inteviam (インテビアム)”の語源は、
ラテン語の『inter viam』=“旅の途中

 

不完全で何が起きるかも分からない、流動的な「今」に
価値を見出したい という思いから【inteviam】をつくりました。

 

 

 

 

“ LIFE is Journey . ”

人生は旅

 

と例えられますが、誰もが終わりの見えない旅の途中を生きています。

 

正解も不正解もなく、常に道中の今をどれだけ楽しめるかが旅の醍醐味でもあるなか

一度きりの人生なんだから思いきり楽しまなくちゃ と笑って話す人がいる一方、

生きづらさから 自ら旅を終わらせたいと願う人もいます。

 

 

 

疲れたらひと休み。何かに追われ、責められるようでそんな平穏な時間さえ過ごせなかったり、

誰かの理想を裏切ることに、息苦しさを抱える場合も少なくありません。

 

幻想の完全を追い求め“ もう動けない ” と感じると、人は苦しくなるのかもしれません。

 

しかし、そういった行き止まりから、本心の望む方向に自ら少しでも動かせた時

変化や可能性、選択の自由を体験すると、希望が湧き上がってくることがあります。

 

 

 

思わぬ情景に自然と足が動いたり、身体の使い方ひとつ、

ものの見方を少し変えるだけで 肩の荷が下りて呼吸が楽になる瞬間があるんです。

 

そんな言語の先にある“ 体感 ”を表現する手段を模索しながら

私自身も救われるきっかけとなった、アート作品やヨガの教えを中心に

“ ヨガとアートで生きやすく ”をテーマに、生きづらさやタブーを解消するヒントを紹介しています。

 

 

 

 

HOMEへ

 

 

 

ヨガ

 

アート

 

ヨガとアートに関する記事

 

サイト運営者

 

お問い合わせはこちら