やりたくない気持ち・ネガティブは悪くない

新しいことを始めたい、
今の自分を変えたい、
自分のために○○をしたい!

と思ってもなかなか行動に移せなかったり、
続けられなかったり…。

そんなことを繰り返して、自分が嫌になる
経験をしたことはありますか。

 

 

実際私はあって、やらなきゃと気持ちばか
りが焦って苦しかったり、もう嫌だと全て
が嫌になってしまったり…
やろう!とプラスに行動しようとしたはず
なのに、私って結局出来ないんだ…と、
かえって自分への信頼を失くしてしまうこ
ともありました。

こういったことを繰り返すうちに、好きな
ことも含めて、もう何もやりたくない…
という状態になってしまうと、生きるのも
しんどくなってしまいます。

 

 

 

ではなぜ、そういったことになるのかを考
えていくと、やりたい、変わりたい気持ち
がある一方で、

「本当はやりたくない。」
「変わりたくない。」

という気持ちがあることを、否定している
ことがあります。

 

 

前に進める人は、無意識のうちに

本当はやりたくない…
努力するのがめんどくさい…
今までと違うことをするのは怖い…

といった気持ちを自分の中にしっかりと感
じたうえで、「もうこういう気持ちを感じ
るのは十分、やっぱりやろう!」とステッ
プを踏んでいます。

 

 

しかし、このステップを飛ばして、

やりたいはずなのに…
変わりたいと思っているのに…

と片方の気持ちだけを見て、反対の気持ち
を見ないようにしていると、実際、現実は
上手くいきません。

人は一方の気持ちだけを見続けるのは無理
で、本当はやりたくない気持ちを認めなけ
れば、やりたい気持ちを肯定できないので
す。

 

 

 

マイナスやネガティブな感情は、別に悪い
ものではなく、隠したり否定する必要はあ
りません。

 

 

今でこそ、そう言えますが、以前の私は

プラス思考=良い
マイナス・ネガティブな考え=悪い

と思い込んでいたので、ネガティブな感情
は「こんなことを思ってはダメだ」と否定
し、考える自分も良くないと自己否定して
いました。

 

でも実際は誰にでも起こる気持ちですし、
自分に対して綺麗ごとを言ったり、隠す必
要は無く、認めた方がとても楽になります。

 

 

 

今でも何かをやろうとした時、やりたくな
いー…と思ってから行動に移したりします
が、その方が断然ストレスがありません。

 

やらなきゃ、やらなきゃと反対の気持ちを
認めず、ある意味自分に嘘をついていると、
苦しくなります。

 

 

そしてやりたくない気持ちを十分に受け入
れると、

「でもやっぱり変わりたい・知りたい」と、
やりたい気持ちが湧いてくるか

「確かにそんなにやりたくないかもしれな
い」と、本当にやりたくないことに気付く
こともあり、真の決断ができます。

 

やりたくないことを認めたうえで、「じゃ
あ どうしたい?」と自分に問いかけてみ
る方が、自分に正直に、後悔もせず、時間
も無駄にしない判断につながるのです。

 

 

 

また【思考が現実化する】という考え方が
あり、私も常々実感していることなのです
が、本当はやりたくないという思考を自分
の中に押し込めて持っていると、その気持
ちに気付かせるために、出来ない事情を脳
が探して、現実に選択してしまうというこ
とが起こります。

(頭では明日はこれをしようと思っていて
も、他の用事が入ってしまったり(入れる
ことを選択してしまう)、体調を崩してし
まう(自身の身体に反応を起こす)など)

 

※この考え方についてはまた改めて書けた
らと思います。

 

 

 

 

もし今、やりたいことがスムーズに出来て
いない場合、反対の気持ちが心の中に隠れ
ていないか、見直してみると良いかもしれ
ません。

 

マイナスの思考は、見たくなかったり、最
初は向き合うのが怖かったりもしますが、
実際は汚いものでもなんでもなく、無理に
変えようとしなくても、認めてあげるだけ
で、心の負担が軽くなります。

 

今の自分を変えたいと思う時ほど、変わり
たくない気持ちを探してみるのも、おすす
めです。