失って気付く○○の大切さー摂食障害の後遺症ー

 

aftereffect-eatingdisorder

 

新年早々のカミングアウトですが。。。

 

 

実は

 

 

 

 

。。。。。。。。。骨が折れております(笑)

 

 

 

折ってしまったのは去年のクリスマス前で、
痛みと腫れはもうだいぶ落ち着いていますが
我ながら骨のもろさにびっくりしました。

 

骨折したのは外くるぶしの部分で、そこまで生活に
支障は無くとも、普段思うままに身体を動かせてい
た分、ケガをして改めてその当たり前ではないあり
がたみを感じています。

 

(カポターサナA・B練習 この時既に骨折中…笑)

 

 

それはさておき、なぜ私の骨はもろいのか。。。

 

当時は先のことなんて考える余裕が無かったのです
が、実は今の骨の弱さは、摂食障害の後遺症です。

 

 

単純に低栄養状態で、骨の材料が摂れていなかった
こともありますが、生理が4年以上止まっていたこ
とも大きく影響しています。

元々PMS(月経前症候群)もあり、
無月経は苦痛なことがなくなって、むしろラッキー
とも捉えていました。。

 

ですが、

毎月面倒なものでも、日々の身体にとって必要だか
ら備わる機能で、何も子どもを産むためだけの役割
ではないことを、私は回復してから知ったのです。

 

estrogen_female_hormones

 

以前、自身の経験を振り返りながら摂食障害につい
て学ぶため、UCLAでのスタディツアーに参加した
際も、

一度失った骨密度を元の状態に戻すのは、なかなか
難しいことを、現地の医師や看護師の方から、図や
表を交えた説得力のある説明で改めて聞いた時、

強い衝撃や後悔があったことを覚えています。

 

 

無月経の期間が長ければ長いほど、骨量の低下は静
かに進んでいるので、その時は楽だと思っても、
将来取り返しのつかなくなるリスクもあります。。

 

 

また余談ですが、骨とは別に、私は甲状腺の機能も
低下していました。

 

甲状腺は身体の代謝機能を司る部分ですが、
長い間栄養が入ってこなかった身体からしてみれば
代謝機能を落として省エネモードにしていく試みは
当然のことのようにも理解できます。

 

 

当時はただ単に、余分な脂肪を落としているだけの
つもりでしたが、思わぬ臓器や機能もダメージを受
けており、、
症状が落ち着いてから5年経つ今でも、万全まで
戻っていない部分がまだあるんです。。

 

eatingdisorder

脅すような内容になってしまいましたが、
後になってから、もっと早くに知っておけば…と
ならないよう、少し悲しい事実ですが、お伝えして
おくことにしました。

 

 

ですが、同時にお知らせしたい事実として、

そんな時を経ても、私の今の身体は、自分史上

1番元気で、1番体力があり、1番よく動きます。

(※このケガ中は1番とも言えませんが、
それを除けば(笑))

 

natural_beauty

 

内側の組織はまだまだ回復途中の部分もありますが
不健康だった子どもの頃とも比べても、

筋力や柔軟性、疲れにくさや、動きの可動域が広が
っていくのに伴い、日常の快適さが全然違います。

 

よく

若い頃は、もっと体力もあって動けたのに。

という方もいますが、

私は逆に、ヨガの練習期間が増えるにつれて、年々
べストな状態を更新し続けているような感覚です。

 

 

なので、年齢を重ねてから、回復してからでも
出来ることは山ほどあり、、、

一度何かを失いかけても、他に得るものもあったり
(私もヨガや尊敬できる治療家の方との出会い、学
びがありました。)

結局はなんとかできるので、大丈夫です◎

 

yoganidra-trauma-overcome-inteviam

 

焦らず、心配せず、やけを起こさず、、

開き直りすぎて、手遅れにならないようにだけは
気を付けながら、、

(真面目な方は、そもそもここまで読むことはない
と思うので、開き直りの心配はないですね(笑))

 

もし今、何かを克服しようと前向きな行動を起こし
ている方がいたら、上手くいかない日があったとし
ても、確実に正しい選択をしていることに、自信を
持ってくださいね。

 

今は自信が持てなくても、、諦めずに絶対に治すと
決断した自分に、後に心から感謝し、間違いではな
かったと思える日が必ず訪れます◎

 

 

 

関連:

欲張り過ぎるとキレイが逃げていく・・・

玄米で血糖値が急上昇?!

不安定な心と異常な食欲、太りやすい身体をつくる○不足

どんなことでも、いつかは必ず終わる

自分をこの世に存在しなかったことにする方法

痩せても痩せても、いつまでも太っていた理由

安全な居場所がなければ、なかなか負の空回りから抜け出せない【自律神経と安全】