舌磨きと鼻洗浄で分かった自分の体質

「何を食べたら、どんな変化が身体に起こるかを
観察しなさい。」

 

カウアイ島でマイラ・リューイン先生のもと、ヨガ
のトレーニングを受けた際、こんな指導があり、
約1ヶ月間食べたものと、それによって起きた身体
や気持ちの変化を記録しました。

 

まめな人間ではないので、今はもう記録していませ
んが、この観察の視点を教わってから、自身が消化
しやすいもの、身体に負担をかけるもの、気分への
影響などが、体感として知れることが分かりました。

 

 

前回「自分の身体にとって、何が良いかは人それ
ぞれ違う」ことに触れましたが、

どうしても自分の感覚に自信が持てないと、外から
の情報だけに頼ってしまうものだと思います。

 

 

私もまともな食生活が送れなかった時ほど、本やネ
ットで漁るようにいろいろ情報を得て、“良い食べ
もの”に詳しくなった気でいたのですが、

今思えば、それは本当に「ただの情報」でしかあり
ませんでした。

 

冷静に考えて本当に詳しければ、摂食障害で苦しん
でいるはずがないことぐらいすぐに分かるのですが
(笑)、
それに気づかず、外に外に答えを求めて、執着して
しまっていたんですよね。。

 

動物が本などを読まなくても、自らが消化できるも
の・適量が分かるように、実際は自分の身体が一番
答えを知っています。

 

 

私も自己信頼度がとても低かったので、
それに気づくまでとても時間がかかりましたが、
一度自分の反応に答えを見つける体験をすると、
だんだんと視点や考え方を変えていけました。

 

それは食に限ったことではなく、
今でも何か上手くいかないことがある場合、冷静に
一歩引いて見ると、大体外の情報や、自分に嘘をつ
いて他の誰かの考えにとらわれていることがほとん
どです。

 

その度に「あ、またやってる…」と呆れますが
(笑)、気付いてしまえばシンプルに、内側の声に
耳を傾けてみると、案外あっさり解決できたりします。

 

 

とは言いつつも、急にそれまで目を向けることもな
かった体感や内の感覚に頼ろうとしても、
始めはあいまいで難しいもの。。。

 

身体に起きる変化を知る方法は様々ありますが、
私はなかでもヨガ合宿中に教わり、今でも毎日続け
ている「タングスクレーパー」と「ネティ」
良いヒントになっています◎

 

(↑滞在先のHalePule製。なかなかの年季)

 

タングスクレーパーは、舌磨きです。

 

Amarma(アマルマ)銅製タングスクレーパー (日本製)

朝起きたら舌を見て、金属製の道具で表面を軽くこ
すります。
すると舌のコケが取れるのですが、これが前日どん
なものを食べたかによって、まるっきり変わり、
面白いんです。

 

舌のコケは、消化しきれなかった「未消化物」の表
れで、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」では
アーマ(=毒素)とされています。

 

朝一番に取り除くことで、毒素・老廃物を除去し、
口内を清潔に、消化器系の負担を減らしたり
味覚を鮮明にする(味覚が鈍っていると濃い味を求
め、暴飲暴食につながることも…)
などの効果があるのですが、習慣的に続けていると
自分の体質も少しづつ分かってきます。

 

舌の状態があまり良くない時は、前日に共通するも
のを食べていることも多く、体質に合わないもの、
意外と大丈夫そうなものが、傾向として見えてきま
した。

 

私は割と、誰かが良くないというのを一度聞いてし
まうと、頭で悪いと思い込み、ただひたすらNG食品
が増え続けていく時期があったのですが、

自分の舌を基準にするようになってから、情報に左
右されなくなり、精神的にとても楽になったのが大
きなメリットです。

 

(反対に、誰かが良いと薦めるものでも、不調を感
じれば「自分には合わないんだな」と、無理をして
ストレスのもとを続けなくなりました。)

 

 

この舌磨きと同様に、鼻腔の毒素・老廃物を洗い流
すのが、ネティと呼ばれる鼻うがいです。

ステンレスのネティポット(鼻水差し) 直径:約10.5cm

インド雑貨 アジアン雑貨 TIRAKITA

 

急須のようなネティポットを使い、片方の鼻から反
対側の鼻へ、体温と同じ位の塩水を通して洗浄する
のですが、一度この鼻や眉間のスッキリ感を知って
しまうと、しないと気持ち悪いくらいになります
(笑)

特に風邪の時や花粉の時期には、症状がかなり楽に
なるのでおすすめです。

 

 

鼻が詰まっていると味が良く分からない経験をされ
たことがある方も多いと思いますが、
この鼻洗浄も味覚に影響しますし、呼吸や視界、頭
もクリアになります。

 

ネティをするまで気付かなかったのですが、前日に
消化の得意ではないものを食べると、舌と連動して、
鼻も通りが悪く、食事が鼻のつまりや嗅覚、呼吸に
も影響していたことを知りました。

 

 

こういった感覚が鈍感になってしまうと、よりジャ
ンクなもの、中毒性の高い濃い味のものを欲して、
次第に麻痺していくと、より強い刺激を求め続けて
しまうこともあるので、

 

身体がしんどくなるのは分かっているのに、甘いも
のやジャンクフードをやめられない…という方は

味覚や嗅覚のケア、舌や口内、鼻のケアを取り入れ
てみると良いかもしれません◎

 

伝統ハーブ&スパイス配合 SUDANTA(スダンタ) 歯磨き粉 100g

(口内に関しては、歯磨き粉をノンケミカル・低刺
のものにしたり、セサミオイルやココナッツオイ
ルを口に含んで15分程口をゆすぐ“オイルプティン
グ”もおすすめです◎

 

私は口内炎ができやすく、唇も荒れやすかったので
すが、歯磨き粉の強い化学成分に反応していたよう
で、替えてから炎症が収まりました。

濃い味も次第に受け付けなくなります。)

 

 

こういった身体の反応も、人それぞれ違います。

 

想像するのと実際に体験してみるのとでは全く違う
ので、自分の内側に答えを探すきっかけとして、

アーユルヴェーダ以外のものでも、何か習慣として
日々義務感無くできるものを始めてみると、楽しみ
ながらバロメーターチェックができると思います◎

 

 

 

 

↓ネティポットやオイルなどアーユルヴェーダ製品
を数多く扱っているショップです◎

インド雑貨 アジアン雑貨 TIRAKITA