キャンドルのオレンジ色の効果【11/30】キャンドル・ヨガニードラ

posted in: News|お知らせ, Yoga|ヨガ | 0

この週末、普段ヨガのクラスを行っている、
ハレヨガハワイがある大倉山商店街はハロウィンの
イベントで盛り上がっていました。

 

可愛く仮装した子どもたちが
「トリック オア トリート!」と言って、お菓子を
もらいにスタジオまでやってくるのですが、
その衣装のクオリティが高い。。。

そして沢山いるのに見事に被らないのです。

 

 

 

最近は大人の皆様の仮装が本格的で、電車の中で
すれ違うとたまにびっくりすることもありますが
(笑)、
商店街のローカルな雰囲気のなか、子どもの仮装は
ほっこり癒されますね。

 

帰る頃には街の雰囲気もすっかり落ち着いていて、
もう終わってしまった感もありましたが、

(今朝、渋谷にヨガのマイソールクラスに行った時
も、ボランティアの方が残骸を片付けていて、
なんだか切ない空気が漂っていました…)

 

ハロウィン当日はこれからですよね◎

 

 

とハロウィンハロウィン言っていますが、
かくいう私も実のところ何のお祭りかよく分かって
おらず、特別な思い入れがあるわけではありません
(笑)

 

 

ですがいつも街中を彩る“オレンジの色の雰囲気”
には元気をもらえている気がします。

 

 

色に対する印象は、
個人的な体験や思い出なども影響するので
一概には言えないのですが、

一般的に“オレンジ”は光や熱などの暖かさ、
ぬくもりを感じやすい色と言われています。

 

 

イメージ療法でもオレンジ色は良く扱われ、

冷え性の人が、まずは実際に温かいものに触れなが
ら熱やぬくもりの感覚に意識を集中させ、
その際同時に“オレンジ色”をイメージする練習を
何度も繰り返していくと、

オレンジ色を思い浮かべるだけでポカポカと温かさ
を感じられるようになることも可能です。

 

 

(酸っぱい梅干を想像するだけでも、口の中に唾液
が出てくるのと同じ原理で、
実際にはその状況に無くても、イメージで身体の
反応を起こすことができます。)

 

 

がっつり仮装を楽しんでみたり、
カボチャのメニューを味わったり、ハロウィンは
遠目で眺めつつ、静かに秋を満喫したり…
楽しみ方は色々ですが、

街に溢れる色や、それを見て身体がどう感じるか、
その反応を楽しむのも、季節やイベントが面白くな
るひとつの方法だと思います。
(私だけかな…?(笑))

 

 

色を引き金に、ふとある記憶がよみがえったり、
心が求めているもののヒントを得たり…

色彩心理は難しく考えなくても、色に対する自分の
印象を素直に感じやすい点も魅力です。

 

この時期ならではの色彩を味わいながら、
ぜひ豊かなハロウィンをお過ごしくださいね◎

(そしてハロウィンが過ぎたら、すぐにクリスマス
もいらっしゃいますね…)

 

 

 

 

そんな色に関するイメージングも取り入れた
キャンドル*ヨガニードラ、次回はハロウィンから
1ヶ月後の 11月30日(金)に開催です。

 

からだに優しい蜜蝋キャンドルの
柔らかい光や色も、眺めているだけで心が落ち着き
ときほぐれていくのを感じられます。

 

夜は冷えることも増えてきましたので、
どうぞ温かくしてお越しください◎

 

 

≪キャンドル*ヨガニードラ≫

 

11月30日(金)

19:30~20:30(※ドアオープン19:15)

ロハス・ムーン(新宿御苑)

 

詳細・ご予約はコチラ