玄米で血糖値が急上昇?!

糖質制限や、マクロビ、ローフードやアーユル
ヴェーダなど、、、色んな食事法や情報があって
何を信じたらよいか分からなくなること、
ありませんか。

 

私は食事に関してはいろいろと試した中で、結局
「好きなものを美味しいと感じながら食べる」に
落ち着きましたが、

子どもの頃からまずくても身体に良さそうなものを
我慢して食べたり、摂食障害の前後は、極端に制限
することや、身体に良さそうなものと悪そうなもの
を分けて選ぶなど、かなり“得た情報”を頼りに、
考えながら食生活を送っていました。

 

 

それが良い結果になれば良いのですが、

「この食事に変えて人生変わりました!」

という人のようにはなれず。。。

 

混乱することの方が多かったです。(笑)

 

 

そんなに派手に振り回されなくても、健康志向で食
に気を付けている方も多いと思いますが、その食生
活が実際は、身体に良くなかったとしたら・・・

どうしますか?

ちょっとショックですよね。

 

 

でも私が生きているここ何年かのうちにも、常識と
言われることが覆ったことも何度か見てきましたし、
「正しい」と言われることって案外簡単に変わって
しまうこともあります。

 

この前読んだフリーペーパーのYOGAYOMUに
面白いことが書かれていたので紹介します。

高城剛さんのインタビュー記事なのですが、そのま
まの文章の方が楽しいと思うので一部抜粋します。

 

 

― 高城

 

実はこの前2週間くらい実際にチップを体の中に入
れて、自分の血糖値がどうなっているかを調べました。

 

最近少しずつ考え方が浸透してきていますが、
「体に良い食事」というのは人によって違うわけです。

 

全員にとって同じものが体に良いわけではない。

 

しかし、何が良いのかわからないのが一般的で、
僕も過去10年間、健康志向で玄米菜食を貫いてきた
のですが、最近ディバイスを体内にいれて調べてみ
ると、普通の白米より僕は体質的に玄米の方が血糖
値がスパイクするんです。

 

さらに調べていくと、実は僕にとっては玄米や野菜
は、そこまで身体に良くないことがわかりました。

 

衝撃的ですよ。

 

色々食事しながら試した結果、グルコースのカーブ
が一番理想的なのが、僕の場合は良いバージンオリ
ーブオイルを使ったパエリアだったんです(笑)。

 

人間、何が体に良いかはわからないものですよね。

 

―YOGAYOMU  vol.53
特集「予防医学」より

 

 

なんと、内容も衝撃的ですが、
そんなことまで調べられる技術にも驚きです。

これを読んで、私も一回やってみたいと思いました
(笑)

 

ただこの後に続く文章の中で、こういった技術に対
して聞かれ、高城さん自身、100%は信じきってい
ないとも答えていました。

 

「最先端」と「最古」の両方を信じるなかで、
データだけを信用しないで、最後は自分の体、
自分の直感を信じる、とも。

このお話も高城さんの経験や意見であって、信じる
か、共感するかも各々の自由です。

 

 

同じ食事法でも、上手く使いこなして幸せになる方
の一方で、余計に自信を失い苦しそうな方もいます。

 

その違いを考えた時、もちろん体質に合う・合わな
いの関係もあると思いますが、
一番には「自分の体や、直感を信じる」視点がある
かどうか、なのではないかと私は思っています。

 

高城さんもそうですが、これ!という風に決めつけ
ず、自分の体で試すことを楽しんでいる方って、そ
れだけで結果に悩まず、楽しそうですよね。

 

食事法を考案したり、自らの体験をもとに推奨して
いる方も、「これが良いと言われているのでこうし
ています。」ではなく、自分の身体を実験台に、
探究を楽しんでいる印象があります。

 

 

私の知人にも、乳酸菌にハマっている人がいて、サ
プリメントのカプセルから粉を取り出し、鼻で吸い
込んで鼻炎や蓄膿を治した話を熱く語ってくれまし
たが、安全性の疑問はあれど、まずその冒険心が凄
いと感心しました。(笑)

 

また「えー!?」と引く人がいようと、ブレること
なく、とても楽しそうに仮説や今後の実験計画も
教えてくれました。

 

もはや人体実験が生きがいみたくなっています。

 

確かに「えー・・・。」と感じる方もいて不思議で
はないですが、私はこういった研究者みたいな視点
に魅力を感じます。

 

もし、情報や理想どおりにいかなくて苦しくなった
時は、こんな視点もあることを思い出して、

今までにはしなかったことを試すような冒険の要素
を加えてみると、意外なところから道が開けるかも
しれません。