inteviam (インテビアム)の語源は
ラテン語の “ inter viam ”
「旅の途中」という意味です

 

「ヨガとアートで生きやすく」をテーマに、
身体やメンタル、創作や表現などから “ 生きやすさ ”
につながるヒントを紹介しています。

 

 

LIFE is Journey. 人生は旅

とよく例えられますが、
誰もが終わりの見えない旅の途中を生きています。

 

 

迷った時も選べるルートはひとつだけで

こんなはずじゃなかった…のか、
他の道を進んでいたらどうなったかは

いくらでも空想はできますが、
実際は知る由がありません。

 

いままでに、思うようにいかない経験を
されたことのある方なら

どんな道を選んだとしても、

自分の理想の通りに、
現実の事が進む保証がないことは

なおさら身をもって
体感しているのではないでしょうか。

 

 

だからこそ、正解も不正解もない旅路

どこに向かおうと、いつ出発しても構わないし、
いつでも立ち止まったり、寄り道をする自由もあります

季節がめぐる環境や、循環する身体、生きている感情など
あらゆるものが絶え間なく動き続けるなかで
予測不能の旅にハプニングはつきもの

さっきまでが散々でも

“ここから”

“ 途中の今 ” 不完全なその過程をどれだけ楽しめるかが
旅の醍醐味ではないかと思うのです。

 

 

そして完全ではないからこそ、今 必要なものは
追い立てられるように探し求めなくても
実は手持ちに揃っていることに気付きます。

 

 

 

 

かくいう私も、かつては
重たく増えていく荷物に耐えきれず

実は何度も旅を放り出そうとした人間です。

ですが芸術に癒され、ヨガに教わりながら

少しずつ身軽に、心安らぐ居場所を知り
自らの首を絞める以外の選択肢が増えていきました。

 

 

“ もう動けない ”と感じると、
人は苦しくなるのかもしれません。

 

 

でもその行き止まりから、
自分が行きたがっている方向に、少しでも動かせた時、

変化や可能性を感じられると、
希望が湧き上がってくることがあります。

 

無理やり前を向こうとしなくても、
身体の使い方ひとつや、
ものの見方を少し変えるだけで

自然に表情が明るくなってしまうこともあるのです。

 

 

足手まといになる荷物は降ろして
のびのびと、ゆたかな彩りを楽しむために

 

そんな体験ができる表現を模索し

誰かの『inteviam (旅の途中)』が
より生きやすくなるよう
想いを込めて活動しています。

 

 

HOME

開催中 ヨガのスケジュールについて

お問い合わせはこちら