続かない・続けても変われない理由

新しいことにチャレンジしても、三日坊主
で終わってしまったり、何かを改善しよう
と思っても、途中で嫌になって投げ出して
しまったり。。。

 

何かを続けることって難しいと感じた経験
は、結構多くの方にあるのではないでしょ
うか?

 

私はあります。

特にヨガを始めた当初は、ハマって毎日練
習し、1日でも休んじゃいけないと強迫的
になるなかで、体調を崩して1回そのリズ
ムが崩れると、パタリとしばらくやらなく
なってしまう時期がありました。

当時はまだ摂食障害だったこともあり、体
調も精神的にもかなり不安定で、強迫的な
思考や、0か100思考が強かったのですが、
何かにガァーッとエネルギーを費やして、
燃え尽き、行き詰まるパターンが、他のこ
とに対しても多かったように思います。

摂食行動に関してもそうでした。
食べるか、食べないかの2極で、チョコ
レートひとつなんて、冷静に考えればなん
てことは無いのに、一口食べただけで、も
っとたくさん食べて吐き出してしまわなき
ゃという、中間が無く、まさに0か100の状
態の繰り返しだったのです。

 

 

私の例はかなり極端ですが(笑)、もっと
日常的な事でも、続けられるか、続けて前
進出来るかのポイントは、この『0か100
かの間に、1~99をつくること』だと思い
ます。


やるかやらないか、白黒のところから、全
くのゼロをつくらず、グラデーションの幅
を増やしていくイメージです。

 

これは今の私も練習中で、心掛けています
し、平和な日常が送れるようになったのは、
この段階がが少しづつ出来てきたからだと
実感しています。

何か問題が起きた時でも、極端なところま
で行って爆発することがまず無くなりまし
た。

 

 

ここ最近でも、以前は制作に集中している
と、身体への意識がおろそかになったり、
ぶっ続けて、ヨガをしない日を作ってしま
ったりということがあったのですが、今は
そのゼロになる日を無くすことを心がけて
います。

怪我をしていても、その部分を避けて練習
できるポーズをしたり、作業の合間に5分
でも身体を動かす機会を作ったり。。。本
当は徹夜して作業する日も無くしていきた
いのですが…このグラデーションの配分
を作るのがこれからの課題です。

 

また、英語を使う機会がある際、その前に
一気に詰め込んで騙し騙しきていたのです
が(笑)、それだとやはり上達しないので、
最近は少しづつでもなるべく日々英語に触
れる機会を作っています。

(ちなみにNHKのおとなの基礎英語と仕事
の基礎英語を見たりしているのですが、疲
れていても気軽に見れて、面白いのでおす
すめです。)

 

まだまだ私もグラデーションを作る練習中
ですが、ハードルが低い方が取り組みやす
く、やらなきゃと焦る気持ちや、今日も出
来なかったと落ち込む気持ちが減る一方、
+αで出来た時は充実感が増したように感
じます。


ヨガや運動を上手く続けて上達している人
を見ると、20%くらいで行う日もあれば、
50%、80%、そして100%近く集中する日
があるように、やはり自分の体調やその他
とバランスを取りながら生活に取り入れて
いるのが良く分かります。

 

食事でも、マクロビオティックやローフー
ド、アーユルヴェーダなど色んな食事法が
ありますが、極端にこの食品はOK、これは
NGと線引きしている人ほど、失敗している
印象です。

かくいう私も止められない過食や過食嘔吐
をなんとかしたくて、色んな食事法にすが
りついた時もあったのですが、どんな食事
法でも、極端な良い悪いを分ける思考パ
ターンを直さなければ、上手くいかないこ
とを身をもって実感しました。

 

必死になるよりも、無理なく楽しむ余裕の
方が大切だったりするのです。

 

 

 

今ではちょっと緩み過ぎて自分で喝を入れ
なくてはならない程ですが(笑)、昔は俗
にいう完璧思考の部分がありました。

なんでもキチっと片っ端から100%でやら
なきゃ気が済まなかったのです。

でも、振り返ってみると、完璧に出来たこ
となんてありません。

完璧に近い状態までいけたとしても、出来
なかった部分が目についたり、燃え尽きて
何もしたくなくなってしまったり、他の部
分がおろそかになってしまったり。。。

完璧を目指すことで、他に支障が出たり、
とにかく効率が悪かったと、今振り返って
気付きます。

悲しいことに、100を目指して、途中でダ
メになってゼロに戻り、また100を目指す
けれど、やっぱり上手くいかずゼロに戻る
をやっていると、いつまでもゼロのまま進
みません。

 

それよりも、今日は自分の理想の半分しか
出来なかったけど、明日はもうちょっとチ
ャレンジしてみよう、今日は本調子じゃな
いからセーブしよう、昨日よりも+5%努
力してみよう、という様に、完璧を目指さ
なくても、ゼロを作らない方が、確実に前
に進み、それを長く続けていけます。

 

 

100%全力が悪いことではなく、自分の限
界を超えるには必要なことですが、いつも
いつも上の高い場所ばかりに目を向けるよ
りも、土台の0から1にする意識を大切に
した方が、結果的には近道だったりするの
です。

(もちろん意識して0と決め、休むことも、
時には大事です。)

 

最初は振出しに戻ることが多くても、まず
は何かしら行動すれば、バランスを知る材
料になります。

何もしなければ、ゼロの延長が続きますが、
ひとつ何かアクションを起こすことを続け
れば、必ず変化に気付く日が来るはずです。