この世に恐いものは本当にある?

 

前回恐怖について触れてみましたが、
改めて。。。この世界の恐いものって何で
しょうか?

 

…幽霊?

私はお会いしたことが無く、あまり詳しく
ないのですが、霊媒師さんのようにお仕事
で接している方もいれば、絶対いるわけな
い!と存在を完全に否定する方もいます。
ホラー映画が好きな方もいるし、幽霊=恐
いものという訳ではなさそうです。

 

 

…人?

人が怖いと感じる方もいますが、人=怖い
ものでしょうか?

 

 

…人前?人だかり?

本当に、人が集まる場=恐怖だったら、そ
もそも誰も集まってこなさそうですね。。

 

 

…ジェットコースター?

2週間前の私にとっては怖かったですが、、
もともと大好きな人もいて、今の私にとっ
ても怖いものではありません。

 

 

こうしてよくよく考えてみると、本当に恐
(怖)いものは、この世に無いのかも。。。
という気がしてくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

実は恐怖とは、それぞれが自分の内側で
勝手につくっているイメージで、実在はし
ない幻想なのです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんには恐怖心があ
りません。

成長するにつれ色々なことを体験するうち
に、何か身の危険を感じるきっかけがあっ
て、恐怖を感じるパターンが自分の中にで
きていきます。

 

それまでの経験から、これから目の前で、
大変なことが起こりそう、または何が起こ
るか分からず、怖いイメージがどんどん膨
らんでしまうと、まるで≪その対象=怖い
もの≫と錯覚してしまうのですが、実際は
その対象は怖いものではなく、恐怖は、実
は自分の内側で生み出されているのです。

 

 

 

 

その証拠として、自分の内側の認識が変わ
れば、恐怖心は消えてしまいます。

 

 

 

 

以前は犬が怖いと感じていた私ですが、一
度犬は怖いものではないと分かると、全く
恐怖心は無くなりました。

 

これは少し違う視点で見てみると、犬=怖
いと思い込んでいたのが、実はそうではな
いと、身体で体感したのをきっかけに、そ
の思い込みが変わったと言えます。

 

 

人に対しても、人前で話すことに対しても、
今回のジェットコースターに対しても、
自分の信じこみ・思い込みを、そうではな
いと身をもって実感してしまえば、そのと
きにはもう、恐怖心は消えてなくなってし
まっているのです。

 

 

 

 

 

ただ、頭では分かっていても、実際身体が
ついてこない、反応してしまう、という体
験をしたことがある方も多いと思います。

 

ここで≪信じこみ・思い込み≫という所が、
関係してくるのですが、この信じこみや思
い込みは、自分の無意識で行っています。

 

そして頭で理解するというのは、(顕在)
意識で行っていることで、いくら頭では
「怖くない」と思い込もうとしても、無意
識の層までは届かないのです。

 

 

 

 

聞いたことがある方もいると思いますが、
人には、意識することのできる顕在意識と、
意識することのできない潜在意識(無意
識)の2種類があり、そのうち普段生活す
る中で、意識できる顕在意識の割合は10%
も無いと言われています。(最近は5%も
無いという説も)

 

普段、心臓をはじめとした内臓を働かせた
り、ホルモンや神経のバランスなどは全部
頭で意識せず行っていますし、意識できる
部分でも、家から普段行き慣れた駅や、通
勤する時、全部頭でひとつひとつの動作を
考えず、無意識で行っていることも多いの
ではないでしょうか。

(例えば、車や自転車に乗っている時、ま
たは歩いている時、意識はこの後の予定な
ど、全然違うことを考えて、無意識で動作
を行っているなど。)

 

 

この無意識はシステムのような働きをして
いて、いちいち頭で考えなくても、効率的
に身体を動かせるようにしています。

 

意識の割合から見ても分かるように、頭で
意識してできることは、全体のほんの一握
りで、無意識の圧倒的な容量とパワーには
敵わないのです。

 

 

 

先程の恐怖の話に戻りますが、無意識との
差を知ってしまうと、頭でいくら恐くない
と思い込んでも、身体の反応を変えるのは、
絶望的であることが分かります。

 

 

では無意識の信じこみを変えるには、どう
したら良いのでしょうか。

 

それには、前回の最後にも書いた「身体
で」が大切なのです。

 

頭で考えるのではなく、とにかく行動して
みて、肌で、今までの自分とは違う感じ方
を体感すること、それが無意識の思い込み
を変化させる方法です。

 

 

 

人はせっかく作ったシステム(無意識のパ
ターン)を変えられるのを嫌がります。

なので少しづつ小さな変化を積み重ねてい
くのが、一番の近道です。

 

 

 

次回、例として、私がナガシマスパーラン
ドのスチールドラゴン2000に乗れるまでの
道のりを書いてみますが、ジェットコース
ターをもし克服したい方がいたら、ぜひ体
感を通して試してみてください。

少しづつの小さな変化を積み重ねたので、
必ず乗れるようになります。
(あまり居ないかもしれませんが…)

 

ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー前編

ヨガの応用ージェットコースターの克服法ー後編