続かない・続けても変われない理由

stick_to_something

 

新しいことにチャレンジしても、三日坊主で終わっ
てしまったり、何かを改善しようと思っても、途中
で嫌になって投げ出してしまったり。。。

 

何かを続けることって難しい。。。

 

そういった経験は、案外多くの方にあるのではない
でしょうか?

 

 

 

私はあります。。

特にヨガを始めた当初は、不安を埋めるように毎日
練習し、1日でも休んじゃいけないと強迫的になる
なかで、

体調を崩して1回そのリズムが崩れると、パタリと
しばらくやらなくなってしまう。。。そんなサイク
ルを繰り返していた時期がありました。

 

当時は摂食障害だったこともあり、体調も精神的に
もかなり不安定で、制限したり追い込むような強迫
思考や0か100の極端な思考が特に強かったのですが

何かにガァーッとエネルギーを費やして、燃え尽き、
行き詰まる・自信を失うパターンが、他のことに対
しても多かったように思います。

 

binge_eating-bulimarexia

摂食行動に関しても、まさにそうでした。

 

適切な食生活を続けることができず、

食べるか(その後吐くか)、食べないかの二極で、
チョコレートひとつ、冷静に考えればなんてことは
ないのに、一口食べただけで

「あぁ、ダメだ・・・食べてしまったから吐かなきゃ」

と絶食と過食嘔吐の中間が無く(笑)、
まさに0か100の状態の繰り返しだったのです。

 

 

私の例はかなり極端ですが(笑)、

こういった失敗を経て、身をもって学んだのは

もっと身近な内容でも、少しハードルの高い新たな
挑戦でも、日々続けられるか、続けて前進出来るか
のポイントは、先程の

『 0か100かの間に、1~99の段階をつくること 』

にあることです。

 

new_challenge-inteviam

 

やるかやらないか、白か黒かのところから、
全くのゼロをつくらず、グラデーションの幅を増や
していく、許容するイメージでしょうか。。

 

 

これは今の私も練習中で、続け、成長したいことこ
そ執着せず、幅を持たせることを心掛けていますし

平和な日常が送れるようになったのは、この段階が
少しづつ出来てきたからだと感じています。

 

 

中間の段階に少しづついられるようになってくると
気負ってはじめの一歩が踏み出せないことや、極限
まで行って爆発する・燃え尽きる・ヤケになる、と
いった極端なことがまず無くなっていきました(笑)

 

step_by_step

 

ここ最近でも、以前は制作の方に集中していると、
身体への意識がおろそかになったり、ぶっ続けて
ヨガをしない日があったりしたものを、

今は出来るだけどちらもバランス良く取り入れられ
るよう、まずは0になる日を無くすことを心がけて
います。

 

 

作業の合間に5分でも身体を動かす機会を作ったり、
調子が悪い時でもできる範囲で練習しながら。。

本当は徹夜して作業する日も無くしていきたいので
すが…このグラデーションの配分をバランス良く
作っていくのが、これからの課題です(笑)

 

 

何かを勉強する時も、

“ まずは5分 ” でも毎日やる機会を作ることが重要

と言ったりしますよね。

 

 

私もなかなか上達しない英語は、やはり一気に詰め
込んだり、騙し騙しでムラがあるので、、

NHKさんの力も借りつつ、少しづつでもなるべく
日々英語に触れる機会を作っています。

(大西先生とサラ・オレインさんにいつも励まされ
ています。笑)

 

 

まだまだあらゆることにおいて模索中ですが、

ハードルが低い方が取り組みやすく、やらなきゃと
焦る気持ちや、出来なかったと落ち込む無意味な
ストレスもなく、

いつも以上に+αで取り組めた時には充実感が増す
実感があるので、1から少しづつ段階を増やしてい
く方法が、個人的にはオススメです。

 

little_by_little-inteviam

 

ヨガや運動を生活に上手に取り入れて、何年も継続
しながら上達している人を見ると、

20%くらいで取り組む日もあれば、50%、80%、、
そして100%近く集中する日があるように、

やはり自分の体調やその他とバランスを取りながら
習慣にしているのがよく分かります。

 

 

食事に関しても、
マクロビオティックやローフード、アーユルヴェー
ダなどいろんな食事法がありますが、

極端にこの食品はOK、これはNGと、2つに分けて線
引きしている人ほど、失敗している印象です。。

 

 

かくいう私も止められない過食嘔吐や望まぬ慣習を
なんとかしたくて、色んな食事法にすがりついた
時期もありましたが、

どんな食事法であっても、極端な良い悪いを分ける
思考パターンを直さなければ、上手くいかないこと
を身をもって実感しました。

 

 

〇か×か、
ジャッジすることに必死になるよりも、

なんでも大丈夫◎ と

その間の状況に応じて、バランスを楽しめる余裕の
方がよっぽど大切だったんです。

 

vegetarian

 

今ではやや緩み過ぎな面もありますが(笑)
実は昔は余白のない、俗にいう完璧思考にとらわれ
ていた人間でした。

なんでもキチっと片っ端から、100%でやりたがる
癖があったんです。

 

 

でも振り返ってみれば、、

100に近い状態まで頑張れたとしても、及ばなかっ
た何%かに目を向けて、満たされることはなく、

途中で燃え尽きて何もしたくなくなってしまったり
かえって他がおろそかになってしまったり。。。

100にとらわれていたことで支障が生じ、とにかく
効率が悪かったな、、と「100が全て」にしてしま
うと、弊害の方が実は多いことに気付きます。。。

 

alternative

 

悲しいことに、

初めから100以外を許さず、到達できないと途中で
挫折し、0に戻り、

また100を目指す!

けれど、
やっぱり上手くいかず、0に戻る。。

をやっていると、、

結局気付けば、いつまでも0のまま。。
振出しに戻って、前に進めていません。

 

 

それよりも、100に向かう1~99の変化を認め、

今日は50は出来た、
明日はもう少しチャレンジしてみようかな、

本調子じゃない今は、スタミナ切れを起こさないた
めに少しセーブしよう、

昨日よりも+5%でも改善してみよう、という風に

初めから完璧を目指さなくても、0を作らない努力
をした方が確実に前進し、それを長く続けていけます。

 

 

100を目指すことは決して悪いことではなく、自分
限界を超えるには、時として大切なことです。

 

 

ただ、いつも無理をしなければいけないような
0から急激に100段上るハードルを課すよりも

土台の0から1を積み重ねる意識を大切にした方が
継続においては、結果的に近道だったりするんです。

 

the_hare_and_the_tortoise

 

たまに、楽しむ程度のものだったらいいのですが、
日々続けたいと思うものを、イベントのように大そ
れた特別なものにしてしまうと、毎日の習慣にする
のは難しくなります。

 

日常の中を見渡してみると、別にわざわざ続けよう
と努力をしていない事でも、毎日自然に行っている
ことは、たくさんあると思うのですが、

続けたいことも、そのように当たり前になるくらい
習慣にしてしまえると、無理なく定着していきます。

 

それには頭でコントロールしようとするのではなく
ストレスが無いことや、プラスのメリットを身体で
体感し、腑に落ちて理解していることが大切です。

 

daily routine

最初は振出しに戻ることが多くても、まずは何かし
らひとつ行動してみると、快や不快の感覚の変化や
自分にとって無理なく続けられるバランスを知る
判断材料が増えていきます。

 

小さなことでも、何か1でもアクションを起こすこ
とを続けてみると、いつしかそれが当たり前になっ
ていたり、その変化を実感する日が来るはずです。