ることを目指しますが、視野を狭めて執着したり、
外から傍観しているだけでは、本質に近づいていけ
ないのです。

普段の生活で何か上手く行っていないことがある時
この見方を思い出してみると、大体どちらかに偏っ
た向き合い方をしています。

 

偏りに気付けると、

「少しまわりが見えてなかったから冷静になろう」
もしくは「臆病になりすぎていたから、もう少し突
っ込んでみてもいいかもしれない」などと

自分に何が足りなかったのかが分かり、解決の為に
やるべきことが見えてきます。

 

デッサンにおいても、ヨガにおいても、最初は近づ
きすぎたり、離れすぎたり、私も失敗を繰り返しな
がら、次第にちょうど良い塩梅が見つかるようにな
ってきました。

時にはどちらかが0や100に近くなることも必要です
し、停滞せず、主観的な意識と客観的な意識を繰り
返していくことが、問題から抜け出したり、目指す
ゴールに近づくのに大切なことを日々実感していま
す。

 

little_by_little-inteviam

どちらかというと、私は問題を解決しようと、その
問題にばかり目を向けて、結果的に執着してしまう
ことが以前はよくありました。

 

結局「見ているところが見えてくる」ので、
解決策どころか、その見たくない問題ばかりが常に
見えてきてしまうのです。

 

そして問題に執着していることに気付き、
その執着をやめなきゃと更に執着し、視野をどんど
ん狭めて事を大きくしてしまうことも(笑)

 

もしこんな風に行き詰まったら、デッサンでは、
そのまま描き続けても上手くいかないので、
一度鉛筆をおいて席を立ち、違う世界を見て冷静に
なります。

 

そんな風に離れてみると、解決しなきゃと躍起にな
っていたことが、意外と問題ではなかったと気付く
ことがあるんです。

 

(顔の印象が似ないという時、手を止めて一度目を
休めてから見てみると、意外と顔のパーツではなく、
顔と身体や髪型のバランスだったことに気付くこと
も。。)

 

同じように日常生活でも、問題にフォーカスを合わ
せ続けることが、事実を見えにくくし、身動きをと
れなくさせて、苦しめていたりもします。

 

 

執着を手放すには、それを受け入れてみるのが有効
です。

 

ヨガや瞑想などをしている間、何か考えが浮かんで
きた場合、「考えてはいけない…!」と思えば思
う程、そのことがしつこく浮かんで、余計に気にな
ってしまうことがあります。

ですが、「こういうことを考えているんだ」「気に
してるなぁ」と認め、受け入れると、不思議ともう
それ以上追われることはありません。

 

無くそう無くそうと抵抗すると、その抵抗・反発し
ている部分をずっと見てしまうことになりますが、

別に存在しても良いことが認められれば、排除にピ
リピリしていた神経も安心し、注意を払う必要もな
くなります。

 

 

普段何かスムーズにいかない時は、

「上手くいかない部分に目を向けすぎていたこと」
に気付き、その強いこだわりを“認める”だけで、

途端に力が抜け、視野が広がり、本当に必要なこと
が目に入ってくる、なんてこともありがちです。

 

自分があるものに「こだわっている」という事実を
認めることは、時としてプライドが邪魔をしたり、
恥や劣等感を感じて辛いこともあるかもしれません。

 

ですが、それをわざわざ人に言う必要もなく、自分
の中で“認める”工程は、

誰かに知られて悪影響があるわけでもない、結果的
に自らを苦しみやしがらみから解放する“癒し”とな
ることを、思い出してみてください。

 

 

私も今でもやきもきしてしまうことがありますが、
一度認めてしまえば、拍子抜けするくらい心が楽に
なり、クリアに違う世界に目を向けられます。

(なんであんなに意地を張っていたんだろう..もっ
と早く認めちゃえばよかったと笑える程(笑))

 

 

「見ているところが見えてくる」なら、やはり自分
にプラスになること、好きなことに目を向けていき
たいですよね。

 

目の前の問題に惑わされず、本当はどんなものをみ
たいのか、私もデッサンを描く視点を思い出しなが
ら、ピント調節を磨いていきたいと思います。